プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークス、クラウド・コンピューティング環境向けに、アンチウィルス保護機能を強化した「vGW Virtual Gateway」の最新バージョンを発表

多層化保護アプローチにより仮想データセンターとクラウドを保護

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NYSE- JNPR)は、米国カリフォルニアで開催された「VMworld® 2011」(8月29日~ 9月1日)で、仮想環境向けアンチウィルス保護機能を強化した「vGW Virtual Gateway」 の最新バージョン「vGW Virtual Gateway 5.0」を発表しました。最新バージョンで追加された新機能は、仮想環境に特化したアンチウィルス(AV: Antvirus)保護機能とマルウェアとハッカーの継続的なモニタリング機能で、仮想環境のパフォーマンスの低下をまねいたり大規模仮想環境の実装に制 約をおよぼすことなく、仮想環境を保護します。「vGW Virtual Gateway 5.0」は、総合的な仮想化セキュリティ・プラットフォームを必要としている顧客向けに最適なソリューションです。

「vGW Virtual Gateway」の最新バージョン5.0は、仮想環境下の保護機能、拡張性、コンプライアンス機能の強化に加え、アンチウィルス保護、ハイパーバイザー・コンプライアンス・モニタリング、大規模仮想化セキュリティ管理機能など仮想環境保護のための新しい層の追加によって、モニタリング、ファイヤウォール、侵入検知、またコンプライアンスのための様々な機能を統合したクラウド・コンピューティングのためのUTM(universal threat management: ユニバーサル脅威管理)ソリューションを実現しました。

「vGW Virtual Gateway 5.0」のアンチウィルス機能は、業務を中断させたり企業から基幹業務情報を盗んだりする常駐マルウェアやファイル、そしてVMに隠れるように設計されている悪意のあるプログラムからVMを保護します。「vGW 5.0」のアンチウィルス機能はマルウェアおよびウィルスを検出し、感染したファイルやゲストVM自体を隔離します。

この他にも「vGW Virtual Gateway 5.0」では、下記のような機能強化がされています。

  • VMゴールド・イメージ : 高度なコンプライアンス・チェックの仕組みと個々のセキュリティ要件に対応したセキュリティ状態の継続的なモニタリング機能に加え、このセキュリティ状態が損なわれるような事態が発生した場合のアラート機能と脅威を軽減する幅広いオプション。
  • マルチセンター/管理のサポート : 大規模展開環境における複数のセキュリティ・ポリシーを統合し、すべての地域とデータセンター所在地を網羅する一元化された管理環境を提供。
  • 分割センター管理機能: 1つのVMware vCenter ™ Serverに格納されている情報を複数の個別管理が可能なvGWにセグメント化することで、クラウド・サービスやマルチ・テナント環境のリソース分離効果を向上。
  • ツリー検索機能:Smart Group式ビルダー、またコンプライアンス状態を外れたVMの簡単な隔離機能によって、膨大な数のテナントが存在する環境全体を通じて迅速かつ簡単に検索、分類、移行を実行。

ジュニパーネットワークスのセキュリティ・ビジネスユニット担当シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャ、ダグラス・マーレイ(Douglas Murray)は次のように述べています。「仮想化によってデータセンター業務を最適化することで、企業は多くのメリットを手にできます。セキュリティに不安があるという理由で、大幅なコスト削減をもたらす仮想環境の構築が妨げられることがあってはなりません。当社のvGWシリーズの最新バージョンは、既存の環境に一切影響を与えることなくセキュリティ保護機能の強化を実現するだけでなく、複数のデータセンターを網羅したグローバルな仮想環境全体のスケーラブルな管理を可能にします」

Enterprise Strategy Group社の上級主席アナリスト、ジョン・オルツィク(Jon Oltsik)氏は次のように述べています。「ジュニパーネットワークスは、vGW Virtual GatewayとSRXシリーズで、物理および仮想ネットワーク・セキュリティを統合した革新的なソリューションを実現しています。vGW 5.0バーチャル・ゲートウェイによって、深いレベルの保護機能と一元化されたセキュリティ管理を実現する、緊密に統合された仮想ソリューションを提供します」

VMware社のグローバル・ストラテジック・アライアンス担当バイス・プレジデント、パラグ・ペイテル(Parag Patel)氏は次のように述べています。「当社は、VMware仮想化プラットフォームを拡張し、仮想データセンターの安全で継続的な運用を実現するセキュリティ・パートナーの皆様の活動を促進、支援しています。確固とした目的にしたがって構築されている仮想化セキュリティ機能は、クラウド・コンピューティング環境で基幹業務に関わる価値の高いリソースを管理しているすべての企業にとって、必要不可欠な要素です」

出荷時期について

「vGW Virtual Gateway 5.0」は2011年第4四半期はじめに提供開始の予定です。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

【その他の情報】

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

【その他の情報】

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。VMware、VMware vCenterおよびVMworldは米国ならびに世界各国におけるVMware, Inc. 社の登録商標または商標です。 本リリースで使われている「パートナー」または「パートナーシップ」という語は、VMware 社および他の企業との間における法的パートナーシップ関係を示すものではありません。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社
第一業務局 小野、児玉、山崎
TEL: 03-3571-5326
E-mail: japanmedia@juniper.net