競争優位性の強化

業界有数の拡張性を誇るルーターに自動化と分析をプラス

サービス プロバイダが常に直面する課題は、無理のない予算で拡張性に優れた革新的なサービスを創出して提供することです。この過酷な環境で生き残るには、拡張性に優れた高度なエッジ ルーターを使用して、帯域幅、加入者、サービスの拡大に対応しながら、DevOps 環境の基盤を構築して分析と自動化を活用する必要があります。

拡張性に優れた長期的な投資

状況が急速に変化し、電気通信の接続性およびサービスの価格設定における競争の圧力が強まると、従来の「総入れ替え」によるアップグレードは、経済的な観点からもはや現実的とは言えません。サービス プロバイダは、インフラストラクチャへの投資を重点的に行い、俊敏性と拡張性を確保し、投資回収率を向上させる必要があります。

ネットワーク エッジでは、投資の保護を目的として開発されたサービス中心のルーターが高い実用性を発揮します。このようなモジュラー エッジ ルーターを使用すると、アップグレードしたスイッチ ファブリック、ルーティング エンジン、ライン カードを簡単に追加することができ、サービス プロバイダはフォークリフト アップグレードなしに、容量を増大させて新しいテクノロジを活用できます。

運用と ROI の改善

拡張性に優れた強力なエッジ ルーターへの投資と並行して、サービス プロバイダは運用環境の最新化によって投資回収率を改善することができます。手作業を中心としたサービスの創出とプロビジョニング プロセスでは、今日の市場対応には時間がかかりすぎ、運用コストが収益を上回ってしまいます。運用に DevOps アプローチを採用することで、これらの課題をクリアできます。DevOps を効果的に導入するには、ネットワークと完全に統合する自動化ツールと分析ツールが必要です。

  • 自動化により、サービス プロバイダは従来の手動運用に伴う遅延、コスト、リスクを排除しながら、ネットワークベースのサービスを設計して提供できます。さらに、API や標準ベースのプロトコルを提供して、サードパーティー製のアプリケーションやバックオフィス システムとの統合および相互運用性に関する問題を軽減できます。

  • 分析機能は、ネットワークの構成要素、加入者、アプリケーションのリアルタイムなインサイトを使用して、ネットワークの効率的な監視、最適化、収益化の新しい方法をもたらします。

ジュニパー独自の差別化要素

ジュニパーでは、世界各国のサービス プロバイダと緊密に連携して、競争が激しく、進化を続ける業界を支援しています。イノベーションを積極的に推進して、大きなビジネス成果につながるソリューションを構築しています。この取り組みにより、業界屈指の MX シリーズ 3D ユニバーサル エッジ ルーター ポートフォリオでは、新しい投資保護パフォーマンスと拡張性の向上を実現しました。さらに、Juniper Extension Toolkit for Junos® OS などの自動化/分析ツールを導入して、サードパーティー製アプリケーションと Junos OS の統合を簡素化し、Junos Telemetry Interface では、高頻度テレメトリ データをパフォーマンスの監視および最適化ツールに配信しています。

ジュニパーは、これらの新しい機能を導入して、投資保護による成長推進および運用環境の簡素化を実現することで、サービス プロバイダが ROI を最大限に高め、競争優位性を確保できるよう支援しています。それと同時に、サービス プロバイダがネットワークからより大きな価値を引き出し、将来に備えることができるよう支援しています。