プレスリリース

2020

Navigation
ジュニパーネットワークス、ジェイズ・コミュニケーションと AI駆動型プラットフォーム「Mist」のディストリビューション契約を締結

AIを活用したWired Assurance、仮想ネットワーク アシスタント、ロケーションサービスを全国に提供

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古屋知弘、以下、ジュニパーネットワークス)は本日、ジェイズ・コミュニケーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:愛須康之、以下、ジェイズ・コミュニケーション)と新たにディストリビューション契約を締結し、2019年4月に買収完了したミストシステムズのAI駆動型有線・無線LANソリューションの販売を開始することを発表しました。今回の契約締結に伴い、ジュニパーネットワークスは同社の販売ネットワークを通じて、アクセスポイントとクラウドオペレーションにわたるMistの包括的なポートフォリオが提供できるようになります。これには、Wired Assurance、AIドリブン仮想ネットワークアシスタント「Marvis」、アセットロケーションとユーザーエンゲージメント向けの屋内ロケーションサービスが含まれます。

ジェイズ・コミュニケーションはこれまでも、長年にわたるジュニパーネットワークスの正規ディストリビュータとしてアクセススイッチやセキュリティ製品を取り扱ってきました。今回、新たにポートフォリオに加わった「Mist」はクラウドベースのAI駆動型プラットフォームで、ユーザー体感を最大化するだけでなく、プロアクティブなアクション、サービスレベル、自動化によってネットワーク管理を簡素化します。

今回の発表にあたり、ジェイズ・コミュニケーション株式会社代表取締役社長CEOの愛須康之氏は、次のように述べています。「近年、企業のITシステムのクラウド移行に対する需要は増しており、完全クラウド型かつAI技術による機械学習と自動化を兼ね備えたMistにはたいへん大きな期待をしております。当社はジュニパーネットワークスのディストリビュータとしてこれまで蓄積した知見を活かして、お客様企業が抱えるネットワークおよびセキュリティの課題解決を、有線・無線を統合した最新ソリューションで支援してまいります」

ジュニパーネットワークスの代表取締役社長 古屋知弘は、次のように述べています。「このたびジェイズ・コミュニケーション様とのパートナーシップを強化し、Mistを含めた当社の製品を幅広いお客様に提案できるようになり大変うれしく思います。ジェイズ・コミュニケーション様にMistをお取り扱いいただくことで、有線LANと無線LANを統合し共通の管理フレームワークを通してユーザー体感の改善、運用管理の効率化、セキュリティの強化を実現するWired Assuranceの普及がいっそう加速されると確信しております」

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、人々のつながり方、働き方、生活に変革をもたらす製品、ソリューション、サービスを通じて、マルチクラウド時代に伴うネットワークの複雑性に挑戦します。セキュアで自動化されたマルチクラウド環境への移行プロセスを簡素化することで、世界をつなぐAIドリブンネットワークを実現します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Juniper、Junos、その他こちらに記載されている商標は、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.またはその関連会社の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。