プレスセンター

2014

Navigation
ジュニパーネットワークス、「2013 Juniper Partner Award」において ネットワーク革新と顧客サービスに貢献した世界中の優良パートナーを発表

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は本日、オープンスタンダード・ベースのSDN(Software Defined Network)ポートフォリオを拡充し、通信事業者が迅速なサービス提供やカスタマイズされたエンドユーザー体験を提供するためのネットワーク構築を実現できる新SDNソリューションを発表しました。 ジュニパーネットワークスは、この新ソリューションとクラウド専用のSDNソリューション「Contrail」 テクノロジーを組み合わせて提供することで、サービスプロバイダによるネットワーク活用とエンドユーザー向けにカスタマイズされたネットワーク構築による リアルタイムでのサービス提供を支援します。今回の発表により、ジュニパーネットワークスは業界で初めてオープン、セキュア、かつマルチ・レイヤ、マル チ・ドメインのSDNソリューションを提供することになります。

サービスプロバイダは、高精細ビデオ・ストリーミング、モバイル・データ、クラウド・コンピューティング、インターネットに接続するデバイスによる大量のデータに直面するなかで採算性を確保するという重圧に晒され続けています。一方で消費者は、よりカスタマイズされたユーザー体験を 求めるようになっています。コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーによる最近の調査によると、消費者がカスタマイズされた製品に支払う額は同一 メーカーの既製品に支払う額より平均で28%高いことが判明しました。  しかし、サービスプロバイダは複雑で煩雑な手動でのネットワーク変更を行わなければならず、ダイナミックな帯域幅、機能およびサービス・プロビジョニン グの可能性を妨げています。

ジュニパーネットワークスは、サービスプロバイダが高度なインテリジェント・ネットワーク「High IQ Network」およびクラウド環境を構築できるようにするため、新たなソフトウェアとハードウェアによりSDNポートフォリオを拡充しています。これらのネットワークは、セキュアで自動化され、拡張性があるため、迅速なサービス・プロビジョニングを可能にします。新たなSDNソリューションは、複雑さの軽減によりネットワークをセキュアかつ直感的にリアルタイムでユーザーの嗜好に適応させ、既存ハードウェアの効率性と汎用性を高めて通信事業者が抱える5Gにおける課題解決を支援します。

本ニュースのハイライト 1. ネットワーク運用の自動化:動的なサービス需要に応じた簡素化と俊敏性を可能にし、運用コストを削減

  • ジュニパーネットワークスは、単一の管理プレーンで、ジュニパーネットワークスおよびサードパーティーによる数千に及ぶ個々のネットワーク要素を 管理することができるソフトウェア「Junos® Fusion」を発表しました。大規模ネットワークは、複数のコア・ルーター、数百のエッジ・ルーターに加え、数万ものマイクロ波装置、モバイル機器や光 学機器などのトランスポート、アグリゲーションおよびバックホールに必要なタッチ・ポイントを含むことがあります。しかし、「Junos Fusion」 により、サービスプロバイダは下層のトランスポート要素をジュニパーネットワークスのルーティング・プラットフォーム「MXシリーズ」または「PTXシ リーズ」から単一の管理ポイントに集中させることで、ネットワークの複雑性と運用コストを低減することができます。また、「Junos Fusion」は、サードパーティ製ソリューションとの完全な互換性があり、SDN管理として拡張することができます。
  • ジュニパーネットワークスの「Junos Fusion」と「Contrail」およびネットワーク管理ソフトウェア「Junos Space」を組み合わせることで、ネットワークを簡素化する強力なポートフォリオが実現し、絶えず変化するサービス提供と需要に対して、より機敏に対応できるようになります。「Junos Fusion」は、2014年第2四半期に提供される予定です。

2. シリコンおよびSDNでのネットワーク・インフラ拡張:需要に対して経済的に見合うパフォーマンスと効率性を提供

  • ジュニパーネットワークスは、サービスプロバイダのトランスポート・ネットワークを最適化するよう設計され、オープンな業界標準プロトコルを利用 した新たなトラフィック・エンジニアリング・コントローラ「NorthStarController」により、SDNポートフォリオを拡充します。 2014年後半に提供開始を予定している「NorthStar Controller」 は、オペレータが定義したパフォーマンスおよびコスト要件に基づき、自動的にマルチベンダー・ネットワーク内での最適な経路の特定とプログラミングを行な います。これにより、サービスプロバイダは利用率を向上させ、サービス重視のネットワーク経路を構築し、絶えず変化するネットワークの状態を動的に調整す ることができます。その結果、動的なクラウドおよびモバイル・トラフィックの適切なサポート、コストのかさむオーバー・プロビジョニングの回避、無駄な設 備投資の軽減、現行の静的ネットワークの計画サイクルを削減できるようになります。
  • ジュニパーネットワークスが最近買収したWANDL社の技術を統合することで、「NorthStar Controller」は高度なインテリジェントによる分析とモデリングができるようになり、事業者のネットワーク・インフラのパフォーマンスとコスト効 率を向上させます。
  • ジュニパーネットワークスは「PTXシリーズ」ルーター向けの1TBラインカードを発表しました。2014年第2四半期中に提供を予定しているこ のラインカードは、PTXルーターのスロットごとの容量を倍増させることでパスごとの使用可能な帯域幅を増加させ、ネットワーク効率の向上と設備投資およ び運用コストの削減を可能にします。

ジュニパーネットワークスは、顧客によるカスタマイズ性に優れたネットワークへの移行を支援するための専門サービスとして、評価、プランニング、移行サービスなどを幅広く提供し、顧客のロードマップ策定、設計、導入および既存のサービスプロバイダ運用との統合を支援します。Sprintのネットワーク開発部門バイスプレジデント、イアド・タラジ(Iyad Tarazi)氏は、次のように述べています。「当社は、最も革新的で高品質なネットワーク・サービスを提供することを目指しています。これを効率的に行うためには、より拡張性があり、俊敏で自動化されたネットワークが必要になります。ネットワークの進化によってサービスプロバイダが一段と早いペースで市場にサービスを投入できることを目指すジュニパーネットワークスのアプローチに注目しています。」
NTTコミュニケーションズ株式会社ネットワークサービス部担当部長、福田健平氏は、次のように述べています。「当社が将来的なネットワークの進化を目指すうえで、ジュニパーネットワークスの取り組みは興味深いものです。継続的かつ急速なネットワークの成長が当社のお客様にとって欠かせないため、ネットワークの仮想化と自動化を最終的な目標としています。当社とジュニパーネットワークスのネットワークの将来に対する考え方は近いため、お客様の期待に応えられる素晴らしい体験を今後も提供してまいります。 IDCのリサーチ・マネージャー、ナブ・チャンドラー(Nav Chander)氏は、次のように述べています。「今回のジュニパーネットワークスによるサービスプロバイダ向けSDNポートフォリオの拡充により、通信事業者はカスタマイズしたサービスの提供が可能になります。ジュニパーネットワークスのアプローチが従来と異なる新しい点は、仮想化ファイアウォールやVPNといったオープンなNFVベースのマルチベンダ・ネットワーク・マネジメントであり、これこそサービスプロバイダが収益を向上させ、一般消費者およびエンタープライズが要求する柔軟なサービス提供を実現するために必要だと言えます。」
ジュニパーネットワークスのプラットフォーム・システム部門エグゼクティブ・バイスプレジデント、ラミ・ラヒム(Rami Rahim)は、次のように述べています。「従来からサービスプロバイダのネットワークは声なき声を取り上げ、人々やコミュニティのつながりを強めることによって経済を拡大してきました。ネットワークがエンドユーザーや通信事業者が抱える複雑さを本質的に排除し、ユーザーの嗜好に基づいた使用体験を提供するために即座に適応し、既存のハードウェアをより効率的かつ汎用的に利用できるようにするインテリジェントなソフトウェアを追加できるとしたら、ネットワークの次なる進化が何をもたらすかを想像してみてください。それこそが、リアルタイムでのカスタマイズを可能にする、最適化および自動化されたインテリジェントなネットワークによってジュニパーネットワークスが実現しようとしていることなのです。」

参考資料(英語):

ジュニパーネットワークスのルーティングについて ジュニパーネットワークスは、従来の考え方に果敢に挑戦する企業です。ジュニパーネットワークスは、シリコン、システム、ソフトウェアなど、ネット ワーキング・テクノロジーにおける、すべての画期的なイノベーションによってルーティング・ソリューションを実現しています。これらのイノベーションは、 業界におけるパフォーマンス、スケール、迅速なサービス提供のベンチマークとして、今後も顧客が優れたネットワークを構築する際に競争優位性をもたらしま す。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、ルーティング、スイッチング、セキュリティにイノベーションをもたらします。ネットワーク・コアから消費者向けデバイスまで、ジュニパー ネットワークスのイノベーションはネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワーク スに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。 https://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/ ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

【その他の情報】

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400
Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper Networksロゴ、JunosロゴおよびMetaFabricは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。