ジュニパーについて

Navigation
ジュニパーネットワークス GDPR 準備委員会

ジュニパーネットワークスは、事業を営むすべての場所において、適用されるプライバシ法への準拠に取り組んでいます。この一環として、2018 年 5 月 25 日に発効される欧州連合の新しい一般データ保護規則(GDPR)に対する準拠を優先事項とします。ジュニパーは、社内プロセスおよび製品とサービス双方に関して、GDPR に対応するためのグローバル プロジェクトを設立しました。

GDPR は、EU 全体のデータ保護要件統一を推進するための重要なステップであり、データ保護とネットワーク セキュリティ全般に対するジュニパーの取り組みを実証する機会を提供するため、ジュニパーは GDPR を歓迎しています。

既存のデータ保護法の場合と同様、GDPR への準拠に際しては、ジュニパー、お客様、従業員、サプライヤ間でプライバシに対する考え方を明確に一致させる必要があります。ジュニパーは、弊社の製品とサービスをお客様に提供する場合の GDPR への準拠と、お客様自身による GDPR への準拠を支援することに真摯に取り組んでいます。

弊社は、この使命を支えるために GDPR の要件を詳細に分析し、弊社の製品、契約、マニュアル一式を増強しています。ジュニパーは、GDPR プロジェクトの一環として、今後のプライバシに対する取り組みを計画的に強化します。すなわち、データ保護の原則を業務プロセス、製品、サービスに組み込み、技術上および組織上のセキュリティ対策によって、デフォルトで、収集と使用の対象とする個人データの量を、必要なデータや承認されているデータに限定します。これにより、個人データへのアクセスを制限し、個人データが不注意から他人と共有されるのを防ぎ、すでに導入されているコントロールも強化します。

さらに、ジュニパーは GDPR への準拠を実現するために以下の重要なステップに取り組みます。

  • GDPR に従って、個人データを処理するシステムおよびサード パーティーの識別、割り当て、文書化を行い、データの保護が十分にコントロールされるようにします。
  • 弊社の代理として個人データを処理するベンダーとのデータ処理契約を更新し、弊社に義務付けられているものと同じデータ保護を要求します。
  • データ処理の通知や、データの収集時に同意を得る仕組みが、GDPR の要件を十分に満たしていることを検証します。
  • データのアクセス、修正、そして必要な場合は削除に関するデータ主体からのリクエストに、ジュニパー、お客様、パートナーが、迅速に対応できるようにします。
  • 収集した目的でのみ個人データが処理され、その目的が有効な間だけ処理されていることを、適用されるすべての法律を考慮しながら、継続的に確認します。

以上のステップは、GDPR および世界中のデータ保護法を基にした基本原則に沿っており、ジュニパーはこれらの基本原則への準拠のためにお客様と協力することを心待ちにしています。