プレスリリース

2019

Navigation
ジュニパーネットワークス、マイクロソフト「SONiC」とのネイティブ統合を発表

オープンなプログラマビリティ向上に向けた取り組みをさらに拡大

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、ジュニパーの提供するプラットフォームがマイクロソフト社の「Software for Open Networking in the Cloud(SONiC)」と、ネイティブ統合したことを発表しました。これにより、クラウドプロバイダーに充実したルーティングや高度なテレメトリで強化された、簡素で自動化されたスイッチマネジメントプラットフォームを提供することが可能になります。

マイクロソフト社が2016年に発表した「SONiC」は、オープンな環境でネットワークスイッチの運用と管理を可能にする画期的なソフトウェアです。ハードウェアとソフトウェアにおけるパートナーとの大規模なエコシステムを構築し独自の拡張性を備えることで、「SONiC」ではスイッチングプラットフォームやさまざまなソフトウェアコンポーネントを一元的に管理できます。

今回発表となった「SONiC」とのネイティブ統合により、ジュニパーネットワークスはオープンなプログラマビリティ、ディスアグリゲーション(分離)、クラウドファースト企業向けの製品拡張に向けた継続的な取組みを強化します。具体的には、クラウドプロバイダとサービスプロバイダに下記を提供します。

  • オープンなプログラマビリティ:企業が市場の変化に素早く対応できるよう、迅速な統合、アジリティ、柔軟性を提供します。

  • ディスアグリゲーション:高度にモジュール化されたアーキテクチャによって、統合されたコンポーネントとソフトウェアを分離し、ユーザーに選択の自由と柔軟性を提供します。

  • 自動化:反復作業が多く、手間の掛かるネットワーク運用において、オープンなプログラマビリティとディスアグリゲーションを組み合わせることにより、ネットワーク診断の効率化、複雑なワークフローの自動化、ネットワークインフラ運用の最適化を実現します。

  • 幅広いエコシステム:幅広いネットワーキングコミュニティやクラウドプロバイダに対し、ジュニパーの最新のルーティング、スイッチング、アナリティクスソリューションを提供します。

今回の「SONiC」との統合は、常に最高品質のソリューションを提供し、クラウドデータセンターネットワーキングのイノベーションを図るために、ジュニパーネットワークスが継続している取り組みの一環となります。

参考資料:

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、私たちのつながり方、働き方、生活に変革をもたらすクラウド時代において、製品、ソリューション、サービスにより、複雑なネットワークの簡素化を実現します。弊社は、顧客とパートナー企業に向けて、世界をつなぐ、自動化、拡張性を備えたセキュアなネットワークを提供するため、ネットワークをそれまでの制約から解放します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Junosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。