プレスセンター

2017

Navigation
ジュニパーネットワークス、Software-Defined Secure Networksを拡大する 技術アライアンス・パートナーシップを発表

市場をリードするセキュリティ・パートナー各社が、 エンドツーエンドの統合セキュリティ・ソリューションを提供

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は、エンドポイント・セキュリティ、クラウド・アクセス・セキュリティ、ネットワークアクセス制御などの重要分野において、セキュリティ・プロバイダとの技術アライアンス・パートナーシップを発表しました。今回、ジュニパーネットワークスのアライアンスに新たに参加するのは、市場をリードするCarbon BlackNetskopeCipherCloudForeScoutAruba(Hewlett Packard Enterpriseグループ)です。パートナーの技術と、ジュニパーネットワークスのSoftware-Defined Secure Networks(SDSN)プラットフォームの統合により、高度な脅威インテリジェンスの共有と脅威防御の管理・導入を容易にするクラス最高の製品を提供します。これにより、包括的なセキュリティ・インフラの構築を実現します。

今日、企業はますます複雑化する数多くのソリューションに悩まされています。そして、多くの場合、すでに手一杯のセキュリティチームにとって、そうしたソリューションの管理や運用が課題となっています。企業の多くは、境界の防御と階層型のセキュリティ技術に重点を置く、従来型のネットワークセキュリティ・モデルに依存しています。サイロ化した複数のセキュリティ製品の運用は複雑であるため、脅威を発生源に近いところで防御するための可視化と制御を統合して提供する、効率的かつ簡素化されたセキュリティ・インフラが求められています。

今回のパートナー追加により、ジュニパーネットワークスのSDSNプラットフォームにおけるオンプレミスとオフプレミスのサイバー脅威に対する保護機能が拡張されます。これには、エンドポイント、クラウド、ネットワークの防御が含まれます。ジュニパーネットワークスの技術アライアンス・パートナーシップは、SDSNビジョンの拡大だけでなく、感染ポイントを問わずに直ちに脅威に対処できる包括的なセキュリティ・インフラの構築という、企業が直面している最大の課題のひとつの解決の支援を目的としています。ジュニパーネットワークスは、ネットワークを最新のセキュリティ・インフラの中心に据えることで、異なるセキュリティ製品で構成する複雑なネットワークを簡素化し、業界における最善のソリューションを柔軟に活用して、ミッション・クリティカルなIT資産とビジネス資産を保護します。

本ニュースのハイライト

ジュニパーネットワークスの技術アライアンス・パートナー

  • ジュニパーネットワークスの技術アライアンス・パートナーは、業界をリードする企業のソリューションの追加により、SDSNフレームワークの保護対象を広げ、エンドツーエンドのセキュリティ・プラットフォームの提供を支援します。

  • これらのパートナーは、ジュニパーネットワークスのAPIを通じて自社のセキュリティ機能をSDSNフレームワークに統合し、サイバー犯罪のライフサイクル全体に対して包括的な保護を実現します。

Carbon Black、エンドポイント・セキュリティをネットワークで実現

  • Carbon Blackの市場をリードするエンドポイント・セキュリティ・ソリューションと、ジュニパーネットワークスのSDSNフレームワークの統合により、ジュニパーネットワークスのネットワーク・ソリューションが拡張され、エンドポイントの可視性、保護、制御を提供します。

  • Carbon Blackはまた、セキュリティ環境における複数のポイントでリアルタイムのリスクと脆弱性を軽減しながら、可視性、モニタリング、脅威検知、修復を継続的に実現します。

  • Carbon Blackとジュニパーネットワークスの共同ソリューションは、柔軟性のあるオンプレミス、クラウド、またはハイブリッドのソリューションをニーズに応じて提供します。これにはジュニパーネットワークスのSky ATPマルウェア検知プラットフォームのセキュリティ・インテリジェンスと、Carbon Blackの優れたエンドポイント脅威検知の統合が含まれます。

Netskopeとジュニパーネットワークス、エンドツーエンドのクラウド防御製品を提供

  • Netskopeの革新的かつ包括的なCASB(Cloud Access Security Broker)ソリューションと、ジュニパーネットワークスのエンタープライズ・セキュリティ・ソリューションの統合により、対策実行がクラウドに拡大されます。これにより、ファイアウォールがクラウドを認識し、従業員による悪意のあるクラウドサービスへのアクセスを阻止します。

  • この統合により、L3-L7セキュリティがクラウド上のアプリケーションとサービスにまで拡張されます。同時に、安全なクラウドの利用とクラウドサービスの可視性、セキュリティ、コンプライアンスが強化されます。

  • さらに、Juniper Networks® Sky ATPとの統合により、クラウドサービスに対するマルウェア保護と、セキュリティ・インテリジェンスの共有が可能になります。

CipherCloud、ジュニパーネットワークスとの統合を通じてエンタープライズ・セキュリティ・ポリシーをクラウドに拡張

  • CipherCloudのCASBプラットフォームにより、クラウド・アプリケーションとクラウドデータの可視性、適応制御、強力な暗号化が加わり、ジュニパーネットワークスのエンタープライズ・セキュリティ・ソリューションが拡張されます。さらに、ジュニパーネットワークスのSky ATPを通じて脅威インテリジェンスの共有が実現します。

  • Juniper Networks® SRXログにおいてシャドーITの制御を実施・集約することにより、60のクラウドリスク属性をもつ1万4,000以上のクラウドで、クラウドの使用量とリスクを検出します。さらに、クラウドに向かうトラフィック上でコンテキストアクセス制御が可能になります。

  • クラウドコンテンツの保護により、データ漏えいのリアルタイム検知、コラボレーションと修復の管理、機密データの選択的な暗号化が可能になります。一方、ダッシュボード上の詳細分析は、クラウド全体でユーザーの動作をモニタリングし、リアルタイムで異常を検出します。

ForeScoutとジュニパーネットワークス、広範囲なアクセス制御とIoTセキュリティ・ソリューションを提供

  • ForeScoutとジュニパーネットワークスの統合により、エンドユーザーが従来型端末やIoT端末を自身のネットワークに接続した瞬間から、継続的かつリアルタイムな可視性と制御を実現します。

  • ForeScoutのエージェントレス技術との統合により、大量のエンドポイント導入が簡素化し、オペレーションの複雑性が緩和されます。これにより、コンプライアンスの順守とネットワーク・セキュリティの向上がもたらされます。

  • 現在、ForeScoutは、L2のアクセスセキュリティおよび制御のために、ジュニパーネットワークスのEXスイッチと統合されています。

Arubaとジュニパーネットワークス、アライアンスの拡張により統合的な可視性、ポリシー、攻撃検知を実現

  • ArubaのClearPassセキュリティ・ポートフォリオは、ジュニパーネットワークスのキャンパス/支店向けのネットワーク製品やファイアウォールとシームレスに統合されているため、企業ネットワークの境界における攻撃の発見、隔離、阻止を可能にする業界屈指のソリューションを提供します。さらに、この統合により、アクセス・セキュリティ・ポリシーの強化が可能になります。

  • ClearPassセキュリティ・ポートフォリオでは、一元管理された動作分析を、認証、コンプライアンス、制御に加え、有線・無線ネットワーク上のIoT端末と従来型端末に対するエンドツーエンドの端末の可視性と組み合わせます。これにより、悪意のある、または感染したユーザー、端末、エンドポイントからのリスクを緩和します。

  • ArubaのClearPassセキュリティ・プラットフォームとジュニパーネットワークスのEXスイッチ(レイヤー2)およびSRXファイアウォール(レイヤー3)の独自の双方向統合により、非常に高度なセッション・スケーラビリティでユーザー/端末データのプッシュ/プルが可能になるため、ユーザーならびにあらゆるモバイル・IoT端末において、完全な統合、可視性、ポリシー実行を実現します。さらに、この統合により、サードパーティーのスイッチと無線LANにおいて、アクセス・セキュリティ・ポリシーの実行が可能になります。

参考資料:

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Junosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper Networksロゴ、Junosロゴは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
須藤、安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com