プレスセンター

2017

Navigation
ジュニパーネットワークス、新セキュリティ・ソリューション「Contrail Security」を発表
企業のあらゆるクラウド上のアプリケーション保護を支援

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、新しいセキュリティおよびマイクロセグメンテーション・ソリューション「Juniper® Contrail Security」を発表しました。本ソリューションは、企業やSaaS(Software-as-a-Service)クラウドプロバイダーのマルチクラウド環境で稼働するアプリケーションを保護するために設計されています。

企業は、拡張性、柔軟性、および俊敏性を実現するため、クラウドネイティブなアプリケーションを構築・導入し、パブリックおよびプライベートクラウドで展開しています。このようなアプリケーションは、その規模の拡張に伴い、コンポーネントが複数の異なる種類のクラウドに分散されるため、不注意で脆弱性を拡散してしまい、ビジネスに影響するセキュリティ侵害のリスクを高める可能性があります。また、クラウド環境の境界が曖昧になるため、境界に沿って適用されるセキュリティポリシーでは脅威の内部拡散を防ぐことが難しくなるとともに、最新のポリシーを適用する俊敏なエンフォースメント・ポイントが必要とされています。さらに、セキュリティ管理者は、複数の環境にわたる多数のセキュリティポリシーの手動作成・管理を負担に感じているほか、アプリケーション同士がお互いどのように連携しているのか明確に把握していません。これらの課題により、アプリケーションの稼働環境が、セキュリティや拡張性の制限を受けるような、不透明なものになりかねない状況です。

「Contrail Security」は、このような今日のクラウド・ワークロードやアプリケーションによって高まったリスクに対する、革新的な対応を実現します。既存のセキュリティ制御システムや仮想環境とシームレスに相互運用可能な、インテントベースで一貫性のあるセキュリティポリシーの適用により運用を簡素化し、運用者に可視化と管理機能を提供します。また「Contrail Security」は、企業やSaaSクラウドプロバイダーの異なる環境における、クラウドネイティブなアプリケーションの保護、管理、監視方法に変革をもたらします。ジュニパーネットワークスの「Software-Defined Secure Network」プラットフォームの自動化された脅威検出とエンフォースメントを組み合わせることで、「Contrail Security」は統合的なサイバー・セキュリティ・プラットフォームを拡大し、あらゆる脅威に対して適切に対処します。


<「Contrail Security」のネットワーク図>

本ニュースのハイライト

ジュニパーネットワークスの「Juniper Contrail Security」は、内部の脅威拡散を抑止する動的なポリシーエンフォースメントと、アプリケーション・トラフィックの自動検出により、あらゆるクラウド環境で稼働するアプリケーションのリスク軽減を支援します。

  • 一貫性のあるインテントベースのポリシー:管理者がシンプルな用語で目的(インテント)を定義できるため、ポリシーの作成を効率化し、OpenStack、Kubernetes、ベアメタルサーバー、パブリッククラウドをはじめとした様々なクラウド環境にわたってスマートなマイクロ・セグメンテーションを実現できます。

  • 複数のエンフォースメント・ポイント:分散したセキュリティとネットワークのポリシーを活用して防御のオーケストレーションを行い、アプリケーションを脅威から守ります。「Contrail Security」は、より包括的な防御を実現するため、次世代の仮想ファイアウォールと統合することにより、高度なセキュリティサービスを提供し企業を保護します。

  • アプリケーション・トラフィックの可視性および高度なアナリティクス:ハイブリッドクラウド環境全体にわたる可視性、アナリティクスおよびオーケストレーション機能を実現するとともに、アプリケーション間のフロー検出によって不正なトラフィックによるリスクを軽減します。また、アプリケーションの相互作用に対する詳細なインサイトと、機械学習を活用した異常の検出、および対応機能を提供します。

参考資料(英語):

  • 本件に関するブログ

  • Contrail Securityに関する詳細

  • 本リリースはジュニパーネットワークス本社が2017年8月29日(現地時間)付けで発表したニュースリリースの抄訳版です。

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Juniper、およびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。

未来予測に関する記述

This press release contains forward-looking statements that involve a number of assumptions, uncertainties and risks including, among other things, statements concerning Juniper Networks' prospects, product availability, future products and performance, and other benefits to customers. Actual results or events could differ materially from those anticipated in those forward-looking statements as a result of certain factors, including delays in scheduled product availability, incompatibility of technologies, the company's failure to accurately predict emerging technological trends, and other factors listed in Juniper Networks' most recent report on Form 10-K and Form 10-Q filed with the Securities and Exchange Commission. All statements made in this press release are made only as of the date of this press release. Juniper Networks undertakes no obligation to update the information in this release in the event facts or circumstances subsequently change after the date of this press release. Any future product, feature, enhancement or related specification that may be referenced in this press release are for information purposes only, are subject to change at any time without notice and are not commitments to deliver any future product, feature, enhancement or related specification. The information contained in this press release is intended to outline Juniper Networks' general product direction and should not be relied on in making a purchasing decision.

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
須藤、安達
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com