ジュニパーについて

企業責任

Navigation
国際貿易

ジュニパーは、ジュニパー製ハードウェア/ソフトウェア製品およびテクノロジの輸入、輸出、再輸出、使用に関して適用されるすべての法規制に準拠して事業を行います。この義務は、ジュニパーの従業員と請負業者だけでなく、ジュニパーのサプライヤ、ベンダー、チャネル パートナーにも適用されます。

以下の貿易管理に関する情報は、法的な助言を意図しておらず、各地域の適用法規制に代わるものではありません。その他の情報は「リソース」セクションでご確認いただけます。

各国の貿易管理法

拠点の地域などさまざまな要因に応じて、特定の取引や製品に複数の国の規制が適用される場合があります。一国の規制コンプライアンスを達成しても、製品の輸出、再輸出、輸入、使用に適用される他の国の規制に準拠する義務が免除されることはありません。

米国の輸出規制は、製品の製造、購入、使用の場所と方法およびエンド ユーザーの国籍にかかわらず適用されます。米国およびその他の国では、ジュニパーの製品がエンド ユーザーにジュニパーから直接納入されたか、その他の方法で間接的に納入されたかを問わず、ジュニパーの製品の再輸出が制限されています。

一般的な輸出規制

貿易管理の運用は複雑であり、国や法域によって大きく異なります。ただし、一般に輸出規制には以下の禁止事項が含まれます。

禁輸対象国/地域への輸出の禁止。たとえば、米国の規制が適用される製品/テクノロジをキューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、クリミア地域に輸出または再輸出することは禁止されています。

制裁対象者への輸出の禁止。 たとえば、米国政府は複数の制裁対象者リストを公開しており、これらの対象者への輸出は全面的に禁止されているか特別な許可を必要とします。

禁止されている活動の支援を目的とした製品/テクノロジの使用の禁止。 一般に禁止されている活動には、軍事またはミサイル テクノロジの使用に関するものや、大量破壊兵器の開発、製造、運用に関する活動などがあります。

一般には禁輸対象でない地域や規制対象でないエンド ユーザーに対する規制対象製品の無許可輸出の禁止。 たとえば、暗号化製品/テクノロジや電気通信製品/テクノロジには特別な規制が適用される場合があります。

許可が必要な輸出における規定された条件や制限に対する違反の禁止。 たとえば、製品の出荷前に政府機関に通知することを求める許可要件に厳密に準拠する必要があります。

他者による輸出規制の違反または迂回を支援する行為、または輸出規制を違反して輸出された製品の他者による使用を隠蔽または支援する行為の禁止。たとえば、次のような状況です。ジョーは米国の規制に違反して製品を輸出し、ジェーンはジョーの違反を認識しています。違法に輸出された製品に対してジェーンがサポート サービスを提供すると、ジョーの違反とは別に、ジェーンは米国輸出規制に違反したことになります。

貿易コンプライアンス ヘルプデスク

ジュニパー製品の輸出分類に関するご質問は、貿易コンプライアンス ヘルプデスク(tradecompliance@juniper.net)までお問い合わせください。

ジュニパーの輸出規制コンプライアンス ポリシーとその実施方法や手続きに関するご質問は、tradecompliance@juniper.net までお問い合わせください。

貿易コンプライアンス ヘルプデスクは、法的な助言を意図しておらず、各地域の適用法規制に代わるものではありません。その他の情報は「リソース」セクションでご確認いただけます。

貿易管理に関する法的な助言については、弁護士または貿易コンプライアンスの専門家にご相談ください。

フォーム

エンド ユーザー証明書。ジュニパーのハードウェア/ソフトウェア製品の購入またはその他の方法での入手に関連してエンド ユーザー証明書の提出を求められた場合は、こちらのフォームに必要事項を入力し、ご署名の上、tradecompliance@juniper.net まで返送してください。

輸出ライセンス申請情報シート(ELAIS:Export License Application Information Sheet)およびその他のチャネル パートナー用フォーム。ジュニパーのチャネル パートナー様が特定の取引に関連して ELAIS、リセラー証明書、その他の輸出コンプライアンス フォームを提出する必要がある場合は、パートナー センターにログインしてフォームを入手してください。パートナー センターでフォームが見つからない場合は、tradecompliance@juniper.net までお問い合わせください。

Resources

米国の輸出規制および制裁

EU の輸出規制

その他の国別情報