プレスセンター

2016

Navigation
ジュニパーネットワークス、「Software-Defined Secure Networks」で 高度な自動エンフォースメントを実現し脅威防御を強化

スイッチからファイアウォールにわたるエンフォースメントのオーケストレーションと、 「Sky ATP」のマルウェア検知の統合により、インテリジェントな保護を提供

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、ネットワークのスイッチまでに至る深いレベルの脅威に対する防御を強化する、セキュリティソリューションを発表しました。新しい「Policy Enforcer」は、ネットワーク全体に対するセキュリティポリシーのエンフォースメントを自動化し、「Junos® Space Security Director」を通じて、感染したエンドポイントをファイアウォールやスイッチで隔離して脅威から防御します。さらに、「Juniper Networks® Sky Advanced Threat Prevention (ATP)」を 「SRXシリーズサービスゲートウェイ」だけでなく「vSRX仮想ファイアウォール」に新たに対応させ、仮想および物理ファイアウォールにおけるマルウェアからの保護を強化しました。また、ジュニパーネットワークスは、お客様の独自のニーズに柔軟に対応するため、ハイブリッドクラウドおよびエンタープライズ・キャンパスに最適なミッドレンジ向けの新たなファイアウォール「SRX4000シリーズ」を発表しました。

現在、脅威は加速的に進化しており、ネットワーク全体の安全な運用は企業の課題となっています。こうした状況では、リアルタイムの脅威防御、自動エンフォースメント、適応型保護のすべてを実現する、迅速かつインテリジェントなセキュリティが求められます。ジュニパーネットワークスの「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」プラットフォームは、オープンかつ統合されたアーキテクチャと、ネットワーク全体にわたるセキュリティ・エンフォースメントの強化を通して、このようなニーズに応えます。本日発表したソリューションによって、ユーザーはネットワークで新たに特定された脅威に迅速に対応することができます。企業は、シンプルでニーズに合った脅威ポリシーを適用し、攻撃を検知する統合化された脅威防御を駆使するとともに、既存のネットワークインフラにおける複数のポイントでエンフォースメントを更新することができます。

このアプローチにより、マニュアル操作でのアップデート負荷の軽減と、自動的なポリシーおよびエンフォースメント・ルールの適用を可能とするため、ネットワーク・セキュリティにおける管理コストの削減を実現します。インフラ上の複数のエンフォースメント・ポイントにおいてネットワークそのものを活用する機能を組み合わせることにより、感染ポイントに近いところで脅威の拡散を食い止めることができ、セキュリティ・オペレーションの有効性が大幅に向上します。

本ニュースのハイライト

  • 「Policy Enforcer」を組み合わせた「Security Director」:「Security Director」の優れたポリシー展開機能により、シングルポイントでのセキュリティポリシーの管理が実現します。さらに「Sky ATP」との統合により、ファイアウォールやスイッチの感染ポイントを検知して隔離します。新たに追加された機能は以下のとおりです。

    • 進化する脅威に合わせ、リアルタイムでポリシーを実行し、ネットワークとユーザーの保護を強化します。

    • ネットワーク全体のセキュリティの可視化、分析、管理を一元化します。

  • 「Sky Advanced Threat Prevention」:強化された「Sky ATP」は、ジュニパーネットワークスの次世代仮想/物理ファイアウォール上で機能します。

    • 「Sky ATP」に「vSRX」を組み合わせることで、広範囲の巧妙なマルウェアを検知し、クラウド上の高度な脅威を防御します。

    • ミッドレンジ向け次世代ファイアウォールとなる新しい「SRX4000シリーズ」は、「SRX4100」と「SRX4200」を含み、高い各性能比で最先端のパフォーマンスを提供します。同シリーズは、「Sky ATP」による広範囲の巧妙なマルウェアの検知や、パブリッククラウドとハイブリッド環境にある「vSRX」とのシームレスな統合により、クラウド上の高度な脅威に対する防御を実現します。

    • 「SRX4100」および「SRX4200」は、Content Security、AppSecure、UTM(統合脅威管理)、「Junos Space Security Director」による一元管理を含む高度なL4-L7サービスも提供します。

  • 「プロフェッショナル・サービス」:ジュニパーネットワークスの「プロフェッショナル・サービス」チームとその認定を受けたプロフェッショナル・サービス・パートナーは、ジュニパーネットワークスの「Junos Space Security Director」、ファイアウォール移行サービス、「SRX」の次世代ファイアウォールの導入と構成をサポートします。稼動後は、受賞歴を誇るジュニパーネットワークスのメンテナンスと高度なサービスを通じて、お客様の運用効率の維持を支援します。「プロフェッショナル・サービス」には以下が含まれています。

  • 「Software-Defined Secure Networks」のネットワークデザイン&アーキテクチャセンター:ジュニパーネットワークスの「Software-Defined Secure Networks」向けデザイン&アーキテクチャセンターのポータルサイト新設により、お客様とパートナーは凝縮されたリッチなマルチメディア・コンテンツを簡単に検索し、シームレスな情報体験を得ることができます。

参考資料:

  • ジュニパーネットワークスの「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」について

  • 「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」特設ページ

  • 「Security Director」の強化と、「SRX4100」および「SRX4200」に関するブログ(英語)

  • 「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」に関するブログ(英語)

  • ジュニパーネットワークスの次世代ファイアーウォールに関するブログ(英語)

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper NetworksロゴおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
須藤、安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com