Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ACX7100-32C システム概要

ACX7100-32Cルーターの説明

ジュニパーネットワークスACX7100-32C Cloud Metroルーターは、ディープバッファ機能を備えた高性能ルーターで、100ギガビットイーサネットから400ギガビットイーサネットへのサービス移行に対応するように設計されています。高いポート密度とMACsec対応ポートを備えたACX7100-32Cルーターは、セキュアでハイエンドのサービスアグリゲーション、大企業、トップオブラックのスパインリーフデータセンターアプリケーションに最適です。

ACX7100-32Cは、包括的な機能セット、高度なプログラマビリティ、新たに出現する分散型エッジコンピューティングアーキテクチャやスパイン/リーフ型データセンターアプリケーションとのシームレスな統合など、複数の機能を提供します。

Junos OS Evolved CLIを使用して、ACX7100-32Cルーターを設定できます。また、Paragonオートメーションを使用して、これらのルーターをオンボーディング、設定、監視することもできます。

ACX7100-32C システム概要

ACX7100-32Cルーターは、1Uの固定構成ルーターで、4.8Tbpsのスループットを提供する高スループットのパケット転送エンジンを搭載しています。ルーティングエンジンとコントロールプレーンは、2.9GHzの6コアIntel CPU、64GBのメモリ、およびストレージ用の2つの100GBエンタープライズグレードソリッドステートドライブ(SSD)によって駆動されます。

ジュニパーでは、冗長電源モジュール(PSM)を搭載したACX7100-32Cルーターを提供しています。ルーターは、フロントツーバックのエアフロー(エアフローアウトまたはAO)、およびACまたはDC PSMを発注できます。

図 1 に、ACX7100-32C ルーターの前面を示します。

図1:ACX7100-32Cルーター Front View of the ACX7100-32C Routerの正面図
1

QSFP28 ポート x 32

6

USB ポート

2

QSFP56-DD ポート x 4

7

ステータスLED

3

管理(MGMT)ポート

8

顧客アセットIDラベル付きのプルアウトタブ

4

1 PPS および 10MHz の GPS 入力および出力ポート

9

コンソール(CON)ポート。オプションのGPS時刻(TOD)デバイスもサポートされています。

5

リセット ボタン

 

図 2 に、AC 電源の ACX7100-32C ルーターの背面図を示します。

図2:AC電源のACX7100-32Cルーター Rear View of an AC-Powered ACX7100-32C Routerの背面図
1

ESDポイント

3

ファン モジュール

2

電源モジュール(AC)

 

図3 に、DC電源のACX7100-32Cルーターの背面図を示します。

図3:DC電源のACX7100-32Cルーター Rear View of a DC-Powered ACX7100-32C Routerの背面図
1

ESDポイント

3

ファン モジュール

2

電源モジュール(DC)

 

ACX7100-32Cルーターの利点

  • Multiservice Solution—ACX7100-32Cは、複数の機能、ユースケース固有の機能、すべてのポートでのMACsecサポートを提供する、汎用性の高いルーターです。Cloud Metroソリューションに不可欠なこれらの機能により、コンバージド、仮想化、自動化のアーキテクチャを構築し、5G、IoTおよびクラウドの急速な成長に対応できます。

  • Advanced Timing features:クラス C タイミングと主要な ITU-T タイミング プロファイルをサポートし、低遅延のサービス提供に最適です。

  • MACsec capabilities—ACX7100-32Cルーターは、すべてのポートでインラインMACsecを使用したデータプレーンセキュリティをサポートしています。

  • Power-efficient footprint:コンパクトな筐体で業界をリードする電力効率を提供し、拡大し続ける帯域幅のニーズに対応します。

  • Zero-touch provisioning- ZTP(ゼロタッチ プロビジョニング)をサポートしているため、手動による操作を最小限に抑えるだけでプロビジョニングと導入を自動化できます。これにより、時間が節約され、導入が迅速化されます。

ACX7100-32C ルーター モデル

ACX7100-32Cルーターは、ACまたはDC電源モジュール(PSM)とエアフローアウト(AO)冷却のいずれかで利用できます。AOは、フロントツーバックまたはポートツーFRU冷却とも呼ばれます。

表 1 に、ACX7100-32C ルーターのモデル番号を示します。

表1:ACX7100-32Cルーターのモデル番号と説明

モデル番号

電源

気流

ACX7100-32C-AC-AO

Ac

エアフローアウト(フロントツーバック)

ACX7100-32C-DC-AO

Dc

エアフローアウト(フロントツーバック)

ACX7100-32Cルーターの現場交換可能ユニット

FRU(現場交換可能ユニット)は、ご使用のサイトで交換できるコンポーネントです。ACX7100-32C FRUは次のとおりです。

  • 電源モジュール(PSM)

  • ファン モジュール

  • トランシーバー

注意:

電源の冗長性を維持するために、故障したPSMを取り外してから3分以内に新しいPSMと交換してください。ルーターは、1つのPSMのみを実行しても動作を続けます。シャーシの過熱を防ぐため、故障したファン モジュールを取り外してから 1 分以内に新しいファン モジュールと交換してください。

メモ:

ジュニパーJ-Careサービス契約を結んでいる場合、ハードウェアコンポーネントの追加、変更、アップグレードを https://www.juniper.net/customers/csc/management/updateinstallbase.jsp に登録してください。そうしないと、交換部品が必要な場合に大幅な遅延が発生する可能性があります。この注記は、既存のコンポーネントを同じタイプのコンポーネントに置き換える場合には適用されません。

メモ:

光トランシーバを取り外す前に、 コマンドを使用してインターフェイス set interfaces interface-name disable を無効にすることを推奨します。

ACX7100-32Cルーターのコンポーネントと機能のハードウェア冗長性

以下のハードウェアコンポーネントは、ACX7100-32Cルーターに冗長性を提供します。

  • PSM(電源モジュール)—ACX7100-32Cルーターには2つのPSMが搭載されています。各PSMは、ルーター内のすべてのコンポーネントに電力を供給します。2つのPSMが取り付けられている場合、それらはデバイスに完全な電力の冗長性を提供します。1つのPSMが故障した場合、または1つのPSMを取り外した場合、2番目のPSMは中断することなく電気負荷のバランスを取ります。

    システムに電源の冗長性を提供するには、両方のPSMを取り付ける必要があります。最初の電源フィードを1つのPSMに接続し、もう一方の電源フィードを2番目のPSMに接続します。

    注意:

    両方の電源フィードを同じ電源入力端子に接続しないでください。

  • 冷却システム:ACX7100-32Cルーターには6つのファンモジュールが搭載されています。ファン モジュール内のファン ローターに障害が発生すると、シャーシ アラームが発生します。ルーターは、GR-63仕様に従って、1つの故障したローターで動作し続けます。複数のファン ローターに障害が発生した場合、またはファン モジュールが取り外された場合、シャーシ アラームが発生し、システムは 240 秒でシャットダウンします。複数のファン モジュールを取り外すと、シャーシ アラームが発生し、システムはただちにシャットダウンします。そのため、ファン モジュールに障害が発生した場合は、ただちにファン モジュールを交換する必要があります。

ACX7100-32CルーターのハードウェアとCLI用語のマッピング

表 2 に、ACX7100-32C ルーターのマニュアルで使用されているハードウェア用語と、Junos OS CLI で使用されている対応する用語を示します。

表 2: ACX7100-32C ルーターのマニュアルで使用されている CLI 用語に相当するもの

ハードウェア項目(CLIに表示されるとおり)

説明(CLIに表示されます)

値(CLIに表示される)

ドキュメント内の項目

詳細な情報

Chassis

JNP7100-32C [ACX7100-32C]

ルーター シャーシ

ACX7100-32Cルーターのシャーシ物理仕様

Routing Engine

RE-JNP-7100

ルーティングエンジン内蔵

FPC n

フレキシブルPICコンセントレータの略称(FPCはラインカードに相当)

の値 n は常に 0 です。

ルーターには実際のFPCはありません。この場合、FPCはルーター自体を指します。

Junos OS 動作コマンドで使用されるインターフェイスの命名規則

PIC n

PICの略称

の値 n は常に 0 です。

ルーターに物理PICがない

ルーターのフロントパネルにある内蔵ネットワークポートは、論理PICにマッピングされています。

Junos OS 動作コマンドで使用されるインターフェイスの命名規則

xcvr n

トランシーバーの略称

の値は n 、トランシーバーがインストールされているポートの番号です。

光トランシーバ

PSM (n)

次のいずれかです。

  • JPSU-1600W-1UACAFO

  • JPSU-1600W-1UDCAFO

n は 0 から 1 の範囲の値です。値は電源装置スロット番号に対応しています。

AC または DC 電源モジュール

ACX7100-32C 電源システム

Fan tray (n)

JNP7100ファントレイ、フロントツーバックエアフロー - AFO

n は 0 から 5 の範囲の値です。値は、ファン モジュールのスロット番号に対応します。

ファン モジュール

ACX7100-32Cルーターの冷却システムとエアフロー

ACX7100-32Cシステムソフトウェアの概要

ACX7100-32CはJunos OS Evolvedを実行しており、レイヤー2およびレイヤー3のスイッチング、ルーティング、セキュリティサービスを提供します。Junos OS EvolvedはLinux上でネイティブに動作するため、Linuxのすべてのユーティリティと操作に直接アクセスできます。モジュラー型に設計されており、システムを再起動せずにコンポーネントごとにアップグレードを行うことができます。変更されたコンポーネントのみが再始動されます。Junos OS Evolvedは移植が簡単で、最小限の作業であらゆるプラットフォームで動作します。Junos OS Evolvedインフラストラクチャは完全に最新化されており、必要な高可用性、移植性、迅速なイノベーション、および簡素化されたアップグレードを提供します。

ACXシリーズ デバイスでサポートされている機能の詳細については、 Feature Explorerを参照してください。