Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの目次
 

EX4100-Fスイッチをインストールする

概要 このトピックでは、EX4100-Fスイッチの設置手順について説明します。

EX4100-Fスイッチを開梱します

ジュニパーネットワークスは、EX4100-Fスイッチを、発泡スチロール梱包材で固定された段ボール箱に入れて出荷しています。カートンにはアクセサリーコンパートメントがあります。

注意:

輸送用カートンはEX4100-Fスイッチを完全に保護します。設置を開始する準備ができるまで、スイッチをカートンに安全に保管してください。

スイッチを開梱するには、次の手順に従います。

  1. 輸送用カートンは、設置場所にできるだけ近いステージングエリアに移動しますが、システムコンポーネントを取り外すのに十分なスペースがあります。
  2. 矢印が上を向くようにカートンを配置します。
  3. 輸送用カートンの上部フラップを開きます。
  4. スイッチを所定の位置に固定している梱包材を引き出します。
  5. 受け取った部品が、カートンに貼付されているラベルの在庫と照合されていることを確認します(EX4100-Fスイッチのパッキングリストを参照)。
  6. 後でスイッチを移動または発送する必要が生じた場合に備えて、輸送用カートンと梱包材を保管しておいてください。

EX4100-Fスイッチのパッキングリスト:

スイッチの出荷にはパッキングリストが含まれています。スイッチで受け取った部品をパッキングリストのアイテムと照合します。パッキングリストには部品番号が指定され、注文の各部品の説明が記載されています。出荷された部品は、注文したスイッチ モデルと一致します( EX4100 および EX4100-F スイッチ モデルを参照)。

パッキングリストの部品が不足している場合は、カスタマーサービス担当者に連絡するか、米国またはカナダ国内からジュニパーカスタマーケアに電話(1-888-314-5822)でお問い合わせください。無料通話番号のない国の国際ダイヤルまたは直通ダイヤルについては、「 https://www.juniper.net/support/requesting-support.html」を参照してください。

見る:

  • 表1 は、EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tモデルに提供されるコンポーネントのインベントリを示しています。

  • 表2は、EX4100-F-24P、EX4100-F-24T、EX4100-F-48P、EX4100-F-48Tモデルで提供されるコンポーネントのインベントリを示しています。

表1:EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tモデルに提供されるコンポーネントのインベントリ

コンポーネント

スイッチ

1

電源アダプター

1

地理的な場所に適したAC電源コード

1

SFPポート用防塵カバー

8 事前インストール済み

RJ-45 ケーブルおよび RJ-45 から DB-9 へのシリアル ポート アダプター

1

ドキュメントロードマップ/保証書

1

ジュニパーネットワークス製品保証

1

エンドユーザーライセンス契約

1

表2:EX4100-F-24P、EX4100-F-24T、EX4100-F-48P、EX4100-F-48Tモデルで提供されるコンポーネントのインベントリ

コンポーネント

内蔵ファンと電源を備えたスイッチ

1

地理的な場所に適したAC電源コード

1

AC 電源コード固定具

1

SFPポート用防塵カバー

8 事前インストール済み

取り付けブラケット(2 ポスト)

2

ゴム足

4

ドキュメントロードマップ/保証書

1

ジュニパーネットワークス製品保証

1

エンドユーザーライセンス契約

1

製品の登録 - SLA を検証するために必須

ジュニパーネットワークスのWebサイトを使用して、すべての新しいジュニパーネットワークスハードウェア製品と既存インストール済み製品への変更を登録し、ハードウェア交換のSLA(サービスレベル契約)を有効にします。

注意:

ジュニパーネットワークスの Web サイトで製品のシリアル番号を登録します。設置ベースに追加または変更が発生した場合、または設置ベースが移動された場合は、設置ベース・データを更新します。ジュニパーネットワークスは、シリアル番号が登録されていない製品や正確な設置ベース データがない製品については、ハードウェア交換のサービス品質保証契約に準拠していないことに対して責任を負いません。

https://tools.juniper.net/svcreg/SRegSerialNum.jsp で製品を登録してください。https://www.juniper.net/customers/csc/management/updateinstallbase.jsp でインストール ベースを更新します。

EX4100-Fスイッチをラックまたはキャビネットの2つの支柱に取り付けます

ラック内の 2 本の支柱にスイッチを取り付ける前に、

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • プラス (+) ドライバー、番号 2(付属していません)。

  • シャーシをラックに固定するためのネジ(付属していません)。

  • スイッチを凹型位置に取り付ける場合は、2 インチリセスの前面取り付けブラケット(別売りの 4 ポスト ラックマウント キットより)。

EX4100-Fスイッチは、19インチの2つの支柱に取り付けることができます。スイッチに付属の前面取り付けブラケットを使用してラックまたはキャビネットに入れます。(このトピックの残りの部分では、ラックまたはキャビネットを意味するためにラックを使用します)。

別売りの4 ポスト ラック マウント キットに付属の取り付けブラケットを使用して、スイッチを 4 ポスト ラックの 4 支柱に取り付けます。 ラックまたはキャビネットの 4 本の支柱への EX4100-F スイッチの取り付けを参照してください。

メモ:

2 支柱ラックまたは 4 支柱ラックの凹型位置にスイッチを取り付ける必要がある場合は、別売りの 4 支柱ラック マウント キットに含まれている 2 インチリセスの前面取り付けブラケットを使用できます。

メモ:

1 人がスイッチを持ち上げ、もう 1 人がスイッチをラックに固定する必要があります。

注意:

ラックに複数のユニットを取り付ける場合は、最も重いユニットをラックの最下部に取り付け、他のユニットはラックの下部から上部にユニットの重量の降順で取り付けます。

ラックの 2 つの支柱にスイッチを取り付けるには、次の手順に従います。

  1. 輸送用カートンからスイッチを取り外します(EX4100-Fスイッチの開梱を参照)。
    図1:前面マウントブラケットを備えたEX4100-Fシャーシ EX4100-F Chassis with Front-Mounting Brackets
  2. スイッチを平らで安定した場所に置きます。
  3. フロント ブラケットを使用すると、スイッチを取り付けることができます。スイッチを凹型位置に取り付ける場合は、別売りの 4 ポスト ラック マウント キットに含まれている 2 インチの凹型の前面取り付けブラケットを取り付けます。
  4. 1 人の担当者にスイッチの両側をつかんでもらい、スイッチを持ち上げてラックに配置し、取り付けブラケットの穴をラックまたはキャビネットのレールのネジ穴に合わせます。各取り付けブラケットの下部の穴を各ラックレールの穴に合わせ、シャーシが水平であることを確認します。図2を参照してください。
    図2:ラックの2つの支柱へのスイッチの取り付け Mounting the Switch on Two Posts in a Rack
  5. 2人目の担当者に、適切なネジを使用してスイッチをラックに固定してもらいます。ネジを締めます。
  6. ラックの片側のすべてのネジが反対側のネジと揃っていることを確認して、スイッチのシャーシが水平になっていることを確認します。
    図3:ラックに設置されたEX4100-Fシャーシ EX4100-F Chassis Installed in Rack

EX4100-Fスイッチをラックまたはキャビネットの4本の支柱に取り付けます

ラック内の 4 本の支柱にスイッチを取り付ける前に、次の手順を実行します。

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • プラス (+) ドライバー、No . 2

  • フラットヘッド 4-40 取り付けネジ x 6(4 ポスト ラック取り付けキットに付属)

  • フラットヘッド 4 x 6 mm プラスネジ x 12(4 ポスト ラックマウント キットに付属)

  • フラッシュまたは2インチ凹型の前面取り付けブラケット各1組(4 ポスト ラック取り付けキットに付属)

  • 1 組の側面取り付けレール(4 ポスト ラック取り付けキットに付属)

  • 背面取り付けブレード 1 組(4 ポスト ラック取り付けキットに付属)

  • シャーシと背面取り付けブレードをラックに固定するためのネジ(付属していません)

EX4100-Fスイッチは、19インチの4つの支柱に取り付けることができます。別売りの4 ポスト ラック マウント キットを使用したラックまたはキャビネット。(このトピックの残りの部分では、ラックまたはキャビネットを意味するためにラックを使用します)。

メモ:

2 支柱ラックまたは 4 支柱ラックの凹型位置にスイッチを取り付ける必要がある場合は、別売りの 4 支柱ラック マウント キットに含まれている 2 インチの凹型の前面取り付けブラケットを使用できます。

メモ:

1 人がスイッチを持ち上げ、もう 1 人がスイッチをラックに固定する必要があります。

注意:

ラックに複数のユニットを取り付ける場合は、最も重いユニットをラックの最下部に取り付け、他のユニットはラックの下部から上部にユニットの重量の降順で取り付けます。

ラックの 4 本の支柱にスイッチを取り付けるには、次の手順を実行します。

  1. 輸送用カートンからスイッチを取り外します(EX4100-Fスイッチの開梱を参照)。
  2. スイッチを平らで安定した場所に置きます。
  3. 6 本の 4-40 フラットヘッドプラスネジを使用して、前面取り付けブラケット(フラッシュまたは 2 インチリセスの前面取り付けブラケット)を側面取り付けレールに取り付けます。図4を参照してください。
    図4:側面取り付けレール Attaching the Front-Mounting Bracket to the Side Mounting-Railへの前面取り付けブラケットの取り付け
      1

    側面取付けレール

      2

    前面取り付けブラケット

  4. 側面取り付けレールをスイッチ シャーシのサイド パネルに沿って位置合わせします。側面取り付けレールの背面にある 2 つの穴を、側面パネルの背面にある 2 つの穴に合わせます。
  5. 図 5 に示すように、側面取り付けレールをスイッチ シャーシのサイド パネルに沿って合わせ、12 本の 4 x 6 mm フラットヘッド取り付けネジを挿入して締め、サイド パネルをスイッチ シャーシの両側に固定します。
    図5:側面取り付けレールのスイッチ Attaching the Side Mounting Rail to the Switch Chassisシャーシへの取り付け
  6. 1 人の担当者にスイッチの両側をつかんでもらい、スイッチを持ち上げてラックに配置し、側面取り付けレールの穴をラックの前面支柱のネジ穴に合わせます。両方の前面取り付けブラケットの底部の穴を各ラック レールの穴に合わせ、シャーシが水平であることを確認します。図6を参照してください。
    図6:ラック Mounting the Switch to the Front Posts in a Rackの前面支柱へのスイッチの取り付け
  7. 2人目の担当者に、ラックに適したネジを使用して、スイッチの前面をラックに固定してもらいます。
  8. 背面取り付けブレードを側面取り付けレールにスライドさせます。図7を参照してください。
    図7:背面取り付けブレードを側面取り付けレール Sliding the Rear-Mounting Blades into the Side Mounting Railsにスライドさせる
  9. ラックに適したネジを使用して、背面マウントブレードを背面支柱に取り付けます。ネジを締めます。
    図8:ラック Chassis Fully Installed in the Rackに完全に設置されたシャーシ
  10. ラック前面のすべてのネジがラック背面のネジと揃っていることを確認して、スイッチ シャーシが水平であることを確認します。

EX4100-Fスイッチをラックまたはキャビネットの凹型位置に取り付けます

EX4100-Fスイッチは、スイッチがラックの前面から2インチ凹むようにラックまたはキャビネットに取り付けることができます。別売りの 4 ポスト ラック マウント キットに含まれている 2 インチの凹型の前面取り付けブラケットを使用して、スイッチを凹型位置に取り付けます。

スイッチを凹んだ位置に取り付ける必要がある理由には、次のようなものがあります。

  • スイッチをキャビネットに取り付けていますが、スイッチが凹んでいない限り、キャビネットのドアは完全には閉まりません。

  • 取り付けるスイッチのアップリンク ポートにトランシーバが取り付けられており、アップリンク ポートのトランシーバがスイッチの前面から突き出ています。

EX4100-Fスイッチを19インチ内の凹型に取り付ける前に。4 ポスト ラック:

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • No.2プラス(+)ドライバー(付属していません)

  • 取り付けブラケットをラックに固定するための 8 本のネジ(別売り)

  • ESD接地ストラップ(付属していません)

  • ラックの前面支柱からスイッチを凹位置に取り付けるための凹型取り付けブラケット—2(4 支柱ラック取り付けキットに付属)

  • 埋め込み式取り付けブラケットをブラケットアセンブリのサイドレールに取り付けるためのフラットヘッド4-40プラスネジ—6(4 支柱ラックマウントキットに付属)

  • 前面マウント ブラケット アセンブリをシャーシに取り付けるためのフラット ヘッド 4 x 6 mm プラス ネジ—12(4 ポスト ラック取り付けキットに付属)

EX4100-Fスイッチを19インチのフロントポストから凹んだ位置に取り付けるには。4 ポスト ラック:

  1. 輸送用カートンからスイッチを取り外します(EX4100-Fスイッチの開梱を参照)。
  2. スイッチを平らで安定した場所に置きます。
  3. 手首用静電気防止用ストラップの一方の端を手首に巻き付けて固定し、ストラップのもう一方の端を現場のESDポイントに接続します。
  4. 4 支柱ラックマウントキットに付属のフラットヘッド 4-40 プラスネジを使用して、4 支柱ラックマウントキットに付属の埋め込み式取り付けブラケットをサイドレールに取り付けます。
    図9:埋め込み式取り付けブラケットをサイドレール Attach the Recessed-Mounting Bracket to the Side Railに取り付ける
  5. 埋め込み式取り付けブラケットアセンブリをスイッチのサイドパネルに沿って位置合わせします。
  6. 平頭の 4 x 6 mm プラスネジを挿入して、埋め込み式取り付けブラケットアセンブリを 4 支柱ラックマウントキットに付属のシャーシの位置合わせされた穴に取り付け、ネジを締めます。
    図 10: スイッチ Attach the Recessed-Mounting Bracket Assembly to the Switchへの埋め込み式取り付けブラケット アセンブリの取り付け
  7. ラックの前面に配置するスイッチの端を決定します。ファン モジュールの AIR IN ラベルがコールドアイルの横に、ファン モジュールの AIR OUT ラベルがホットアイルの隣に来るようにスイッチを配置します。
  8. 1 人の担当者にスイッチの両側をつかんでもらい、スイッチを持ち上げてラックに配置し、取り付けブラケットの穴をラックの前面支柱のネジ穴に合わせます。両方の取り付けブラケットの底部の穴を各ラックレールの穴に合わせ、シャーシが水平であることを確認します。
  9. 2人目の人に、ラックに適した4本のネジを使用して、取り付けブラケットをラックに固定してもらいます。ネジを締めます。
    図 11:スイッチをラック Secure the Switch to the Front Posts of a Rackの前面支柱に固定する
  10. 背面取り付けブラケットのブレードを、スイッチシャーシに取り付けられた埋め込み式取り付けブラケットアセンブリのサイドレールにスライドさせます。
  11. シャーシが水平であることを確認します。背面取り付けブラケットの穴をラックの背面支柱のネジ穴に合わせます。両方の取り付けブラケットの下部の穴を各ラックレールの穴に合わせます。両方の背面取り付けブラケットの下部の穴を前面取り付けブラケットの下部の穴に合わせます。
  12. ラックに適した 4 本のネジを使用して、背面取り付けブラケットをラックの背面支柱に固定します。
    図12:背面取り付けブラケット Secure the Switch to the Rear Post of the Rack by Using the Rear-Mounting Bracketsを使用して、スイッチをラックの背面支柱に固定する
  13. 取り付けられているスイッチを見回して、スイッチが正しく取り付けられていることを確認します。
    図13:ラック Chassis Fully Installed in Rackに完全に設置されたシャーシ
  14. 必要に応じて、SFP ポートをダストカバーで覆います。

EX4100-Fスイッチを壁に取り付ける

スイッチを壁に取り付ける前に:

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • 2つの壁取り付けブラケット(壁取り付けキットに含まれています)

  • 12 個の壁取り付けブラケットネジ(壁取り付けキットに含まれています)

  • 取り付けネジ(8-32 x 1.25 インチまたはM4 x 30 mm)6本(付属していません)

  • ネジを壁の間柱に直接ねじ込まない場合、最大75 ポンド(34 kg)をサポートする定格の中空壁アンカー(付属していません)

  • プラス (+) ドライバー、No . 2

EX4100-F(EX4100-F-24P、EX4100-F-24T、EX4100-F-48P、EX4100-F-48T)スイッチは、別売りの壁取り付けキット(EX-WMK)を使用して壁に取り付けることができます。

スイッチを壁に取り付けるには:

  1. 輸送用カートンからスイッチを取り外します(EX4100-Fスイッチの開梱を参照)。
  2. 図 14 に示すように、壁取り付けブラケットの両側に 4 本の取り付けブラケット ネジを使用して、壁取り付けブラケットをシャーシの側面に取り付けます。
    図 14: スイッチ シャーシ Attaching Wall-Mounting Brackets to a Switch Chassisへの壁取り付けブラケットの取り付け
  3. 図 15 に示す位置で、壁取り付けブラケットの壁に 6 本の取り付けネジを取り付けます。
    メモ:

    ネジを途中まで締め、約1/4 インチ残します。(6 mm)ネジの頭と壁の間の距離。

    1. 穴(A)を開け、取り付けネジを取り付けます。
    2. 5.98 インチの距離で穴(B)を開けます。ネジAから右側の水平線で(15.2 cm)取り付けネジを取り付けます。
    3. 18.67 インチの距離で穴(C)を開けます。(47.43 cm)ネジ A から鉛直線に取り付け、取り付けネジを取り付けます。
    4. 18.67 インチの距離で穴(D)を開けます。(47.43 cm)ネジ B から鉛直線に取り付け、取り付けネジを取り付けます。
      図15:取り付けネジ Measurements for Installing Mounting Screwsを取り付けるための寸法
  4. スイッチの前面パネルが右側を向き、取り付けブラケットヘッドの穴が取り付けネジ頭に揃うように、スイッチを壁に立てかけます。
  5. 図16に示すように、スイッチシャーシを左または右に少しスライドさせて、スイッチが所定の位置にしっかりと固定されるまで、取り付けネジを取り付けブラケットの穴の溝に押し込みます。
  6. すべての取り付けネジを締めます。
図 16: スイッチを壁 Mounting the Switch on a Wallに取り付ける

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチの取り付け

EX4100-12Pおよび/またはEX4100-12Tスイッチは、机の上、壁面、机や平らな面の下、鉄面/金属壁、ラックの2本の支柱、4ポストラックの2本の支柱、およびDINレールに取り付けることができます。

デフォルトの取り付けオプションは机の上です。残りの取り付けオプションについては、取り付けキットは個別に注文できます。また、すべての取り付けオプションに対して、オプションで以下を使用できます。これらは別途注文可能な部品です。

メモ:

デスク下取り付けキットと壁取り付けキットが一般的です。

すべての取り付けオプションについて、次のガイドラインに従ってください。

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチを机に取り付ける

EX4100-F-12Pおよび/またはEX4100-F-12Tスイッチとその電源アダプターは、机やその他の平らな面に取り付けることができます。表面は平らまたは水平である必要があり、傾斜した表面または領域であってはなりません。

メモ:

冷却のために、スイッチの周囲全体に 6 インチの十分なスペースを確保します。スペースが不十分な場合、スイッチのシャーシが過熱する可能性があります。

机やその他の平らな面にスイッチを取り付けるには:

  1. スイッチとそのアダプターを机または平らな面に置きます。次の図は、机の上に取り付けられたEX4100-F-12Pスイッチを示しています。同じ手順がEX4100-F-12Tスイッチにも適用されます。
    図17:机に取り付けられたEX4100-F-12Pスイッチ EX4100-F-12P Switch Mounted on a Desk
  2. スイッチが机または水平面にしっかりと固定されていることを確認します。

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチを机やその他の平らな面の下に取り付ける

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • デスク取り付けブラケットの下

  • 電源アダプタートレイ

  • 取り付けブラケットをシャーシに取り付けるための 6 本の M4 ネジ。

  • プラス(+)ドライバー、No.2(取り付けキットには含まれていません)

  • スイッチと電源アダプター トレイを取り付けるための 7 本の M4 x L15mm ネジ。

    • スイッチを取り付けるためのネジ-4個

    • 電源アダプタートレイを取り付けるためのネジ-3個

EX4100-F-12Pおよび/またはEX4100-F-12Tスイッチは、電源アダプターと一緒に机やその他の平らな面に取り付けることができます。これを行うには、取り付けブラケットをシャーシに取り付け、机の下の表面に固定します。電源アダプターの場合は、ネジを使用して電源アダプタートレイを机の下の面に固定します。

メモ:

熱冷却のために、スイッチの周囲全体に6インチのクリアランスを確保します。

メモ:

机または平らな面は、ネジをしっかりと保持するのに適している必要があります。

メモ:

スイッチ上部の通気口をふさがないでください。通気口をふさぐと、スイッチ シャーシが過熱する可能性があります。

ネジを使用して、机やその他の平らな面の下にスイッチを取り付けるには、次の手順に従います。

  1. 取り付けブラケットをシャーシに取り付けます。6 本の M4 ネジ(両側に 3 本ずつ)を使用します。
    図18:6本のM4ネジ(両側に3本)を使用して、取り付けブラケットをシャーシに取り付ける。 Assembling the mounting brackets to the chassis using six M4 screws; three for each side.
  2. 4本(7本中)のM4xL15mmネジを使用して、スイッチを机の下に固定します。
    図19:スイッチと電源アダプタートレイを机の下に取り付けるための取り付けネジを取り付けるための測定値 Measurements for installing mounting screws for mounting the switch and power adaptor tray under a desk
    図20:4本のM4xL15mmネジ Switch secured under the desk using four M4xL15mm screwsで机の下に固定されているスイッチ
  3. 電源アダプターを電源アダプター トレイに取り付けます。電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付けを参照してください。
  4. 3 本の M4xL15mm ネジを使用して、電源アダプターをデスクの下に固定します。
    図21:3本のM4xL15mmネジ Power adaptor tray secured under the desk using three M4xL15mm screwsで机の下に固定された電源アダプタトレイ
    図22:机の下に取り付けられたスイッチと電源アダプタートレイ Switch and power adaptor tray mounted under the desk

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチをラックの2つの支柱に取り付ける

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • 2 ポストラック取り付け耳 x 2

  • 左右の取り付け耳を組み立てるための8本のM4ネジ。

  • 電源アダプタ トレイをスイッチ シャーシに取り付けるための 3 本の M4 ネジ。

  • プラス(+)ドライバ、No.2(2 支柱ラック取り付けキットには含まれていません)。

  • スイッチをラックに取り付けるためのネジ(付属していません)。

  • 電源アダプタートレイ(2ポストラックマウントキットに付属していますが、2ポストラックマウントイヤーキットには含まれません。

EX4100-F-12Pおよび/またはEX4100-F-12Tスイッチは、2ポストラックの2ポストまたは4ポスト19インチの2ポストに取り付けることができます。別売りの2 ポスト ラック取り付けキットに含まれている取り付け用耳とネジを使用してラックに入れます。このトピックの残りの部分では、ラックまたはキャビネットを意味するためにラックを使用します。

2 ポスト ラック マウント キットには 3 つのタイプがあります。

  • RMK(ラックマウントキット)-電源アダプタートレイ付きのもの

  • RME(ラックマウントイヤー):ラックマウントイヤーまたはフロントマウントブラケットのみを備え、電源アダプタートレイがないもの。

  • PAT(電源アダプタートレイ)-電源アダプタートレイは個別に注文でき、RMEキットと一緒に取り付けることができます。

メモ:

スイッチの上部に 3RU のスペースを確保し、スイッチの周囲に 6 インチのスペースを確保します。

2 支柱ラックの 2 支柱または 4 支柱ラックの 2 支柱にスイッチを取り付けるには、次の手順に従います。

  1. 電源アダプタ トレイをスイッチ シャーシに取り付けます。スイッチ シャーシへの電源アダプタ トレイの取り付けを参照してください。この手順は、2 ポスト ラック取り付け用イヤー キットを使用してスイッチを取り付ける場合には適用されません。
  2. 電源アダプターを電源アダプター トレイに取り付けます。電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付けを参照してください。この手順は、2 ポスト ラック取り付け用イヤー キットを使用してスイッチを取り付ける場合には適用されません。
  3. 次の図に示すように、シャーシの両側に 4 本の M4 ネジを使用して 2 支柱取り付け耳を固定します。
    図23:2ポスト取り付け耳を固定する Secure the two-post mounting ears

    次の図は、RME キットが使用されている場合、スイッチ シャーシに取り付けられたラックマウント イヤーのみを示しています。

    図 24: スイッチ シャーシに取り付けられたラック マウント イヤー

    次に、スイッチ シャーシに取り付けられた電源アダプタ トレイの図を示します。ラック マウント イヤーをスイッチ シャーシに取り付けてから、電源アダプター トレイを取り付けます。

    図25:電源アダプタトレイ(PAT) Attaching Power Adaptor Tray (PAT)の取り付け

    次の図は、RMK が使用されている場合、スイッチ シャーシに取り付けられた電源アダプター トレイを示しています。

    図 26:スイッチ シャーシ Power Adaptor Tray Attached to the Switch Chassisに接続された電源アダプタ トレイ
  4. 1 人の担当者にデバイスの側面をつかんで持ち上げてもらい、ラックに配置します。
  5. 図に示すように、各取り付けブラケットの下部の穴を各ラック レールの穴に合わせ、シャーシが水平であることを確認します。
    図27:電源アダプタ付きのスイッチを2ポストラック Mounting the Switch with the Power Adaptor to the Two-post Rackに取り付ける
  6. 次の図は、RMK または PAT キットを RME キットと一緒に使用した場合に、電源アダプタ トレイを取り付けた状態で、2 ポスト ラックの 2 つのポストまたは 4 ポスト ラックの 2 つのポストに取り付けられたスイッチを示しています。
    図28:電源アダプタトレイなしで2ポストラック Mounting the switch without the power adaptor tray to the two-post rackにスイッチを取り付ける
  7. 2人目の子供に、位置合わせされた2つの穴のそれぞれに取り付けネジを取り付けてもらいます。取り付けネジを締めます。
  8. 2本目のネジを各取り付け耳に取り付けます。
  9. ラックの片側の取り付けネジが反対側の取り付けネジと位置合わせされていること、およびデバイスが水平であることを確認します。

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチを壁に取り付ける

スイッチを壁に取り付ける前に、壁取り付けキットに次の部品が入っていることを確認してください。

メモ:

冷却のために、スイッチの周囲全体に 6 インチの十分なスペースを確保します。スペースが不十分な場合、スイッチのシャーシが過熱する可能性があります。

メモ:

EX4100-F-12Pおよび/またはEX4100-F-12Tスイッチは、壁面の高さ2メートル以下に取り付けることができます。

  • 壁取り付け用ブラケット x 2

  • 壁取り付けブラケットを取り付けるためのネジ – 6 本の M4 ネジ(各サイド 3 本)

  • 電源アダプタートレイ;電源アダプタ トレイをスイッチに取り付けるための 3 本の M4 ネジ

  • プラス(+)ドライバー、番号2(壁取り付けキットには含まれていません)

  • 4つのプラスチック壁アンカー

  • スイッチと電源アダプター トレイを壁に取り付けるための 4 本の M4xL20mm ネジ

デバイスを壁に取り付けるには:

  1. 電源アダプタ トレイをスイッチ シャーシに取り付けます。スイッチ シャーシへの電源アダプタ トレイの取り付けを参照してください。
  2. 電源アダプターを電源アダプタートレイに取り付けます。電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付けを参照してください。
  3. 6 本の M4 ネジを使用して壁取り付けブラケットを取り付けます。
    図29:壁取り付けブラケット Attaching the wall mounting bracketsの取り付け
  4. 次の図に示すように、壁に6か所の4mmの穴を開けます。これらは、電源アダプタートレイを壁に取り付けてスイッチを取り付けるための取り付けネジを取り付けるための壁の測定値です。
    図30:取り付けネジ Wall Measurements for Installing Mounting Screwsを取り付けるための壁面測定
  5. 4つのプラスチック製の壁アンカーを穴に挿入します。
    図 31: プラスチック製のアンカーを壁 Attach Plastic Anchors to the Wallに取り付ける
  6. 1 人の担当者にデバイスの側面をつかんで持ち上げて、壁に配置してもらいます。
  7. 2人目の人に、スイッチと電源アダプタートレイの両側にあるブラケットの穴に2組のM4xL20mm取り付けネジを取り付けて、壁に固定してもらいます。
  8. 片側の取り付けネジが反対側の取り付けネジと揃っていること、およびデバイスが同じレベルにあることを確認します。
    図32:スイッチと電源アダプターが正しい向き Switch and Power Supply Adaptor Mounted to the Wall with the Correct Orientationで壁に取り付けられている

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチをマグネットパッドを使用して鉄壁に取り付ける

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • マグネットトレイ

  • M3 ネジ 6 本

  • 2つのマグネットパッド

メモ:
  • EX4100-F-12Pおよび/またはEX4100-F-12Tスイッチは、マグネットパッドを使用して鉄の壁に2メートル以下の高さで取り付けることができます。

  • 鉄の壁は滑らかで、油、グリース、汚れなどの汚染物質がないと、ユニットが落下する可能性があります。

  • スイッチが取り付けられている鉄の壁は、振動や衝撃が発生する可能性のある場所の近くに置かないでください。また、発熱箇所の近くに取り付けると、取り付けが誤動作する可能性があります。

  • 冷却のために、スイッチの周囲全体に 6 インチの十分なスペースを確保します。スペースが不十分な場合、スイッチのシャーシが過熱する可能性があります。

  • スイッチを取り付ける鉄の壁は平らで、表面に起伏がない必要があります。鉄の壁は十分に支えられ、スイッチを支えるのに十分な強度が必要です。

鉄材料でできた表面にスイッチを取り付けるには、次の手順に従います。

  1. 電源アダプターを電源アダプター トレイに取り付けます。電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付けを参照してください。
  2. シャーシを裏返します。
  3. プラス(+)ドライバ(番号2)を使用して、6本のM3ネジを使用してスイッチの底面にあるマグネットトレイを組み立てます。次の図では、ネジを使用してスイッチの底面に組み立てられているマグネットトレイとマグネットトレイが示されています。
    図33:スイッチ Magnet Tray Assembled on the Bottom Side of the Switchの底面に組み立てられたマグネットトレイ
  4. 適切なマグネットパッドを使用して、スイッチと電源アダプターを鉄の表面に取り付けます。
    図34:スイッチと電源アダプターを鉄の表面 Attach the Switch and Power Supply Adaptor to the Ferrous Surfaceに取り付ける
    図35:鉄の表面 Switch and Power Supply Adaptor Mounted to the Ferrous Surfaceに取り付けられたスイッチと電源アダプター

EX4100-12PおよびEX4100-12TスイッチをDINレールに取り付ける

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • DIN取り付けブラケット

  • 4 本の M4 なべネジ

メモ:
  • この製品は、標準の35mm DINレールに取り付けることができます

  • 冷却のために、スイッチの周囲全体に 6 インチの十分なスペースを確保します。スペースが不十分な場合、スイッチのシャーシが過熱する可能性があります。

  1. 電源アダプタ トレイをスイッチ シャーシに取り付けます。スイッチ シャーシへの電源アダプタ トレイの取り付けを参照してください。
  2. 電源アダプターを電源アダプタートレイに取り付けます。電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付けを参照してください。
  3. プラス(+)ドライバ(番号 2)を使用して、スイッチ シャーシの底面に 4 本の M4 なべネジを使用して DIN 取り付けブラケットを組み立てます。
    図36:DIN取り付けブラケット Assembling the DIN Mounting Bracketの組み立て
  4. スイッチをDINレールの前に配置します。
  5. DIN取り付けブラケットを標準の35mm DINレールにクリップで留めます。
    図37:DIN取り付けブラケットのDINレール Clipping the DIN Mounting Bracket onto the DIN Railへのクリップ
    図38:DINレールに取り付けられたスイッチと電源アダプタの背面図と正面図 Rear View and Front View of the Switch and Power Supply Adaptor Mounted on the DIN Rail

EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12TスイッチをDINレールから取り外す

スイッチをDINレールから取り外すには、次の手順に従います。

  1. スイッチの電源が切断され、すべてのケーブルとコネクタがスイッチから取り外されていることを確認します。
  2. レバーをゆっくりと引き下げて、DIN取り付けブラケットを外します。スイッチを外した状態で、スイッチの底部をDINレールから引き離し、フックをDINレールから持ち上げて外します。
    図39:ベルクロを下に引いてDIN取り付けブラケット Velcro Pulled Downwards to Disengage the DIN Mounting Bracketを外します
    図40:ベルクロを下に引いてDIN取り付けブラケット Velcro Pulled Downwards to Disengage the DIN Mounting Bracketを外します
  3. DINレールマウントからスイッチを取り外します。

電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付け

電源アダプターを電源アダプタートレイに取り付けることは、EX4100-F-12PおよびEX4100-F-12Tスイッチの机の下、壁、マグネット、DINレール取り付けの2ポストラッキングの前ステップです。

電源アダプターを電源アダプター トレイに取り付けるには:

  1. ケーブルベルトを電源アダプタトレイに取り付けます。
    図41:電源アダプタートレイへのケーブルベルトの取り付け(EX4100-F-12P Cable Belt Attachment to the Power Adaptor Tray - EX4100-F-12P
    図42:電源アダプタートレイへのケーブルベルトの取り付け(EX4100-F-12T Cable Belt Attachment to the Power Adaptor Tray - EX4100-F-12T)
  2. 電源アダプターを電源アダプター トレイに置きます。
    図43:電源アダプタートレイへの電源アダプターの配置(EX4100-F-12P Placing the Power Adaptor on the Power Adaptor Tray - EX4100-F-12P)
    図44:電源アダプタートレイへの電源アダプターの配置(EX4100-F-12T Placing the Power Adaptor on the Power Adaptor Tray - EX4100-F-12T)
  3. ケーブルベルトを2か所で使用して、電源アダプターを電源アダプタートレイにロックします。
    図45:ケーブルベルトを使用して電源アダプターをロックする(EX4100-F-12P Locking the Power Adaptor Using the Cable Belt - EX4100-F-12P
    図46:ケーブルベルトを使用して電源アダプタをロックする(EX4100-F-12T Locking the Power Adaptor Using the Cable Belt - EX4100-F-12T)

スイッチ シャーシへの電源アダプタ トレイの取り付け

電源アダプター トレイのスイッチ シャーシへの取り付けは、EX4100-F-12P および EX4100-F-12T スイッチの 2 ポスト ラック マウントと DIN レール マウントの前手順です。ただし、2 ポスト ラック マウントの場合は、前面マウント ブラケットを固定した後にのみ、電源アダプタ トレイをスイッチ シャーシに固定してください。

  1. 電源アダプターを電源アダプタートレイに固定します。電源アダプタトレイへの電源アダプタの取り付けを参照してください。
  2. 3 本の M4 ネジを使用して、電源アダプタ トレイをスイッチ シャーシの左側に固定します。
    図 47:スイッチ シャーシ Attaching the power adaptor tray to the switch chassisへの電源アダプタ トレイの取り付け

ケーブル接続を保護するためのケーブルガードの取り付け

オプションでケーブルガードをシャーシに取り付けて、ケーブル接続を保護することができます。

3 本の M3 ネジとプラス (+) ドライバ(番号 1)を使用して、ケーブルガードをシャーシの底面に取り付けます。
図 48: スイッチ Attaching a cable guard to the switchへのケーブル ガードの取り付け
図49:ケーブルガードドアの閉位置 Cable Guard Door- Closed Position
図 50: ケーブル ガード ドアの開位置 Cable Guard Door- Open Position

スイッチのセキュリティ スロットへの標準ケーブル ロックの取り付け

オプションで、セキュリティ スロットを使用してスイッチを固定できます。

  1. ケーブルを机またはラックに固定し、キーを使用してロックをロック解除位置に設定します。
  2. スイッチのセキュリティ スロットにロックを挿入します。
    図 51: スイッチ Inserting Lock into the Security Slot on the Switchのセキュリティ スロットへのロックの挿入
  3. キーを使用してロックをロック位置に設定します。
    図 52: キー Setting the Lock to the Locked Position Using the Keyを使用してロックをロック位置に設定する