高度なサイバーセキュリティをビジネスの現場に

自動化、機械学習、リアルタイムの脅威インテリジェンスを活用した統合型の防御

隅々にまで広がった防衛線。
ビデオを見る

ビジネスの保護が必要とされるのはどこでしょうか。従業員、データ、インフラが存在するすべての場所です。
今日、人々はあらゆる場所で仕事をしているため、データやインフラは本社にもクラウド内にもあります。サイバー犯罪者は、ビジネスの場所を把握し、絶えず巧みに攻撃を仕掛けています。そのため、非常に巧妙な侵入者を防ぐには、インテリジェンスを備えた統合型の防御態勢をあらゆるところに敷く必要があります。

そこで必要となるのがジュニパーの Software Defined Secure Network(SDSN)です。

自動化、機械学習、リアルタイムのインテリジェンスを活用した SDSN は、プライベート クラウド、パブリック クラウド、ハイブリッド クラウドなどのあらゆる場所で、マルチベンダー製のネットワーク アセットを有効活用してビジネスを保護します。次のような新機能により SDSN の防御を拡張します。

  • マルチベンダー環境の保護:サードパーティー製スイッチ向けの自動的な脅威封じ込め

  • クラウド型の統合セキュリティ:vSRX による Microsoft Azure のサポートおよび vSRX と VMware NSX の統合

  • ランサムウェア検知の機能拡張:Juniper Sky Advanced Threat Protection(ATP)を使用したメールの分析、さまざまな脅威フィードとファイル送信に対応する API、機械学習をベースにした脅威の調査とインテリジェンス


どこでもセキュリティ

データ、人、インフラを SDSN で保護

詳細はこちら
クラウド型の高度なマルウェア防御サービス

最先端の機械学習を活用した Juniper Sky ATP は、Web とメールのファイルを継続的に分析し、マルウェアのすり抜けや高度な持続的脅威の検知と阻止を実行します。
ランサムウェアを殲滅しましょう。 ビデオを見る

仮想化環境で脅威を打ち負かす

vSRX 仮想ファイアウォールは、拡張性に優れた高度なセキュリティをプライベート クラウド、パブリック クラウド、ハイブリッド クラウド全体に提供し、さらにジュニパー SRX シリーズ物理ファイアウォールと同じ次世代の機能をすべて備えています。 詳細はこちら

導入事例 Sky ATP を活用した IT サービス プロバイダのマルウェア対策

Vology は、ビジネスと顧客を保護するには従来の対応型セキュリティでは不十分であることを認識していました。そのため、検知が難しい脅威をリアルタイムで見つけ出して阻止する機能が必要としていました。 詳細はこちら