プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークス、超高速で柔軟性の高い学術情報ネットワークSINET4を支援

Junos OSを活用し、国立情報学研究所がJunos SDKを搭載した仮想開発プラットフォームを提供

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 細井 洋一、以下 ジュニパーネットワークス)は、本日、国立情報学研究所(所在地:東京都千代田区、所長:坂内正夫、以下 NII)が運用管理する次世代学術情報ネットワーク「SINET4」(サイネット・フォー)に、ジュニパーネットワークスの3Dユニバーサル・エッジルーター「MXシリーズ」、「Junos® OS」、「Junos SDK(ソフトウェア開発キット)」が採用されたことを発表しました。

SINETは、日本全国700以上の大学や研究機関を接続する学術情報ネットワークです。2011年4月から、より高い帯域幅、多様なサービス、ユーザー数の拡大といった要求に効率的に対応できるよう設計された次世代ネットワークSINET4の運用が開始されました。「MXシリーズ」、「Junos OS」、「Junos SDK」は、SINETで必要とされる、より大容量かつ高インターフェースレートで、ダイナミックなネットワークサービスと高パフォーマンスを提供し、これまで以上に多くの機関が利用できるネットワークを実現しました。

SINETは、主に、大容量ファイルの転送や超高速処理が求められる研究分野の学術情報基盤として利用されています。この研究分野には、高エネルギー物理学や核融合をはじめ、天文・宇宙科学、ゲノム解析、ナノテクノロジー、シミュレーション科学、グリッド・コンピューティングなどが含まれます。SINETは、米国のInternet2や欧州のGÉANT2など海外の高速研究ネットワークとも相互接続し、学術情報ネットワークの国際的な連携の一翼を担っています。

国立情報学研究所では、今回の導入について次のようにコメントしています。「先端学術情報ネットワークでは、際限なく高度なサービスや帯域幅を求める研究者の要求に応えるため、常に最先端の機能を備える必要があります。SINET4で設定した目標を達成するためには、サービス拡張性の更なる向上と、よりオンデマンド性を意識したネットワークサービス提供のためのルーティング・プラットフォームが必要でした。ジュニパーネットワークスのMXシリーズにより実現した多次元にわたる拡張性により、帯域幅やサービスの拡張に柔軟に対応できると同時に、Junos SDKによって我々独自のネットワークアプリケーションの開発をすることができます」

SINET4では、SINET3で提供されていたレイヤー1~3の複数レイヤーのネットワークサービスに加え、リソース・オンデマンドの提供や、さらに高いレイヤーのサービスも可能になります。NIIの研究者は、「Junos SDK」を利用して各仮想スライス上でネットワークアプリケーションの開発・評価を行っています。さらに「Junos」の機能により、SINET4のネットワーク・インフラ全体にわたるダイナミックなコンフィギュレーション変更が行えます。

ジュニパーネットワークスのマーケティング・事業戦略担当副社長、マイク・マルスラン(Mike Marcellin)は次のように述べています。「SINET4は、新たなネットワークの創造を目指すジュニパーネットワークスのシリコン技術、ソフトウェア技術の革新性を実証するものです。プログラマブルで包括的なアプローチによるネットワーク設計を可能にするJunosは、SINET4にとって中核的役割を果たします。Junos SDKを活用して整合性を持ったクロスネットワーク・プラットフォームを構築することによって、NIIは新世代のダイナミックなネットワークサービスを新たに切り拓くことができます」

SINET4の中核を担うジュニパーネットワークスの「MX960」は、東京と大阪のスーパーノードを含め、全国8カ所のコアノードとして導入されています。「MX960」は、1台あたり2.6 Tbpsの処理能力を持ち、大規模な拡張を可能にするとともに、最高100Gbpsまでの回線速度に対応します。また、「Multiservice Dense Port Concentrator」を搭載することにより、高機能IPsec、J-Flowアカウンティング、トンネルサービスやフォワーディングプレーンとJunos SDKアプリケーションの連携など広範なアプリケーションやサービスの同時稼働が可能になります。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/ ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper Networksは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社 第一業務局 小野、児玉 TEL: 03-3571-5326 E-mail: japanmedia@juniper.net