トレーニング

書籍

Navigation
Day One: Junos QoS for IOS Engineers

現在使用している Cisco ルーターを新しいジュニパーネットワークス デバイスに交換する場合は、本書を参考に新しいネットワークの QoS 機能を最適化してください。

ガイドのダウンロード

J-Net メンバー*は Day One ブックを無料でダウンロードできます。 J-Net メンバーでない場合は、今すぐユーザー アカウントを作成できます。 アカウントはすぐに作成でき、コミットメントやスパムは発生しません。 メンバーになると、すべての Day One ブックをダウンロードできるようになります。

ダウンロード: J-Net メンバー
ダウンロード: J-Net メンバー以外

* 既存のジュニパー ユーザー アカウントを保有している場合は、そのアカウントを使用して J-Net にログインできます。

著者について

Venkatesh Krishnan は、ジュニパーネットワークスのプロフェッショナル サービス組織に所属し、エンタープライズ ネットワークやサービス プロバイダ ネットワークの設計および実装を専門とするネットワーク コンサルタントです。 ジュニパーネットワークスに入社する前は、Cisco Systems のサービス プロバイダ チームでネットワーク コンサルティング エンジニアを務めるとともに、先進サービス チームにも所属していました。 現在は、Cisco デバイスとジュニパー デバイスの両方を対象にして、お客様が求める QoS ソリューションの設計を支援しています。 ネットワークおよびセキュリティー分野において 10 年以上の経験を誇ります。 また、CCIE-R&S #24243 を保有しています。

著者に対する Q & A

何がきっかけでこのガイドを書きましたか。

Cisco プラットフォーム上での QoS の設計やトラブルシューティングについての業務をすでに多く経験していたため、 ジュニパー デバイスを扱うようになったとき、自然に Cisco と関連付けている自分に気付き、Cisco との対比ができると、自分の理解の助けになるだろうと認識しました。 最初のいくつかのプロジェクトで情報のリサーチを始めたとき、QoS に関する情報は整理されておらず、ジュニパー上で QoS を構成するのがいかに困難であるかを言及したブログが多数見つかりました。 このとき、過去の経験から学んだことに沿ってすべての情報を吸収し、Cisco との対比を行いながら整理してまとめようと決意しました。 この方法は多くのことを迅速に理解するのに役立ちました。

このガイドはどのような人を対象としていますか。

このガイドは、Cisco の使用経験があり、Junos やジュニパーのデバイスには慣れていない方を対象にしています。 私は、慣れない Junos で何かを設定するよう依頼された技術者の思考のプロセスを説明できますし、完全に理解できます。 このガイドは QoS を取り上げ、Cisco でできたものと同じエレメントの設定を Junos で行う方法を説明しています。

本書を読むと、何が得られますか。

エンジニアの武器庫にいくつかの新しい武器が追加されることを望んでいます。 ネットワーク エンジニアにとって、堅牢な構成を構築すると同時に、その構成を効果的にトラブルシューティングすることが同じくらい重要となります。 おそらくトラブルシューティングは作業の中で高い割合を占めるでしょう。 したがって、どこで何を探すかを理解しておくと、問題の根本原因をすばやく突き止めるのに役立ちます。

読者にこのガイドから何を学習してほしいですか。

実際のところ、Junos CLI に慣れるまでしばらく時間がかかりました。 しかし、CLI を使用すればするほど、CLI が好きになっていきました。 設定ファイル内で必要な詳細を簡単に見つける仕組みを理解してから、作業が楽になりました。 本書では、そのことを伝えようと努めました。

このガイドの次に読む書籍として何を推奨しますか。

本書をきっかけとして QoS に興味を持った場合は、次に『Juniper MX Series』を読むことを推奨します。この便利なガイドブックには、QoS を含め、MX デバイスの概要が詳しく記載されています。

また、Junos の細部の構成や Cisco IOS との関連性についての疑問を解決するのに役立つ Day One ブックが多数提供されています。

何からインスピレーションを得ましたか。

正直に言うと、当初は QoS に対して難解で退屈な印象があり、逃げたくて仕方ありませんでした。 しかし、他の選択肢がなく、QoS の問題をトラブルシューティングすることが必要になりました。 これを機に、QoS について学習し、すべてを理解するように努力しました。 そして、徐々に QoS のニーズを認識するようになりました。 ほとんどのエンジニアは QoS を扱うことを嫌いますが、その作業を詳細なステップに分割し、それらのステップに基づいて完全な構成を実現することができれば、全関係者のタスクがはるかに容易になります。 これらすべての情報は、最初は、自分で役立てるためにまとめていました。 しかし、数多くのエンジニアが同じような悩みを抱えているはずで、このガイドはそのようなエンジニア向けです。

本書内でどのような箇所が気に入っていますか。

「なるほど!」と思う瞬間、つまり、Cisco と Junos QoS に対する理解のギャップを認識し、それが埋まった瞬間です。 そのセクションでは、Cisco が QoS の 5 つの基本ステップにどのように関連しているかを検討し、次に Junos について同じ 5 つのステップとの関連性を検討し、最後に 2 つを比較しています。