プレスリリース

2021

Navigation
ジュニパーネットワークス、「Session Smart」SD-WANおよび セキュアなブランチゲートウェイ「SRXシリーズ」にMist AIを統合、 クライアントからクラウドに至るユーザーエクスペリエンスを最適化

新たに「EXシリーズ」スイッチにもAIを活用

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、クライアントからクラウドに至るエンドツーエンドにおけるAIドリブンの自動化、インサイト、アクションを推進する新たなソリューションを発表しました。128 Technology社の買収完了から2カ月余りで、「Session Smart®」ネットワークポートフォリオに、Mist AIによる「WAN Assurance」および仮想ネットワークアシスタント「Marvis」を追加するほか、セキュアなブランチゲートウェイ「SRXシリーズ」の導入・管理において、Mist AIを活用します。さらに、Mist AIによる新しいクラウドネイティブの有線/無線アクセスに、「EXシリーズ」スイッチングプラットフォームを追加します。独自のキャンパス/ブランチ向けポートフォリオを拡大し、そのすべてでMist AIを活用することで、お客様は無線LAN、有線LAN、WANにわたり、統合されたAIOps、セキュリティ、トラブルシューティングなどのメリットを得ることができ、コスト削減やエンドユーザーエクスペリエンスの最適化を実現できます。

AIドリブンエンタープライズに追加された最新機能は、以下のとおりです。

  • 「Session Smart」SD-WAN向け「WAN Assurance」、および仮想ネットワークアシスタント(VNA)「Marvis」: Session SmartルーターからのテレメトリデータをMist AIエンジンに取り込み、WAN全体でサービスレベルの設定、モニタリング、実行が可能になります。事前対応可能な異常検知やWAN状況への高度なインサイトを通じ、最適なユーザーエクスペリエンスを保証します。さらに、Mist AIによる仮想ネットワークアシスタント「Marvis」は、自然言語クエリを用いて「Session Smart」SD-WAN環境のトラブルシューティングを可能にし、ユーザーエクスペリエンスに影響が生じる前に問題を解決できます。ジュニパーネットワークスは、独自の特長を備えた「Session Smart」SD-WANソリューションにAIOpsを追加することで、最高のユーザーエクスペリエンスを実現する最もユニークなSD-WAN製品を市場に提供します。

  • Mist AIによる「SRXシリーズ」の高度なオペレーション:Mist AIとクラウドを活用して、セキュアなブランチゲートウェイである「SRXシリーズ」の設置、設定ができるようになります。ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)と自動化されたワークフローによって容易に導入できます。これにより、シンプルなブランチ向けルーターとセキュア接続の機能を有線/無線アクセスと共通のプラットフォームで管理し、オペレーションの合理化、コストの削減、潜在的な問題の最小化を実現します。

  • 新たなセキュアアクセススイッチとしての「EX4400」: 「EXシリーズ」に、クラウドに最適化された最高クラスのセキュリティとAIOpsを搭載できます。IT部門は、MACsec AES256などの重要なセキュリティ機能やグループベースポリシー(GBP)を使用した標準ベースのマイクロセグメンテーションと組み合わせることで、データセンター、キャンパスコア、ディストリビューション、アクセスレイヤーにわたって、EVPN-VXLANネットワークファブリックをシームレスに設計できます。「EX4400」を含むすべての「EXシリーズ」でMist AIを活用し、有線アクセスネットワークの設定・管理と、VLANの設定ミスやケーブルの不具合等、発見しにくい問題のトラブルシューティングを容易にします。

ジュニパーネットワークスは2020年のAIドリブンエンタープライズ市場において、無線LANビジネスの3桁成長、無線製品および「EXシリーズ」の記録的な販売数など、大きな成功を収めました。顧客には、フォーチュン・グローバル企業10社のうち5社を含む、あらゆる業種の主要企業が含まれています。ジュニパーネットワークスはまた、ガートナー社による2020年度版「Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure(有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント)」においてリーダーに位置付けられ、実行能力で最高の評価を獲得しました。さらに、ガートナー社の2020年度版「Magic Quadrant for WAN Edge Infrastructure(WANエッジインフラストラクチャのマジック・クアドラント)」と、2021年度版「Magic Quadrant for Indoor Location Services(屋内位置情報サービスのマジック・クアドラント)」の両方でビジョナリーに位置付けられています。

参考資料:

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、人々のつながり方、働き方、生活に変革をもたらす製品、ソリューション、サービスを通じて、マルチクラウド時代に伴うネットワークの複雑性に挑戦します。セキュアで自動化されたマルチクラウド環境への移行プロセスを簡素化することで、世界をつなぐAIドリブンネットワークを実現します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Juniper、Junos、その他こちらに記載されている商標は、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.またはその関連会社の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。