Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

AP45をネットワークに接続して電源を入れる

APの電源を入れてネットワークに接続すると、APは自動的にJuniper Mistクラウドにオンボーディングされます。APオンボーディングプロセスには、次の手順が含まれます。

  • AP の電源をオンにすると、AP はタグなしVLAN上のDHCPサーバーからIPアドレスを取得します。

  • APはドメインネームシステム(DNS)ルックアップを実行して、Juniper MistクラウドのURLを解決します。特定のクラウドURLについては、 ファイアウォール設定 を参照してください。

  • APは、管理のためにJuniper MistクラウドとのHTTPSセッションを確立します。

  • Mist Cloudは、APがサイトに割り当てられた後に、必要な設定をプッシュすることでAPをプロビジョニングします。

APがJuniper Mist Cloudにアクセスできるようにするには、インターネットファイアウォールの必要なポートが開いていることを確認します。 ファイアウォールの設定を参照してください。

AP デバイスをネットワークに接続するには:
  1. スイッチからのイーサネット ケーブルを AP の Eth0+PoE ポートに接続します。

    AP45を完全に機能させるには、802.3btの電力が必要です。802.3at 電源では、構成に基づく動的な機能を備えています。AP45の電力要件を参照してください

    メモ:

    モデムとワイヤレス ルーターがある自宅のセットアップで AP を設定する場合は、AP をモデムに直接接続しないでください。AP の Eth0+PoE ポートをワイヤレス ルーターの LAN ポートの 1 つに接続します。ルーターはDHCPサービスを提供し、ローカルLAN上の有線および無線デバイスがIPアドレスを取得してMistクラウドに接続できるようにします。モデムポートに接続されたAPはMistクラウドに接続しますが、サービスは提供しません。

    モデム/ルーターの組み合わせがある場合も、同じガイドラインが適用されます。AP の Eth0+PoE ポートをいずれかの LAN ポートに接続します。

    AP に接続するスイッチまたはルーターが PoE に対応していない場合は、802.3at または 802.3bt パワー インジェクタを使用します。PD-9001GR/AT/AC などの 802.3at パワー インジェクタを使用できます。

    • スイッチからパワー インジェクタ のデータ入力 ポートにイーサネット ケーブルを接続します。

    • パワー インジェクタ のデータ出力 ポートから AP の Eth0+PoE ポートにイーサネット ケーブルを接続します。

  2. APが完全に起動するまで数分待ちます。
    APがJuniper Mistポータルに接続すると、APのLEDが緑色に変わり、APがJuniper Mist Cloudに接続され、オンボードされていることを示します。

    AP をオンボードしたら、ネットワークと要件に応じて AP を設定できます。APの設定については、 Juniper Mist無線設定 ガイドおよび 位置情報サービスガイド を参照してください。

    APについて注意すべき点がいくつかあります。

    • APが初めて起動すると、トランクポートまたはネイティブVLANで動的ホスト構成プロトコル(DHCP)リクエストが送信されます。APをオンボードした後(つまり、Juniper MistポータルでAPの状態が[接続済み]と表示される場合)、APを別のVLANに割り当てるようにAPを再設定できます。再起動時に、AP はその VLAN でのみ DHCP 要求を送信するため、必ず有効な VLAN に AP を再割り当てしてください。VLANが存在しないポートにAPを接続すると、Mistに「 IPアドレスが見つかりません 」というエラーが表示されます。

    • AP デバイスでは静的 IP アドレスを使用しないようにすることをお勧めします。AP はリブートするたびに設定された静的情報を使用し、ネットワークに接続するまで AP を再設定することはできません。IP アドレスを修正する必要がある場合は、AP を工場出荷時のデフォルト設定にリセットする必要があります。

      静的 IP アドレスを使用する必要がある場合は、初期セットアップ時に DHCP IP アドレスを使用することをお勧めします。静的 IP アドレスを割り当てる前に、次のことを確認してください。

      • AP の静的 IP アドレスを予約しました。

      • スイッチ ポートは静的 IP アドレスに到達できます。