トレーニング

書籍

Navigation
Day One:Configuring Junos Policies and Firewall Filters

ルーティング ポリシーとファイアウォール フィルターをペアで扱うのは、一見、ルーティングの書籍としては奇妙な組み合わせのようですが、結局、フィルターはセキュリティーを強化するためのもので、ポリシーはルートの属性と再アドバタイズメントの操作に関するものです。

ルート アドバタイズメントの決定はセキュリティーに影響を与えることがありますが、この 2 つのトピックは、Junos 構成の構文が非常によく似ているため、1 つの書籍にまとめるのは必然的なことです。 一方を知れば、他方の習得に役立ちます。どちらも最新の IP ネットワークに非常に重要なトピックであることを考えると、その相乗効果を無視するわけにはいきません。

『Day One: Configuring Junos Policies and Firewall Filters』は、熟練したネットワーク管理者が Junos ツールボックスに含まれている 2 つのよく似たツールを使用して、統合され、安定した効率を生み出す方法を示しています。

「Jack Parks は、簡潔明瞭な説明と構成例で基本概念を明らかにし、複雑な例を示しながらポリシーとフィルターの操作、そしてまだ広く理解されていない機能をわかりやすく説明しています。 これは、ネストされたファイアウォールやブール グループ化ポリシーが想定どおりに動作しなかった理由をようやく理解できるようになるチャンスです」
«2»- ジュニパーネットワークスの著者兼シニア テスト エンジニア、ハリー・レイノルズ

サンプル ページ

ガイドのダウンロード

J-Net メンバー*は Day One ブックを無料でダウンロードできます。 J-Net メンバーでない場合は、今すぐユーザー アカウントを作成できます。 アカウントはすぐに作成でき、コミットメントやスパムは発生しません。 メンバーになると、すべての Day One ブックをダウンロードできるようになります。

ダウンロード: J-Net メンバー
ダウンロード: J-Net メンバー以外

* 既存のジュニパー ユーザー アカウントを保有している場合は、そのアカウントを使用して J-Net にログインできます。

著者について

Jack W. Parks, IV は、1992 年の入社以来、IT の領域で知られているほぼすべての職務を担当しています。 米国空軍で 8 年間任務に就いた後、Jack は民間企業に移り、大企業と ISP の市場空間に携わりました。 最近は、エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング、サービス プロバイダ ルーティング、MPLS、VPN に注目しています。 ジョン・ブラウン大学で企業情報システムの理学士号を取得し、さらに CCIE #11685 や JNCIE-M #666 など複数の業界の認定資格も取得しています。現在は、ジョージア州アトランタを拠点にジュニパーネットワークスのシステム エンジニアとして活動しています。

著者に対する Q & A

何がきっかけでこのガイドを書きましたか。

お客様が Junos を習得して使用できるようになるための新しい執筆プロジェクトを探していました。 出発点として、ルーティング ポリシーが最適であると思いました。 ポリシーは、あらゆるルーティング プロトコルおよびあらゆるネットワークで使用されます。

このガイドはどのような人を対象としていますか。

本書は、Junos ポリシーおよびファイアウォール フィルターについて学びたい方を対象としています。 ポリサーを解説したセクションもあります。 本書の作成に必要な調査はすべて行いました。本書はリファレンスとしていつでも私のデスクに置かれることになるでしょう。

本書を読むと、何が得られますか。

ポリシーの機能とはどのようなもので、ネットワークでどのように使用するのかを深く理解できるようになればと思っています。 ポリシーについて少しでもノウハウがあれば、Junos の理解が進みます。 ファイアウォールとポリサーに関する章では、別のタイプのポリシー、ステートレス ファイアウォール フィルター、あるいは ACL について紹介しています。

読者にこのガイドから何を学習してほしいですか。

ネットワーク デバイスは、ルーティング プロトコルを使用して相互に通信します。 到達可能性情報のフローを制御することは、ネットワークを適切に運用するうえで欠かせません。 この制御のあらゆることがポリシーで実現されます。 読者がネットワークに有用なポリシーを深く理解し、作成できるようになればと思っています。

このガイドの次に読む書籍として何を推奨しますか。

自分では技術系の読書は一区切りして、 次は『七王国の玉座』を読むつもりです。

何からインスピレーションを得ましたか。

学び続けることです。 さまざまなトピックに関して執筆することも、このプロセスに含まれています。書くことでそのトピックに精通できますから。 技術について人に説明すると、自分がどのようなテーマに弱いかが明らかになります。

本書内でどのような箇所が気に入っていますか。

ポリシーのラボを取り上げた第 3 章です。 実践的なラボで過ごす数時間は、何日もの読書より勝ります。