Coming soon:5G ネットワーク

モビリティー サービスを仮想化するもう一つの理由

4G モバイル ネットワークの進歩に伴い、世界各国の業界リーダーは、第 5 世代のモバイル テクノロジである 5G の規格の定義を進めています。4G は主にオール IP ネットワーク インフラストラクチャの通信速度と実装に関する規格でしたが、5G はパーソナライズされたユーザー エクスペリエンスを顧客に提供することを目的としており、携帯電話会社に多数の新たなビジネス チャンスをもたらすと考えられています。

5G は、2018 年初頭に商用サービスの提供を試験的に開始し、2020 年には大規模な商用サービス展開が計画されています。非常に高いパフォーマンスと拡張性を兼ね備えた規格であり、モバイル コミュニティー内の数十億ユーザーにサービスを提供できます。また、5G が商用化されると、サービス プロバイダはマシンツーマシン(M2M)通信やモノのインターネット(IoT)に対応することができ、パーソナライズされた新世代のサービスを創出できます。

今から 5 年後のネットワークには、どのような性能が求められるのでしょうか。推定では、数百億台にも及ぶ IoT 接続デバイスが普及しており、ウェアラブル、自動車、ドローン、無数のセンサーなどのスマートな接続デバイスが現在のスマート フォンに取って代わり、新たな通信方法が確立され、ビジネスや家庭の高度な用途に幅広く利用されているでしょう。

このような多様なデバイスに接続する環境で 5G アーキテクチャがその役割を果たすには、柔軟性、俊敏性、自動化の面で大幅なレベルアップが必要になります。オンデマンドでネットワーク機能の拡張と導入を柔軟に行い、新世代の広範なモバイル サービスに対応するには、ネットワーク機能仮想化(NFV)とソフトウェア定義ネットワーク(SDN)インフラストラクチャが、5G アーキテクチャの重要な鍵となります。

分析によって規定のアクションに導くことで、携帯電話会社は各種デバイス タイプに適応するようにカスタマイズされたサービスを創出できると考えられています。個人と企業のいずれの用途にも対応したハイブリッド デバイスが普及すると、高度な脅威インテリジェンスによって、ネットワークとデバイスの両方のレベルでセキュリティ ポリシーを動的に調整する必要があります。

携帯電話会社では、今すぐ 5G への移行に備えた準備を開始することができます。5G ネットワークのロードマップが策定されている今こそ、会社のイノベーターはエンド ユーザー向けの独創的な新サービスの実現に向けて取り組みを開始する必要があります。

5G への移行に向けて現在使用できる有用なツールの 1 つとして、NFV テクノロジを活用したネットワーク機能の仮想化があります。NFV を使用すると、仮想化により新しいネットワーク機能、サービス、容量をオンデマンドで導入して提供できるため、5G がもたらす柔軟性と俊敏性をある程度確認できます。

5 年後の 5G の展望はまだはっきりとしていませんが、NFV の使用で、顧客にパーソナライズされた独自のインターネット エクスペリエンスを提供できます。

準備を開始しませんか?

5G への移行に向けて、この 2 つはすぐに開始できます。

ジュニパーの 5G への取り組み

ジュニパーでは、他のイノベーションに加え、NFV と SDN テクノロジに多額の投資を行い、4G ネットワークの進化のニーズに対応しています。次世代のモバイル テクノロジを想定して、すでに 5G 要件への準拠計画を実施しています。この取り組みの一環として、現在のルーティング製品とセキュリティ製品を仮想ネットワーク機能(VNF)として仮想化し、近い将来に向けて仮想化機能を強化しています。