プレスセンター

2013

Navigation
ジュニパーネットワークス、パートナープログラムを拡張

―パートナー企業へさらなる収益向上の機会を提供―

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、今年で第2回目の開催となるグローバル・パートナー・コンファレンスにおいて、同社のパートナープログラムである「Partner Advantage Program*」を拡張し、パートナー企業による幅広いサポートサービスの提供を可能にする「Partner Advantage Services**」プログラムと、パートナー企業のクラウド対応ソリューションの構築を支援する「Partner Advantage Cloud**」プログラムを追加したことを発表しました。

「Partner Advantage Program」は、2012年に開始し、現在12,000社を超えるパートナーが参加しています。本プログラムは、パートナー企業を対象に学習ツールを提供する「Reach」、売上向上のための各種報奨制度を含む「Reward」、販売促進を支援する「Accelerate」の3要素で構成されています。

同コンファレンスにおいて追加が発表された「Partner Advantage Services」プログラムは、パートナー企業による自社のインフラストラクチャ全体を通じた幅広い付加価値サービスの市場展開を可能にし、効率性の向上と収益拡大、顧客ロイヤリティの構築を支援します。さらに、製品とサービスが統合されたジュニパーネットワークスのソリューションにより、パートナー企業の専門分野とサービス提供における取り組みを簡素化し、高い価値をもたらします。

また、「Partner Advantage Cloud」プログラムは、パートナー企業に高性能なクラウド対応ソリューションを提供します。ジュニパーネットワークスは、パートナー企業のクラウドサービスとインフラストラクチャの能力を考慮し、他のテクノロジパートナーにつなげることで、ベンダー各社がより簡単に展開できるクラウド対応のバンドルを構築する戦略を掲げています。本プログラムに参加しているパートナー企業には、クラウドサービスの差別化と成長をサポートする各種資料、ツール、リソースが提供されます。

本ニュースに関する主な内容:

  • 「Partner Advantage Services」および「Partner Advantage Cloud」の各プログラムは、パートナー企業との競争ではなく協業を基盤としたサービスとクラウドソリューションを市場に提供することを目的としています。すべてのプログラムは2013年を通じて実施され、年内にすべて導入される予定です。
  • 「Partner Advantage Services」は、従来型の保守管理やサポートから、より専門的な幅広いサービスを通じてパートナー企業による顧客へのサービス提供のサポートを目的としています。同プログラムは、以下の
  • 「Partner Support Services」および「Partner Professional Services」という2つの専門分野で構成されています。 「Partner Support Services」: 保守管理とサポート向けのサービスです。パートナー企業はジュニパーネットワークスのソリューションを活用することで、既存のサポートサービスの補完と拡張が自社のインフラストラクチャのライフサイクル全体において容易に行えます。ジュニパーネットワークスは、パートナー企業によるサービス提供の効率向上を支援する4つの新しいサービストラブルシューティング・ワークショップ(サービスプロバイダ・ルーティング、エンタープライズ・ルーティング、エンタープライズ・スイッチング、セキュリティ)を年内に立ち上げる予定です。
  • 「Partner Professional Services」: パートナー企業のプロフェッショナルサービス能力を評価します。ジュニパーネットワークスのプロフェッショナルサービスの評価、設計、導入に関する指針を共有し、ジュニパーネットワークスの顧客および営業に対して、パートナー企業のプロフェッショナルサービスの推奨を行います。これらを通してジュニパーネットワークスは、意図的にパートナー企業が提供するサービスに頼らざるをえない環境を確立しつつ、パートナーの案件ごとの収益機会および利益の向上を支援します。
  • 「Partner Advantage Cloud」では、パートナー企業のクラウドの処理能力を規定、分類するとともに、各社がジュニパーネットワークスのテクノロジーパートナーシップを活用することで顧客ニーズに応える特有のクラウドソリューションの構築を支援します。これらのサービスには、クラウドに特化したイネーブルメント、マーケティング、ファイナンシング、報奨などのオプションが含まれています。例として、「Juniper Cloud Innovation Fund」では、パートナー企業が「Marketing Development Funds」(マーケティング開発基金)を利用して、ジュニパーネットワークスのテクノロジーをベースにしたクラウド・インフラストラクチャやソリューションを構築できるようになる見込みです。

ジュニパーネットワークス、Worldwide partners and Alliances担当上席副社長、エミリオ・ウメオカ(Emilio Umeoka)は次のように述べています。「弊社は昨年のグローバル・パートナー・コンファレンスにおいて、パートナーチャネルを開いて以来、最大規模のパートナーエコシステムへの投資を発表しました。パートナー企業各社は、昨年全体を通じてこのプログラムを活用し、顧客へのサービス価値を高めると共に、新たな機会を捉えて収益の向上を実現しています。今回発表した『Partner Advantage Program』のサービスとクラウド分野への拡大により、パートナー企業はこれらの大きな市場機会を活かす事のできる統合された高付加価値のプログラムとツールを活用し、長期的な成功を収めることが可能になります。」

*Partner Advantage Programの拡張は今後ワールドワイドで順次展開して参ります。 **これらのツールおよびサービスについては、現在、英語でのみのご提供となっております。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/

  • ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供
  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan

Youtubeジュニパーチャンネルhttp://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F

電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。