ジュニパーについて

Navigation
Juniper Sky Advanced Threat Prevention Service プライバシー ポリシーの追補

本ページは、ジュニパーネットワークス プライバシ ポリシーの追補です。特定のソリューションに関連するデータ収集と使用方法を理解するために、ジュニパーネットワークス プライバシ ポリシーならびに適用される追補の両方をお読みください。

以下では、Juniper Sky™ Advanced Threat Prevention サービス(「Juniper Sky-ATP サービス」)の提供に関連して、ジュニパーネットワークスの個人データ処理方法に関する措置について説明します。このサービスは、クラウドベースの高度な脅威防御システムで、ジュニパーネットワークス SRX ファイアウォールによって受信されたネットワーク トラフィックを顧客がアップロードすると、添付ファイルを分析して潜在的マルウェアを検出し、悪意のある感染から顧客のシステムを保護することができます。

処理される個人情報

個人情報とは、個人の特定に利用可能な一切の情報を指します。

弊社プライバシ ポリシーの「収集される情報」の条項で言及されている種類の個人情報を含む可能性があり、Juniper Sky ATP サービスへアップロードされる受信ネットワークトラフィック内の個人情報はいずれも、下記の「個人情報を処理する目的」の条項に定める目的のために処理されるものとします。弊社のサーバーは、アカウントの活動(たとえば、ログイン回数、購入またはキャンセルしたアプリケーション、IP アドレスなど)、表示またはクリックされたデータ、その他のログ情報など、Juniper Sky ATP サービスの利用に関する特定の情報を自動的に記録します。

個人情報を処理する目的

脅威を検知および防止するためのネットワーク トラフィックのアップロードを伴う Juniper Sky ATP サービスの提供に付随して、ネットワーク トラフィックの個人情報を含む部分が処理されます。当該の個人情報は、マルウェアからシステムを保護する目的との関連性がない限り、速やかに破棄されます。

個人情報の共有、開示、セキュリティ

Juniper Sky ATP サービスの提供に関連して、弊社が収集する情報は、顧客データが安全に保護されていることを保証するためのセキュリティ技術と手順(たとえば、データ分離、物理セキュリティ、送信中および休止中のデータの暗号化、ロールベースのアクセス コントロールなど)を認証した特定の第三者サービスによってホストされています。情報の共有はすべて、ジュニパーネットワークス プライバシ ポリシーと本プライバシ ポリシー追補に従って行われます。

個人情報の保持

Juniper Sky ATP の提供に関連して処理された個人情報にマルウェアとの関連性がない場合、その個人情報は速やかに破棄されます。

今後の機能

弊社は、Juniper Sky ATP サービスを補強またはアップグレードして、継続的に新しい機能を提供することがあります。これらの新機能から得た情報の収集または使用における変更を反映するために、本追補を適宜更新する場合があります。

その他

Juniper Sky ATP サービスのご利用には、ジュニパーネットワークス エンド ユーザー ライセンス契約(および該当する場合は、関連ソフトウェア固有のライセンス補遺)ならびに利用規約が適用されます。また、当事者が書面で別途合意した場合は、該当する範囲内で適用されます。

本文書は 2017 年 5 月 11 日に投稿されました。