ジュニパーについて

Navigation
経営陣
  • デバシス・バス
    デバシス・バス

    エンジニアリング担当上席副社長 – シリコンおよびシステム技術

    デバシス・バスは、エンジニアリング担当上級副社長として、ジュニパーのシリコンおよびシステム技術組織を統括。 この役職において、ASIC 開発全般とともに、シグナル インテグリティ、メカニカル、サーマル、電源をはじめとするジュニパー システムのあらゆる技術ソリューションの提供を担当している。 前職は ASIC 開発担当副社長。

    ジュニパーに在籍して 16 年になるバスは、複数の上級管理職を務め、最先端のシリコンおよびシステム技術を提供するジュニパーの強力な実績を陰で支える原動力となっている。 1998 年に、T640 チップセットの個人貢献者およびチップ リーダーとしてジュニパーに入社。 以来、M シリーズ ルーター、T シリーズ コア ルーター、MX シリーズ 3D ユニバーサル エッジ ルーター、PTX シリーズ パケット トランスポート ルーターなど主な製品ファミリーに直接貢献してきた。

    経歴および経験には、C-Cube Microsystems、Silicon Graphics、Tandem Computers、Advanced Micro Devices での主要なエンジニアリングに関する役職がある。 これまでに 20 件を超えるジュニパーの特許を取得。

    ジャダフプール大学で電子機器および電気通信エンジニアリングの工学学士号、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で電気工学の理学修士号を取得。 さらに、スタンフォード大学経営大学院でスタンフォード エグゼクティブ プログラムを修了している。