Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EX4100-FスイッチでJunos OSを設定する

EX4100-F デフォルト設定

各EX シリーズスイッチは、工場出荷時のデフォルト設定でプログラムされており、スイッチ出荷時には各設定パラメータの値セットが格納されています。デフォルト設定ファイルは、 や などのsyslogcommitシステムパラメータの値を設定し、すべてのインターフェイスでイーサネットスイッチングを設定し、IGMPスヌーピングを有効にし、LLDPおよびRSTPプロトコルを有効化します。

メモ:
  • 工場出荷時のデフォルト設定ファイルには、より多くのポートを持つモデルに対してより多くのインターフェイスがあります。

  • この poe ステートメントは、PoE+ポートのないモデルには表示されません。

設定の変更をコミットすると、新しい設定ファイルが作成されます。このファイルがアクティブなコンフィギュレーションになります。いつでも工場出荷時のデフォルト設定に戻せます。 EXシリーズ スイッチにおける工場出荷時のデフォルト設定への復帰を参照してください。

以下は、EX4100-48Pスイッチの工場出荷時のデフォルト設定ファイルです。

EX4100-Fスイッチの接続と設定

EX4100-Fスイッチに接続して構成する前に、コンソールサーバーまたはPCで次のパラメーター値を設定します。

  • ボーレート—9600

  • データ—8

  • フロー制御 - なし

  • パリティ - なし

  • ストップビット—1

  • DCD状態—無視

次の部品とツールが使用可能であることを確認します。

  • RJ-45コネクタが接続されたイーサネットケーブル(付属)

  • RJ-45 to DB-9 シリアル ポート アダプター (付属)

  • シリアルポートを備えたラップトップまたはPC(付属していません)

スイッチのカスタム設定を行う前に、以下の情報を用意しておいてください。

  • rootパスワード

  • デフォルト ゲートウェイの IP アドレス

  • 管理ポートの IP アドレス

  • DNS サーバーの IP アドレス

  • (オプション)ホスト

  • (オプション)バックアップ ルーターの IP アドレス

  • (オプション)SNMPはコミュニティ、場所、連絡先を読み取ってSNMPパラメータを設定します

  • (オプション)管理ポートにアクセスできるリモートサブネットへのスタティックルート

  • (オプション)管理ポートへのアクセス権を持つリモートプレフィックスへのスタティックルート

EX4100-Fスイッチは、Junos OSがプリインストールされた状態で出荷され、スイッチの電源を入れるとすぐに設定できます。CLIを使用して、スイッチの背面パネルにあるコンソールポート( CON」とラベルされた)からスイッチの初期設定を実行する必要があります。

この手順では、スイッチの初期設定を実行し、ネットワークに接続する方法について説明します。スイッチでトラフィックを転送するための完全な情報(例を含む)については、『Junos OS 設定ガイド』を参照してください。

スイッチで初期設定を実行し、ネットワークに接続するには、次の手順に従います。

  1. スイッチの電源を入れます。
  2. RJ-45-to-DB-9シリアルポートアダプタを使用して、スイッチの背面パネルにあるコンソールポート(CONとラベルされた)をラップトップやPCなどの管理ホストに接続します。
  3. Junos OSのログイン プロンプトで、 root と入力してログインします。パスワードを入力する必要はありません。コンソール ポートを接続する前にソフトウェアが起動した場合、プロンプトが表示されるために Enter キーを押す必要がある場合があります。
  4. CLI を起動します。
  5. 構成モードにします。
  6. root 管理ユーザー・アカウントにパスワードを追加します。クリアテキスト パスワード、暗号化されたパスワード、または SSH 公開キー文字列を入力します。

    または

    または

    または

    または

  7. (オプション)スイッチのホスト名を設定します。名前にスペースが含まれる場合は、名前を二重引用符(" ")で囲みます。
  8. (オプション)ユーザーアカウントを作成します。
  9. (オプション)ユーザーアカウントクラスをスーパーユーザーに設定します。
  10. (オプション)スイッチのドメイン名を設定します。
  11. デフォルト ゲートウェイを構成します。
  12. スイッチの管理インターフェイスの IP アドレスとプレフィックス長を設定します。
    メモ:

    管理ポート vme ( MGMT のラベル)は、スイッチの背面パネルにあります。

  13. (オプション)ルーティング プロトコルが実行されていない間のみ使用されるバックアップ ルーターの IP アドレスを設定します。
  14. DNS サーバーの IP アドレスを構成します。
  15. (オプション)管理ポートにアクセスできるリモートサブネットへの静的ルートを設定します。管理ポートへのアクセスは、ローカル サブネットに制限されます。
  16. (オプション)管理ポートにアクセスできるリモートプレフィックスへのスタティックルートを設定します。
  17. SSHサービスを設定します。
  18. インバンド管理またはアウトオブバンド管理を設定します。
    • インバンド管理では、ネットワーク ポート インターフェイスを管理インターフェイスとして設定し、それを管理デバイスに接続できます。このシナリオでは、次のいずれかを実行できます。

      • すべてのデータインターフェイス の管理には、 デフォルトVLANのメンバーとして、defaultという名前の自動的に作成されたVLANを使用します。管理 IP アドレスとデフォルト ゲートウェイを指定します。

      • 新しい管理 VLAN を作成します。VLAN 名、VLAN ID、管理 IP アドレス、デフォルト ゲートウェイを指定します。この VLAN に属する必要のあるポートを選択します。

    • アウトオブバンド管理では、専用の管理チャネル(MGMTC0、または C1 ポート)を使用して、管理デバイスに接続します。管理インターフェイスの IP アドレスとゲートウェイを指定します。この IP アドレスを使用して、スイッチに接続します。

  19. (オプション)SNMP readコミュニティ、場所、連絡先を指定して、SNMPパラメータを設定します。
  20. (オプション)システムの日付と時刻を指定します。リストからタイム ゾーンを選択します。設定したパラメータが表示されます。
  21. を入力して yes 設定をコミットします。この設定は、スイッチのアクティブな設定としてコミットされます。
  22. (オプション)必要な構成ステートメントを追加して、追加のプロパティーを構成します。
  23. 設定をコミットして、スイッチ上で有効にします。
  24. スイッチの設定が完了したら、設定モードを終了します。

これで、CLI を使用してログインし、スイッチの設定を続けることができます。

EXシリーズ スイッチで工場出荷時のデフォルト設定に戻す

EX シリーズ スイッチでは、現在のアクティブな設定が機能しない場合、工場出荷時のデフォルト設定に戻せます。

また、 Junos OS 設定変更のロール バックで説明されているとおり前の設定にロール バックするか、 EXシリーズ スイッチにおけるレスキュー設定への復帰で説明されているとおりレスキュー設定に復元できます。

ヒント:

rootパスワードを紛失した場合、リセットするために工場出荷時のデフォルト設定に戻す必要はありません。 スイッチでのrootパスワードのリカバリーを参照してください。

工場出荷時のデフォルト設定には、スイッチの基本設定が含まれています。これはスイッチの初期設定で、スイッチを初めてオンにしたときにロードされます。スイッチの工場出荷時のデフォルト設定ファイルについては、お使いのスイッチのハードウェア マニュアルを参照してください。

ヒント:

固定設定スイッチでは、工場出荷時のデフォルト設定に戻 した後 、EZsetupスクリプトを実行して初期設定を完了できます。(EZsetupスクリプトは、モジュラー スイッチでは使用できません。モジュラー スイッチを設定するには、CLI または J-Web インターフェイスを使用します)。CLIまたはJ-Webインターフェイスを使用した初期設定の実施について、詳しくは EXシリーズ スイッチの接続と設定(CLIプロシージャ) または EXシリーズ スイッチの接続と設定(J-Webプロシージャ)を参照してください。

操作コマンドまたは load factory-default 設定コマンドを使用して工場出荷時のデフォルト設定に戻すにはrequest system zeroize、root パスワード設定を除くすべてのデフォルト設定が含まれている工場出荷時のデフォルト設定ファイルに戻ります。

これらの手順は、次のセクションで説明されています。

コマンドを使用してEXシリーズ スイッチを工場出荷時のデフォルト設定 request system zeroize に戻す

コマンドは request system zeroize 、すべての設定情報を削除し、すべてのキー値をリセットする標準的なJunos OS動作モード コマンドです。この操作により、カスタマイズされた設定やログ ファイルを含めたすべてのユーザー作成データ ファイルとディレクトリのリンクが解除されます。その後、スイッチは再起動され、工場出荷時のデフォルト設定に戻ります。

ユーザーが作成したデータを完全に消去して回復不能にするには、 コマンドを使用します request system zeroize media

注意:

を発行 request system zeroizeする前に、 request system snapshot コマンドを使用して、現在スイッチの実行に使用しているファイルをセカンダリ デバイスにバックアップします。zeroize コマンドを使用すると、Junos パーティションと OAM パーティションが破棄され、スイッチが起動しない場合があります。失敗したソフトウェアのインストールから回復するには、「 失敗したソフトウェアのインストールからの回復」を参照してください。

コマンドを使用して工場出荷時のデフォルト設定に戻すには、 request system zeroize 次の手順に従います。

  1. を入力してyes設定とログ ファイルを削除し、工場出荷時のデフォルト設定に戻します。
    メモ:

    auto-image-upgradeこの手順を使用すると、 [edit chassis] ステートメントが 階層レベルの下に追加されます。これにより、スイッチで自動イメージ アップグレード機能を使用できるようになります。

コマンドを使用してEXシリーズ スイッチを工場出荷時のデフォルト設定 load factory-default に戻す

コマンドは load factory-default 、現在のアクティブな設定を、rootパスワード設定を除く工場出荷時のデフォルト設定に置き換える標準的なJunos OS設定コマンドです。デフォルトでは、root パスワードは設定されていません。この手順で新しい設定をコミットするように設定する必要があります。

工場出荷時のデフォルト設定に戻した後に、EZsetupスクリプトを実行してスイッチの初期設定を完了する場合、 コマンドは使用 load factory-default しないでください。代わりに、 コマンドを使用して元に戻 request system zeroize します。コマンドを使用して出荷時のデフォルト設定に戻す場合 load factory-default 、rootパスワードの設定は保持され、EXsetupスクリプトは実行されません。(EZsetupスクリプトは、固定設定スイッチでのみ使用可能で、モジュラー スイッチでは使用できません。

メモ:

load factory-defaultコマンド自体は、バーチャル シャーシ上に設定されたEX3300、EX4200、EX4500、EX4550スイッチではサポートされていません。

コマンドを使用して工場出荷時のデフォルト設定に戻すには、 load factory-default 次の手順に従います。

メモ:

このプロシージャを使用する場合、システム コミット工場出荷時設定を削除し、rootパスワードを設定して設定をコミットする必要があります。を使用して工場出荷時のデフォルト設定request system zeroizeに戻す場合、これらの手順を行う必要はありません。また、auto-image-upgradeこの手順を使用しても、 ステートメントは設定に追加されません。. を使用すると設定request system zeroizeに追加されます。

  1. [編集] user@switch# load factory-default
  2. [編集] user@switch# delete system commit factory-settings
  3. [編集] user@switch# set system root-authentication plain-text-password
  4. [編集] user@switch# commit
  5. メンバーIDとプライマリロールの優先度を コマンドで show virtual-chassis 確認し、 コマンドを使用してVCPの設定 show virtual-chassis vc-port が残っているか確認します。
  6. コマンドを使用して、 show virtual-chassis vc-port VCP の残りの設定を確認します。

出荷時リセット/ポート モード ボタンを使用した工場出荷時デフォルト設定への復帰

スイッチを工場出荷時のデフォルト設定に設定するには、フロント パネルの右端にある出荷時リセット/モード ボタンを使用します。

メモ:

バーチャル シャーシのメンバー スイッチを工場出荷時のデフォルト設定に戻すには、VCP(バーチャル シャーシ ポート)に接続されているケーブルを取り外します。他のメンバーのバーチャル シャーシ設定パラメータ(メンバーID、プライマリ ロール優先度、VCP アップリンク設定など)への影響を防ぐために、ケーブルを取り外します( 光ファイバー ケーブルの切断を参照)。

出荷時リセット/モード ボタンを使用して工場出荷時のデフォルト設定に戻すには、次の手順に従います。

  1. 出荷時リセット/モード ボタンを10 秒間押します。スイッチが工場出荷時のデフォルト設定に移行し、コンソールに工場出荷時のデフォルト設定のコミットと表示され、RJ-45ネットワークポートとアップリンクポートのリンク/アクティビティLEDが緑に点灯します。
  2. 出荷時リセット/モード ボタンを、さらに10秒間押します。スイッチが初期設定モードに移行し、コンソールに ezsetup 設定のコミットが表示され、RJ-45 ネットワーク ポートとアップリンク ポートのリンク/アクティビティ LED が緑色に点滅します。
    また、出荷時リセット/モード ボタンを 10 秒 + 10 秒間押し続けて、合計で 20 秒以上押すと、工場出荷時のデフォルト設定をコミットしたり、ezsetup 設定をコミットしたりできます。

デフォルトでは、出荷時リセット/モード ボタンは有効になっています。CLIを使用して、このボタンを無効にできます。

出荷時リセット/モード ボタンを無効にするには、次のコマンドを実行します。

  1. [編集] user@switch# set chassis config-button no-clear

  2. [編集] user@switch# commit

出荷時リセット/モード ボタンを有効にするには、次のコマンドを実行します。

  1. [編集] user@switch# delete chassis config-button no-clear

  2. [編集] user@switch# commit