Self-Driving Network™で複雑さを解消

ネットワーク自体がビジネス目標に速やかに適応

PacketPushers とジュニパーが、自律型ネットワークを実現する技術的要件について詳しく説明します。
ポッドキャストを聴く

人工知能の進歩により、Self-Driving Network™ が経済面でも実現可能になりました。Self-Driving Network はユーザーの目的を単独で実行するようにプログラムされた自律型ネットワークであり、ネットワークの運営に今日必要とされている複雑なプログラミングと管理タスクが不要になります。

自律型ネットワークでは、ネットワーク自体が設定、監視、管理、修正、防御、分析を行い、人間の介入は最低限で済みます。パフォーマンスの問題を予測して影響がユーザーに及ばないようにします。

Self-Driving Network はこのように負担の重い運用タスクから IT スタッフを解放してイノベーションに集中できるようにします。運用コストが低下し、セキュリティ、信頼性、耐障害性は向上します。そのうえ、ビジネスのスピードが加速します。

Self-Driving Network の構築に向けて最初の一歩を踏み出しましょう。

ジュニパーの自動化ツールとプログラム可能なツールをご確認いただけます。

詳細はこちら
Self-Driving Network の実現方法

ジュニパーの CTO、キレッティ・コンペラが、MPLS + SDN + NFV World Congress 2017 で、課題やネットワーク要件について語っています。 今すぐ観る

オンライン セミナー:機械学習とネットワークの自動化によって実現する Self-Driving Network

Self-Driving Network を実現するための重要な要素は、人工知能と機械学習です。ネットワークにこのような技術を応用する方法をご覧いただけます。 今すぐ観る

Juniper Bot が自律型ネットワークの実現を支援

Self-Driving Network では、マシン間の通信によって適切な動作を実行します。Light Reading が、こうした通信を可能にする Juniper Bot ついて考察しています。詳細はこちら

自律型ネットワークに関する IHS の見解

IHS Markit の『Analyst Insight』では、ジュニパーの Self-Driving Network のビジョンと、その実現を支援するジュニパーの仮想化とオーケストレーション製品について考察しています。詳細を読む