プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークス、携帯端末のセキュリティ動向に関する調査結果を発表

2010年夏以降、Android端末を標的とするマルウェアが400%増加

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NYSE- JNPR、以下 ジュニパーネットワークス)は、携帯端末のセキュリティ動向に関する調査の結果「悪質な携帯端末攻撃に関する報告書(Malicious Mobile Threats Report) 2010/2011」を発表しました。マルウェアによる最近のセキュリティ攻撃事例を詳細に調査したこの調査により、企業や消費者の携帯端末に対する攻撃が記録的に増えていることが明らかになりました。Wi-Fiをターゲットにした攻撃が高いのに加え、特筆すべきは、Android 端末を標的としたマルウェアが400%も増加していることです。ジュニパーネットワークスは、調査報告書で、新たな脅威の概要と、携帯端末への侵入を防ぐために消費者や企業/SMB、政府機関が講じるべき対策を提言しています。

スマートフォンが、PCに代わる個人および業務用のコンピュータ利用手段として台頭する中、サイバー犯罪集団も携帯端末に注目し始めています。同時に、ハッカーの能力と組織の防御力のギャップも広がる一方です。こうしたことから、モバイル・セキュリティに対する意識の向上や、厳格な統合モバイル・セキュリティ・ポリシーとソリューションの必要性が改めて実証されます。

Infonetics Research社の主席アナリスト、ジェフ・ウィルソン(Jeff Wilson)氏は次のように述べています。「この18か月間に、世間を騒がせるような攻撃が集中的に発生しました。これまで、ハッカーが標的としていたのは従来型のデスクトップ・コンピューターでしたが、今、彼らが狙っているのは携帯端末です。OSが強化され、機能豊富な携帯端末が急増するのに伴い、利益を追い求めるハッカーは携帯端末を標的にするようになっています。当社が最近行った調査によれば、大企業の40%近くが、もっとも攻撃されやすいデバイスとして、スマートフォンを挙げています。IT部門は、ネットワークの中枢から広範な端末までを管理し、保護しなくてはなりません。企業が今、必要としているのはそうした包括的防御を可能にするセキュリティツールです」

「悪質な携帯端末攻撃に関する報告書(Malicious Mobile Threats Report) 2010/2011」は、主に携帯端末プラットフォームおよび技術を対象に24時間体制でセキュリティ、脆弱性、マルウェアに関する研究を専門におこなっている「ジュニパーネットワークス・グローバル脅威センター(Juniper Networks Global Threat Center: GTC)研究所(オハイオ州コロンバス)が作成しました。GTCは、2010年から2011年にかけてますます巧妙になっているMyournet/Droid Dream、Tap Snake、Geinimiなどのマルウェア攻撃や、アプリケーション「Walk and Text」の海賊行為、モバイルサイバー犯罪など新たな脅威の動向、携帯端末やデータへの侵入や悪用の可能性などを調査しています。

主な調査結果:

  • App Storeの問題: 携帯端末のマルウェア感染の最大原因がアプリケーションのダウンロードであるにもかかわらず、スマートフォン・ユーザーの大多数はマルウェアをスキャンするウィルス対策ソリューションを導入していない。
  • Wi-Fiの問題: 攻撃者が被害者のメールやソーシャル・ネットワークに容易にログインできてしまうアプリケーションなどのWi-Fi攻撃を、携帯端末がますます受けやすくなっている。
  • テキストの脅威: マルウェア感染のうち17%は、有料サービスにSMSメッセージを自動送信してしまうトロイの木馬によるもので、ユーザーや企業に取り返しのつかない費用を発生させるという事例が多発している。
  • デバイスの紛失・盗難: ジュニパーネットワークスの顧客20社のうち1社が端末を紛失したり盗まれたりしたと報告しており、位置の特定や遠隔ロック、データの消去などの対応が必要。
  • 10代の危険な行動: 10代のユーザーの20%が、不適切なコンテンツやわいせつなコンテンツを携帯端末から送信したことがあると回答。
  • 「ドロイドの災難」: アンドロイドを標的とするマルウェア攻撃が、2010年夏以降400%増加。

ジュニパーネットワークスのチーフ・モバイルセキュリティ・エバンジェリストであるダン・ホフマン(Dan Hoffman)は、次のように述べています。「今回の調査報告から、セキュリティに関する知識や関心のないユーザーが、携帯端末向けのセキュリティ・ソリューションを使用せずに、安全が確認されていないソースから安易にアプリケーションをダウンロードしているという最悪の状況がわかります。何千ものユーザーにインストールされた後で悪質であると認められたアプリケーションを受動的に削除するというApp Storeのやり方は、マルウェアの蔓延を防ぐ手段として十分とはいえません。モバイル攻撃を受けにくくするには、特別な策を講じなくてはなりません。企業も消費者も、インターネットは利便性と同時にリスクの増大をもまねくものであることを認識する必要があります」 携帯端末のマルウェアの脅威の増大からの防御として、同報告書では次のことを提言しています。

消費者:


  • オンデバイスのマルウェア対策ソリューションをインストールして、悪質なアプリケーション、スパイウェア、感染したSDカード、デバイスへのマルウェアベースの攻撃を防ぐ。
  • オンデバイスのパーソナル・ファイアウォールにより、デバイスのインターフェースを保護する。
  • デバイスへのアクセスに堅牢なパスワード保護をかける。
  • スパム対策ソフトウェアを導入し、不要な通話やSMS/MMS通信を防ぐ。
  • 未成年の保護者は、デバイス使用状況監視ソフトウェアを用いて、未成年の携帯端末の使用状況を管理・監督し、ネットでのいじめ、ネット上のストーキング、侵入行為や不適切な使用法、その他の脅威を防ぐ。

企業、政府機関、SMB:

  • オンデバイスのマルウェア対策ソリューションをインストールして、悪質なアプリケーション、スパイウェア、感染したSDカード、携帯端末へのマルウェアベースの攻撃を防ぐ。
  • SSL VPNクライアントを使用して、転送中のデータを保護する。また、適切なネットワーク認証とアクセス権を確保する。
  • デバイスの紛失・盗難に備え、位置の特定、遠隔ロック、データ消去、バックアップ、復元を行う管理を一元化する。
  • セキュリティの高いPIN/パスコードの使用を義務付けるなど、セキュリティ・ポリシーを積極的に実施する。
  • データ流出や不適切な使用を発見するために、デバイスの活動を監視するツールを活用する。
  • セキュリティ・ポリシーの実施と報告を行う携帯端末管理を一元化する。

「悪質な携帯端末攻撃に関する報告書(Malicious Mobile Threats Report) 2010/2011」(英文)は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/us/en/dm/interop/go/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイ
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-03-5333-7400

Juniper Networksは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社
第一業務局 小野、児玉
TEL: 03-3571-5326
E-mail: japanmedia@juniper.net

(米国リリース抄訳)
当資料は、2011年5月10日発表の米国ニュースリリースの抄訳版です。