Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

PTX10004ラインカードのコンポーネントと説明

PTX10004ルーターのラインカードは、パケット転送エンジンとイーサネットインターフェイスを1つのアセンブリに組み合わせています。ラインカードは、ルーターシャーシ前面のラインカードスロットに設置できるFRU(現場交換可能ユニット)です。ラインカードはホットインサートとホットリムーブが可能で、ルーターの電源を切ったり、ルーターの機能を中断したりすることなく、取り外しや交換ができます。

PTX10K-LC1201-36CDラインカード

PTX10K-LC1201-36CDラインカードは、14.4Tbpsのラインレートスループットを提供する36ポートのラインカードです。ラインカードには、400Gbps速度をサポートすることができる36個のQSFP56-DDポートがあります( 図1を参照)。ブレークアウトケーブルを使用することで、200Gbps、100Gbps、50Gbps、25Gbps、または10Gbpsの速度で動作するようにポートをチャネル化できます。

ラインカードは、新しいルーティングエンジン、JNP10004-SF3スイッチファブリック、JNP10008-SF3スイッチファブリック、またはJNP10016-SF3スイッチファブリックを使用して動作するように設計されています。JNP10K-PWR-AC2またはJNP10K-PWR-DC2電源。JNP10004ファン2、JNP10008ファン2、またはJNP10016ファンファントレイ。および JNP10004-FTC2、JNP10008-FTC2、または JNP10016-FTC2 ファン トレイ コントローラ。これらのコンポーネントには、Junos OS Evolvedが必要です。

概要

PTX10K-LC1201-36CDラインカードは、ジュニパーネットワークスのカスタムASICsをベースにしたパケット転送エンジンを搭載し、データセンターに400GbEソリューションを提供します。

PTX10K-LC1201-36CDラインカードは、シャーシ前面のPTX10004、PTX10008、およびPTX10016シャーシに水平に取り付けます。

図1:PTX10K-LC1201-36CDポートパネル PTX10K-LC1201-36CD Port Panel
1

ネットワーク ポートと LED

2

電源LED(PWR)、ステータスLED(STS)、およびオフラインボタン(オフ)

Junos OS Evolvedリリース20.3R1とJunos Continuity以降を実行しているPTX10004ルーターは、PTX10K-LC1201-36CDラインカードをサポートしています。Junos OS Evolvedリリース19.4R1-S1以降を実行するPTX10008ルーターは、PTX10K-LC1201-36CDラインカードをサポートしています。Junos OS Evolvedリリース21.2R2以降を実行しているPTX10016ルーターは、PTX10K-LC1201-36CDラインカードをサポートしています。PTX10K-LC1201-36CDラインカードは、PTX10004、PTX10008、またはPTX10016ルーターでPTX10K-LC1202-36MRラインカードと相互運用できます( 表1を参照)。

表1:PTX10K-LC1201-36CDラインカードに必要なコンポーネント

コンポーネント(現場交換可能ユニット)

PTX10004の部品番号

PTX10008の部品番号

PTX10016の部品番号

スイッチファブリック

JNP10004-SF3

JNP10008-SF3

JNP10016-SF3

Rcb

JNP10K-RE1-E、JNP10K-RE1-128G-E、または JNP10K-RE1-ELT

JNP10K-RE1-E、JNP10K-RE1-ELT、JNP10K-RE1-E128、または JNP10K-RE2-E128

JNP10K-RE1-E、JNP10K-RE1-ELTまたはJNP10K-RE1-E128

ファントレイ

JNP10004ファン2

JNP10008ファン2

JNP10016ファン2

ファン トレイ コントローラ

JNP10004-FTC2

JNP10008-FTC2

JNP10016-FTC2

電源

JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2

JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2

JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2

ネットワークポート

QSFP56-DDポートは以下をサポートします。

  • 400GbEトランシーバ(QSFP56-DD)

  • 400GbEアクティブ光ケーブル(QSFP56-DD AOC)

  • 4 x 100GbEトランシーバー(QSFP56-DD)

  • 2 x 100GbEトランシーバー(QSFP28-DD)

  • 100GbE トランシーバー(QSFP28)

  • 100GbE AOC(QSFP28)

  • 40GbE トランシーバー(QSFP+)

  • 40GbEから10GbE QSA(Junos OSリリース20.2R1以降)

チャネル化

PTX10K-LC1201-36CDラインカードの36ポートすべてが、デフォルトで400GbEに設定されています。すべてのポートを特定の速度とチャネル化に設定することも、各ポートを個別にチャネル化することもできます。PTX10K-LC1201-36CDのポートをチャネル化するCLI構文は、リリースによって異なります。

Junos OS Evolvedリリース19.4R1-S1からJunos OS Evolvedリリース20.1R2へのソフトウェアリリースの場合:

  1. pic-mode Junos OS Evolved運用set chassisコマンドの および speed オプションを使用します。

    この例では、 は fpc slot ラインカードスロットを表しています。PTX10K-LC1201-36CDには単一のPICが含まれています。常にゼロの番号が付けられます。オプションは pic-mode 、個々のポートではなく、PICのすべてのポートを設定することを示します。オプション speed を使用すると、36ポートすべてに100Gbpsまたは40Gbps速度を設定することも、36ポートそれぞれに4つの10Gbpsチャネルを設定することもできます。

    例えば、スロット2のすべてのポートで100Gbps速度を設定するには、次のようにします。

    ポートを個別に設定するには、サブポート(チャネル)の速度と数の両方を指定する必要があります。

    例えば、スロット0のポート15を、ダウンストリーム100GbEインターフェイス4にチャネル化するには、以下のようにします。

    結果のインターフェイスは次のようになります。

    メモ:

    個々のポートを設定する際に を指定し number-of-subports ない場合、システムはデフォルトで値 1 になります。オプションを使用しない number-of-subports 同じ例では、1つのダウンストリーム100GbEインターフェイスになります。

メモ:

ソフトウェアリリースJunos OS Evolvedリリース20.1R2以降では、 speed および number-of-subports オプションは階層 interfaces にあります。例えば、スロット0のポート15を、ダウンストリーム100GbEインターフェイス4にチャネル化するには、以下のようにします。

変更を保存してコミットすると、結果のインターフェイスは次のようになります。

帯域幅のサポート

表2 に、PTX10K-LC1201-36CDの各ラインカードでサポートされている帯域幅を示します。

表2:PTX10K-LC1201-36CD帯域幅

使用されているスイッチファブリックカードの数

ファブリックの冗長性を除いたスロットあたりの帯域幅

6

14.4Tbps

5

12Tbps

4

9.6Tbps

3

7.2Tbps

ネットワークLED

各ネットワーク ポートには、リンクのアクティビティとステータスを示す三色 LED が 1 つあります。赤、オレンジ、または緑のLEDは、ポートがチャネル化されているか、チャネル化されていないか、またはビーコンがアクティブになっているかどうかによって解釈が異なります( 表3を参照)。ポートでビーコン機能が有効になっている場合、ポートが点滅します。

表3:PTX10K-LC1201-36CDネットワークLED

ポートステータス

通常の状態

説明

非チャネル化

消灯、消灯

トランシーバーがポートに存在しないか、信号損失のためリンクがダウンしています。

緑、着実にオン

リンクが確立されます。

琥珀色、着実に

リモート エラーのため、またはポートが CLI で無効にされたため、リンクがダウンしています。

赤、着実にオン

ハードウェア障害またはローカル エラーのため、リンクがダウンしています。

チャネル化

消灯、消灯

信号損失のため、すべてのチャネルがダウンしています。

緑、着実にオン

リンクが確立され、すべてのチャネルがアップしています。

琥珀色、着実に

他のすべての場合に適用されます。

赤、着実にオン

ポートにハードウェア障害があります。

ライン カード ステータス LED

ライン カードには、電源(PWR)LED とステータス(STS)LED があります( 表 4 を参照)。

表4:ラインカードステータスLED

Led

状態

LED表示

ビーコン/ポート位置オン

パワーPWR

電源が入っていません。

オフ

オフ

ラインカードに電力が供給され、正常に動作している。

緑、着実にオン

緑、着実にオン

ラインカードに障害状態があります。

赤、着実にオン

赤、着実にオン

状態 STS

ラインカードが無効またはオフラインです。

オフ

オフ

ラインカードはオンラインで正常に動作しています。

緑、着実にオン

緑、点滅

ラインカードが起動しています。

緑、点滅

緑、点滅

ラインカードに障害状態があります。

赤、着実にオン

赤、点滅

PTX10K-LC1202-36MRラインカード

概要

PTX10K-LC1202-36MRは、4.8Tbpsのラインレートスループットを提供する36ポートのラインカードです。ラインカードには、32 個の QSFP28 ポートがあり、それぞれが 100 Gbps の最大速度をサポートでき、4 個の QSFP56-DD ポートがあり、それぞれが 400 Gbps の最大速度をサポートできます( 図 2 を参照)。

純粋な 100 Gbps ポート速度構成では、ライン カードは 3.6 Tbps のスループットをサポートします(36 個のポートはそれぞれ 100 Gbps の速度で動作)。

100Gbpsと400Gbpsの混合速度構成では、ラインカードは4.8Tbpsのラインレートスループットをサポートします(32個の100Gbpsポートと4個の400Gbpsポート)。

ラインカードは、新しいルーティングエンジン、JNP10004-SF3スイッチファブリック、JNP10008-SF3スイッチファブリック、またはJNP10016-SF3スイッチファブリックを使用して動作するように設計されています。JNP10K-PWR-AC2またはJNP10K-PWR-DC2電源。JNP10004-ファン2、JNP10008-ファン2、または JNP10016-ファン ファン トレイ。および JNP10004-FTC2、JNP10008-FTC2、または JNP10016-FTC2 ファン トレイ コントローラ。これらのコンポーネントには、Junos OS Evolvedが必要です。

PTX10K-LC1202-36MRラインカードには、ジュニパーネットワークスのカスタムASICをベースにしたパケット転送エンジンが搭載されています。ラインカードには2つのカスタムASICがあり、それぞれが2つのパケット転送エンジンをホストしています。ラインカードは、パケット転送エンジンあたり1.2Tbpsの最大スループットをサポートします。

PTX10K-LC1202-36MRラインカードは、シャーシ前面のPTX10004、PTX10008、およびPTX10016シャーシに水平に取り付けます。

図2:PTX10K-LC1202-36MRポートパネル PTX10K-LC1202-36MR Port Panel
1

電源LED(PWR)、ステータスLED(STS)、およびオフラインボタン(オフ)

2

ネットワーク ポートと LED

PTX10K-LC1202-36MRに必要なコンポーネント

Junos OS Evolvedリリース20.3R1とJunos Continuity以降を実行しているPTX10004ルーターは、PTX10K-LC1202-36MRラインカードをサポートしています。Junos OS Evolvedリリース20.3R1以降(Junos Continuityを使用)を実行するPTX10008ルーターは、PTX10K-LC1202-36MRラインカードをサポートしています。Junos OS Evolvedリリース21.2R2以降を実行するPTX10016ルーターは、PTX10K-LC1202-36MRラインカードをサポートしています。PTX10K-LC1202-36MRラインカードは、PTX10004、PTX10008、またはPTX10016ルーター上のPTX10K-LC1201-36CDラインカードと相互運用できます。

PTX10K-LC1202-36MRラインカードに必要なハードウェアコンポーネントについては、 表5 を参照してください。

表5:PTX10K-LC1202-36MRラインカードに必要なコンポーネント

コンポーネント(FRU)

PTX10004の部品番号

PTX10008の部品番号

PTX10016の部品番号

スイッチファブリック

JNP10004-SF3

JNP10008-SF3

JNP10016-SF3

Rcb

JNP10K-RE1-E、JNP10K-RE1-E128、または JNP10K-RE1-ELT

JNP10K-RE1-E、JNP10K-RE1-ELT、JNP10K-RE1-E128、または JNP10K-RE2-E128

JNP10K-RE1-E、JNP10K-RE1-ELT、または JNP10K-RE1-E128

ファントレイ

JNP10004ファン2

JNP10008ファン2

JNP10016ファン2

ファン トレイ コントローラ

JNP10004-FTC2

JNP10008-FTC2

JNP10016-FTC2

電源

JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2

JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2

JNP10K-PWR-AC2 または JNP10K-PWR-DC2

ネットワークポートとチャネル化

PTX10K-LC1202-36MRラインカードでは、ポート4、10、24、および30は400GbE(QSFP56-DD)ポートで、残りは100GbE(QSFP28)ポートです。

図3 に、強調表示されている400GbEポートを示します。

図3: PTX10K-LC1202-36MR—ネットワークポート PTX10K-LC1202-36MR—Network Ports

ブレークアウトケーブルを使用することで、PTX10K-LC1202-36MRポートをチャネル化できます。

ラインカードのQSFP56-DDポート(ポート4、10、24、および30)は、次のトランシーバーをサポートしています。

  • 1x400GbEトランシーバー(QSFP56-DD)

  • 4x100GbEトランシーバー(QSFP56-DD)

  • 2x100GbEトランシーバー(QSFP28-DD)

  • 25GbE トランシーバ(QSFP28-DD)x 8

  • 1x100GbEトランシーバー(QSFP28)

  • 25GbE トランシーバ(QSFP28)x 4

  • 4x10GbEトランシーバー(QSFP+)

  • Junos OS Evolvedリリース20.4R1以降以降、40GbEから10GbE QSAへ。

ラインカードのQSFP28ポート0、2、5から9、11から18、20、22、23、25から29、および31から35は、次のトランシーバをサポートしています。

  • 1x100GbEトランシーバー(QSFP28)

  • 25GbE トランシーバ(QSFP28)x 4

  • 4x10GbEトランシーバー(QSFP+)

ラインカードのQSFP28ポート1、3、19、21は、1x100GbE QSFP28トランシーバをサポートしています。

メモ:

先行するポート(0、2、18、および 20)が 100Gbps モードでない場合、ポート 1、3、19、および 21 は未使用として設定する必要があります。つまり、PTX10K-LC1202-36MRラインカードの36個のポートのうち、4x25Gbpsポートおよび4x10Gbpsポートとして設定できるポートは32個のみです。

サポートされているポート速度については、 ポートチェッカー ツールを参照してください。

ポート 速度は、CLI コマンドを使用して set interfaces interface-name number-of-sub-ports number-of-sub-ports インターフェイス レベルで設定できます。

帯域幅のサポート

表6 に、各PTX10K-LC1202-36MRラインカードでサポートされている帯域幅を示します。

表6: PTX10K-LC1202-36MR帯域幅

使用されているスイッチファブリックカードの数

ファブリックの冗長性を除いたスロットあたりの帯域幅

6

4.8Tbps

5

4Tbps

4

3.2Tbps

3

2.4Tbps

ネットワークLED

各ネットワーク ポートには、リンクのアクティビティとステータスを示す三色 LED が 1 つあります。赤、オレンジ、または緑のLEDは、ポートがチャネル化されているかどうか、またはビーコン機能がアクティブになっているかどうかによって解釈が異なります( 表7を参照)。ポートでビーコン機能が有効になっている場合、ポートが点滅します。

表7:PTX10K-LC1202-36MRネットワークLED

ポートステータス

状態

説明

非チャネル化

消灯、消灯

トランシーバーがポートに存在しないか、信号損失のためリンクがダウンしています。

緑、着実にオン

リンクが確立されます。

琥珀色、着実に

リモート エラーのため、またはポートが CLI で無効にされたため、リンクがダウンしています。

赤、着実にオン

ハードウェア障害またはローカル エラーのため、リンクがダウンしています。

チャネル化

消灯、消灯

信号損失のため、すべてのチャネルがダウンしています。

緑、着実にオン

リンクが確立され、すべてのチャネルがアップしています。

琥珀色、着実に

他のすべての場合に適用されます。

赤、着実にオン

ポートにハードウェア障害があります。

ライン カード ステータス LED

ラインカードには、電源(PWR)LEDとステータス(STS)LEDがあります( 表8を参照)。

表 8: ラインカードのステータスLED

Led

状態

LED表示

ビーコン/ポート位置オン

パワーPWR

電源が入っていません。

オフ

オフ

ラインカードに電力が供給され、正常に動作している。

緑、着実にオン

緑、着実にオン

ラインカードに障害状態があります。

赤、着実にオン

赤、着実にオン

状態 STS

ラインカードが無効またはオフラインです。

オフ

オフ

ラインカードはオンラインで正常に動作しています。

緑、着実にオン

緑、点滅

ラインカードが起動しています。

緑、点滅

緑、点滅

ラインカードに障害状態があります。

赤、着実にオン

赤、点滅

PTX10004ケーブル管理システム

PTX10004ケーブル管理システム( 図4を参照)を使用して、光ケーブルをラインカードポートから離して配線し、シャーシ内のエアーフローを良好にすることができます。このオプションシステムを使用すると、ケーブルタイまたはストリップを使用してケーブルを整理するのも簡単になります。

図4:PTX10004ケーブル管理システム PTX10004 Cable Management System

ケーブル管理システムは、一連のハンドルエクステンションと、個々のラインカードのエクステンションにスナップするトレイで構成されています( 図5を参照)。ハンドルエクステンションは、ケーブルトレイの有無にかかわらず使用できます。ラインカードを取り外す場合、ハンドルエクステンションを取り外す必要はありません。

図5:ケーブル管理部品 Cable Management Parts
1

ハンドル拡張機能

2

ケーブルトレイ

ケーブルはハンドルエクステンションの上または下にドレープされ、ケーブルラップで固定されます( 図6を参照)。

図6:PTX10004 Two Cable Management Systems Installed on a PTX10004に設置された2つのケーブル管理システム