ジュニパーについて

アナリスト向け情報

Navigation
  • 概要

    ジュニパーネットワークスの成功および成長は、部分的には業界のアナリストや影響者との緊密な関係によって導かれています。ジュニパーネットワークスのグローバル アナリスト リレーション チームは、頻繁なコミュニケーションを通じ、双方向の関係の維持に全力を尽くしています。

    ジュニパーネットワークスがコストを削減し、投資を最大化しつつ、幅広い選択肢と制御機能を備えたソリューションをどのように提供しているかをアナリストに知ってもらうことは非常に重要です。

    ジュニパーネットワークス AR ニュースレター

    ジュニパーネットワークスは、新しいお知らせ、ホワイトペーパー、データシート、導入事例などを通じて業界アナリストに最新情報を提供することに力を注いでいます。ジュニパーネットワークス AR ニュースレターを受け取るには、
    サラ・ミッチェルまで電子メールでご連絡ください。

    リソース

  • アナリストの認識

    ジュニパーネットワークス、Gartner の『Magic Quadrant for Data Center Networking』2018 年版でリーダーに選出

    Gartner の『Magic Quadrant for Data Center Networking』、アンドリュー・ラーナー、ジョー・スコルパ、2018 年 7 月 11 日。

    この図は Gartner, Inc. が作成した大規模な調査文書に記載されているものです。評価する際は、文書全体の内容を確認してください。こちらの Gartner の文書をお求めの場合は、ジュニパーネットワークスまでお問い合わせください。

    Gartner は、調査発行物に記載されたベンダー、製品、サービスを支持することはなく、これらのベンダーのみに最高の評価やその他の称号を与えてテクノロジ ユーザーに推奨することはありません。Gartner の調査発行物は、Gartner の調査部門の意見で構成されており、事実の記載として解釈することは禁じられています。Gartner は、明示または黙示を問わず、特定目的での商品性または適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません。

    「ジュニパーネットワークスは電気通信業界の有力企業であり、単一の OS である JunosOS をベースとした製品ポートフォリオを持ち、データ センターからキャンパス エッジまで対応しています。同社は従来のスイッチ管理向けの独自の管理ソリューションを提供しており、顧客は自動化向けの中心的ツールとして Contrail や OpenContrail コントローラを選ぶことができます。データ センターからビジネス エッジまでネットワーク全体を統一された OS で自動化したい場合は、ジュニパーネットワークスを検討することをおすすめします」

    - The Forrester Wave™: Hardware Platforms for Software-Defined Networking (SDN)、2018 年第 1 四半期

    『Gartner Peer Insights Customers’ Choice for Data Center Networking』にジュニパーネットワークスが選出されました。




    「通信事業者、クラウド サービス プロバイダ、企業は、トラフィックの急増に効率的に対応することを常に求められており、そのための解決策として 400G に注目しています。2018 年は商用 400G 市場の元年となる年でした。2019 年には、試験導入された 400G が、WDM、サービス プロバイダ ルーティング、データ センター スイッチングの各アプリケーションで実稼働環境に導入され、市場規模が拡大する見込みです。400G テクノロジに対する投資額は今後 5 年間で 100 億ドルに達すると当社は予測しています」

    - IHS Markit、シニア リサーチ ディレクター、マサイアス・マチョウインスキー氏

    「新しいハードウェア向けの Penta Silicon を通じて、ジュニパーネットワークスはさらなる高スピードを求めるキャリアをサポートすることになります」

    - 451 Research、チーフ アナリスト、エリック・ハンゼルマン氏

    「現在はまだ 100 GbE が使用されていますが、より高速のインターネットを顧客に提供するというジュニパーネットワークスの判断は理にかなっています。400 GbE テクノロジに対する支出額は今後 5 年間で 100 億ドルに達すると当社は予測しています」

    - IHS Markit、シニア リサーチ ディレクター、マサイアス・マチョウインスキー氏

    「ジュニパーネットワークスはサービス プロバイダやネットワーク通信事業者からなる強固な基盤を有していますが、容量に対するさらなる需要が発生しています。新しいプラットフォームに Penta Silicon を搭載することで、ジュニパーネットワークスは競争優位性を獲得できるでしょう」

    - 451 Research、チーフ アナリスト、エリック・ハンゼルマン氏

    「業界は徐々にクラウドベースでのネットワーク機能とサービスの導入に移行していますが、高性能なルーティング ハードウェアやカスタム シリコンは、引き続きネットワーク サービスに幅広く対応するための重要な要素となります。Juniper Penta Silicon の発表は、ジュニパーがこれからもルーティング用のシリコンとプラットフォームの開発を推し進めて、ネットワーク運用者が現在のサービスやアプリケーションをより効率的にサポートしながら将来に備えられるように支援することを示しています」

    - IHS Markit、IP および光ネットワーク担当シニア リサーチ ディレクター、ハイディ・アダムズ氏

    「企業セグメントは、2018 年第 1 四半期のジュニパーネットワークスの業績における明るい材料であり、中でも金融サービス企業の伸びは目立っていました。ジュニパーは、スイッチング、オーケストレーション、セキュリティの分野で、企業の潜在顧客に対して強気の見通しを持っています。特にハイブリッド IT とマルチクラウド関連では、先日発表された Contrail Enterprise Multicloud は、「インテントベース ネットワーキング」を使用して異種のマルチクラウド アプリケーション環境で一貫したネットワーク/セキュリティ ポリシーを適用でき、企業にとって最適なサポートを提供します」

    - ブラッド・ケースモア氏、ロヒット・メーラ氏、 Juniper 1Q18 Earnings: Looking Beyond Cloud Transitions, Juniper Sees Multicloud Opportunities Ahead、2018 年 5 月

    「組織内のデータ センターと複数のクラウド環境にワークロードを分散させる企業が増え、ネットワークがさらに複雑化し、ネットワークの管理要件も増えています。俊敏性を高めるために、こうした組織の多くはエンドツーエンドの管理とオーケストレーションによってネットワークの制御と可視性の向上を図っています。ジュニパーネットワークスの Contrail Enterprise Multicloud は、変化し続けるネットワークの管理を簡素化するうえで必要な機能を提供してくれます」

    - 650 Group、設立者兼テクノロジ アナリスト、アラン・ウェックル氏

    「ジュニパーネットワークスは、ファブリックの仮想化要素の開発において、主要ネットワーク セキュリティ ベンダーの大半の競合企業よりも先行しています。また、実績があり、広く導入されている SDN コントローラ/オーケストレーション ソリューションも保有しています。顧客、特に大手の顧客は物理環境と仮想環境をつなぐソリューションに目を向けているため、今後ジュニパーネットワークスは際立った存在になるでしょう」

    - IHS Markit、サイバーセキュリティ テクノロジ担当リサーチ ディレクター兼アドバイザー、ジェフ・ウィルソン氏

    「マルチクラウド環境の導入が増すにつれ、ネットワークの俊敏性を達成するための不可欠な要素として、インテリジェントな自動化と運用の簡素化が重要だという認識が広まってきました。さらに、IDC の調査によると、ネットワークの俊敏性とビジネスの俊敏性に直接的関連性があることを認識している企業も増えています。ジュニパーネットワークスは、製品ポートフォリオを拡張し、継続的にマルチクラウド ネットワークに取り組み、運用の簡素化を実現しています。運用の簡素化は、デジタル変革の大きな枠組みの中でビジネス成果を生み出すネットワークを構築するために不可欠なものです」

    - IDC、データセンター ネットワーク調査担当副社長、ブラッド・ケースモア氏

    「ネットワーク運用者は、最高品質のコヒーレント モジュールに対応した、柔軟で分離された光回線ソリューションを求めています。ジュニパーは Programmable Photonic Layer と proNX Optical Director により、ネットワーク ハードウェアから分離された一元的でオープンな光回線システム コントロール ソフトウェアを初めて提供したベンダーとなりました。今日の発表には、ジュニパーネットワークスがオープンでプログラム可能なパケット光伝送ネットワークに移行する顧客を支援していることが現れています」

    - Ovum、プリンシパル アナリスト、ドン・フレイ氏

    「ジュニパーネットワークスには、ネットワークのオーケストレーションとセキュリティの両方における確かな実績があります。今後 5 年間は、ネットワーク インフラストラクチャの変革を計画している企業にとって非常に重要です。複雑な SDN 対応ネットワークを導入している場合は、ネットワーク オーケストレーションの深い専門知識を持ったベンダーを検討するべきでしょう」

    - IHS Markit、サイバーセキュリティ テクノロジ担当リサーチ ディレクター兼アドバイザー、ジェフ・ウィルソン氏

    「ルーティングや伝送に関する顧客の要件は急速に進化しており、キャリアクラスの機能とクラウドベースの規模、そしてクラウド ネットワークのアーキテクチャや導入方法に合わせやすいシンプルさが求められています。この発表を受け、ジュニパーネットワークスは従来のサービス プロバイダとクラウド両方に対応していくでしょう。彼らは、5G、機械学習、AI など、次世代のワークロード専用に構築された新しいアーキテクチャとプラットフォームを必要としています」

    - 650 Group、設立者兼テクノロジ アナリスト、アラン・ウェックル氏

    「ジュニパーネットワークスの Software-Defined Secure Networks 統合サイバーセキュリティ プラットフォームは、ネットワーク全体とオープン エコシステムを活用しています。これは今日のネットワークを可能な限り安全に保つために顧客が取るべき正しい防衛態勢です。顧客が多様なクラウド環境に急速に移行し続ける中、単一のベンダーやエンドポイント製品がサイバー犯罪者を止めることはもはや不可能だからです。ジュニパーネットワークスは、自動化、機械学習、リアルタイム インテリジェンス、サードパーティー製デバイスの併用、技術パートナーとの統合、オープンな API セットを備えたソリューションを提供し、本物の統合セキュリティを実現しています」

    - IDC セキュリティ製品プログラム担当リサーチ ディレクター、ロブ・アヨウブ氏

    「ジュニパーネットワークスのセキュリティ ビジネスに多くの努力と投資を継続的に行い、ポートフォリオの競争力を高め、差別化を図っています」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏、ロヒット・メーラ氏

    「IDC では、SDSN(Software-Defined Secure Networks)戦略などのジュニパーネットワークスの最近のセキュリティ イニシアチブは、市場ニーズやトレンドによく適合していると思います。特に、AI や機械学習の進歩を通じ、広く浸透している固有のセキュリティ インテリジェンスを備えたネットワーク ファブリックに投資する SDSN アプローチは、積極的なポリシーベースの検知およびポリシー適用を提供するためにうまく活用されているようです。これはジュニパーネットワークスの多様化している顧客ベースにおいて展開されているデジタル変革に伴って必要になるでしょう」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏、ロヒット・メーラ氏

    「ジュニパーネットワークスの DC イーサネット スイッチの収益は、前期比で 18% 増、前年同期比で 50% 増でした。ジュニパーネットワークスの成長は 2016 年 第 4 四半期も続きました。これは昨年のジュニパーネットワークスのスイッチ関連の収益の 25% を占めたクラウド プロバイダからの強い需要によるものです。また、2016 年度の QFX 製品の売上高は 50% 増、2016 年第 4 四半期の前年同期比では 90% 増となりました」

    - IHS Markit、シニア リサーチ ディレクター兼クラウド、データ センター、および SDN アドバイザー、クリフ・グロスナー博士

    「ジュニパーネットワークスの Open Cloud Interconnect により、企業は IP と光ケーブル DCI の両方の市場への第一歩を踏み出せるようになり、BTI テクノロジは光ケーブル分野の差別化要素になります」

    - Dell’Oro Group、担当副社長、シン・ウメダ氏

    「Unite Cloud は、ハイブリッド クラウドとマルチクラウドの導入に関するメガトレンド、複雑さ、顧客の懸念に対応しています」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏

    「あらゆる種類のネットワーク事業者がクラウド ビジネスによる収益成長を求める中、DCI ネットワークの拡張と運用の課題を解決することがますます重要になっています。DCI ネットワークは現在、シンプルなポイントツーポイントの構成からマルチサービスの高度なメッシュ ネットワークまで多岐にわたります。ジュニパーネットワークスでは、Open Cloud Interconnect を活用し、DCI ネットワークにおけるこの多様性を認識し、クラウド プロバイダ、サービス プロバイダ、大企業向けに、DCI ネットワークの設計と運用全体の簡素化に対応した、柔軟性に優れたマルチレイヤーのソリューション セットを市場に投入しています」

    - IHS Markit、伝送ネットワーク担当シニア リサーチ ディレクター、ハイディ・アダムズ氏

    「企業がさまざまなクラウド サービス プロバイダ(CSP)を利用するメタクラウド(マルチクラウド)は重要なトレンドとなり、ハイブリッド クラウド アーキテクチャを補完する代表的なものになっています。メタクラウドとハイブリッド クラウドでは、複数の DC サイトを適切に管理できるネットワークが要求されます。最近発表された IHS Markit のレポート* によると、2018 年までに、平均で 8 種類の CSP の使用を検討しているという回答が得られました。これは、コストを削減しながら、ハイブリッドおよびメタクラウド環境を容易に構築、自動化、管理できるソリューションのニーズが高まっていることを示しています」

    - IHS Markit、クラウドおよびデータ センター リサーチ担当シニア リサーチ ディレクター兼アドバイザー、クリフ・グロスナー氏

    「ジュニパーネットワークスでは、クラウドの活用に重点的に取り組んでおり、クラウド プロバイダの提供や、電気通信分野の顧客や企業のクラウド構築の要件対応において、重要な役割を果たしています」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏、ロヒット・メーラ氏

    「データセンター スイッチングは、今後の企業の力の要になるでしょう。ジュニパーネットワークスの QFX スパイン スイッチの売上は着実に伸びており、ジュニパーネットワークスがこれまで経験してこなかった分野への参入を後押ししています」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏、ロヒット・メーラ氏

    「AppFormix の買収はジュニパーネットワークスの戦略的方向性と完全に一致したものであり、ジュニパーネットワークスの顧客にとっては、セルフドライビング インフラストラクチャのコンセプトの実現に一歩近づくものとなるでしょう」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏、ロヒット・メーラ氏

    「ジュニパーネットワークスは、2016 年第 3 四半期に 2 億 2,200 万ドルまで成長し、スイッチング業界で史上最大規模に達しました。データ センター スイッチングにおける四半期収益が 1 億ドルを上回るすべてのベンダーの中で、ジュニパーネットワークスは最も堅調な連続的成長を見せています」

    - Dell’Oro Group

    「ジュニパーネットワークスは、ネットワーキングとセキュリティ向けにデジタル コヒージョンという新しいビジョンを提示し、人工知能と機械学習を使用してハイパフォーマンスでセキュアなネットワークを実現するソート リーダーと位置付けられるようになりました」

    - IHS Markit、クリフ・グロスナー氏

    「ジュニパーネットワークスは、SDx/クラウド、自動化、セキュリティのイノベーション パイプラインに投資し、同社の技術の採用と活用を促進するためのプロフェッショナル サービス スイートを開発してきました」

    - IDC、ブラッド・ケースモア氏

    「ジュニパーネットワークスのサービスは、IT、運用、ビジネスの成果を生み出すサービス主導型のエンゲージメントへの転換に取り組んでいます。この動きを推し進めるための方法論、ツール、プロセスを開発しています」

    - IDC、レスリー・ローゼンバーグ氏

    「ラミ・ラヒム氏の指導の下、ジュニパーネットワークスの 2 回目のアナリスト会議 NXTWORK が開催されました。ラヒム氏の舵取りにより、ジュニパーネットワークスのビジョンと戦略はますます差別化され、焦点が絞られました」

    - IHS Markit、クリフ・グロスナー氏

    「ジュニパーネットワークスの自動ネットワークに関する長期ビジョンは興味深いものでした。これは、Self-Driving Network と呼ばれています。Self-Driving Network において接着剤のような役割を担う自動化は、ジュニパーネットワークスの DNA の中にあります。ジュニパーネットワークスがネットワーク自動化に意欲的な目標を設定して、ネットワーク業界のモダナイズを試みたことに私は拍手を送ります」

    - ESG ネットワーク アナリスト、ダン・コンデ氏 (「Juniper Networks’ Audacious Goals for Automated Networking」より引用)

    「Policy Enforcer の発表で、ジュニパーネットワークスが去年から進めてきたセキュリティ ビジョンの姿がはっきりとしてきました。これは大きな前進で、主にオーケストレーションの自動化と広範囲のポリシー適用を進めています」

    - IDC、ロブ・アヨウブ氏

    「ジュニパーネットワークスは、長きにわたって自動化とオーケストレーションにおける専門知識を蓄積しています。また、新しい Policy Enforcer は、ファイアウォールとスイッチ間のセキュリティを一元管理する手法として優れた価値があります。脅威がかつてないほど拡大をみせる中、オーケストレーションと自動化が脅威にさらされるリスクを低減する鍵となります」

    - IHS Markit、サイバーセキュリティ テクノロジ担当リサーチ ディレクター兼アドバイザー、ジェフ・ウィルソン氏、 Juniper Networks Extends Software-Defined Secure Networks with Advanced Automated Enforcement and Threat Protection

    「ジュニパーネットワークスの新製品 EX シリーズ アクセス スイッチは、選択肢が豊富な製品なので、キャンパスや支店からの高まる要件にも対応することができます。ユーザー側が帯域幅の増加を求める一方で、IT 部門側はプロビジョニングと管理の簡素化を目指しています。MACsec 暗号化が追加された EX3400 は、規制環境(政府機関や金融サービスなど)のセキュリティ ニーズに対応しながら、ゼロタッチ プロビジョニング、バーチャル シャーシ技術といった一般的な機能によって導入が容易になりました。また、この新しい EX スイッチは、Junos Fusion Enterprise のスケールアウト可能で簡素化された管理アーキテクチャに関心を持つお客様にビルディング ブロックを提供します」

    - Enterprise Strategy Group、アナリスト、ダン・コンデ氏

    「新しい cSRX は非常に小型で、オーバーヘッドを支払う必要がありません」

    - ESG、ネットワーク アナリスト、ダン・コンデ氏

    「セキュリティが SDN 導入を加速する決め手になると思います。セキュリティは SDN を補完し、企業がこの 25 年以上ネットワークの拡張で取り組んできた大きな問題の 1 つを解決できます。ネットワーク全体のポリシー、検知、適用を実装する運用効率の高い方法です。ジュニパーネットワークスは Software-Defined Secure Network のビジョンのもとで、その方向に進んでいます」

    - NSS Labs、セキュリティ、テスト、およびアドバイザリ担当副社長、マイク・スパンバウワー氏

    「ジュニパーネットワークスは Security Director ユーザー インターフェイスで成果をあげていますが、まだ遅れているベンダーもあります」

    - ESG、ネットワーク アナリスト、ダン・コンデ氏

    「ネットワーク機能仮想化には、資本コストと運用コストの削減、俊敏性、サービス作成の面で、いくつものメリットがあります。しかし、他の新しい技術アーキテクチャを採用する場合と同様に、通信事業者は、初期導入の期間を短縮するためのベスト プラクティスとガイダンスをベンダー コミュニティに求めています。サービス プロバイダは、ジュニパー ネットワークスと認定ネットワークの持つ実証済みの技術と、商用ネットワークに仮想化を導入する実地経験を組み合わせたものを考慮すべきでしょう。通信事業者が仮想化モバイル ネットワークがもたらすプラスの影響をすばやく実感するための、貴重な青写真を提供してくれます」

    - IHS Infonetics、シニア リサーチ ディレクター、マイケル・ハワード氏

    「ジュニパーネットワークスは現在、次世代のインフラとサービスにおいて最も信頼できるベンダーです」

    - Heavy Reading Survey、2015 年 9 月

    「SDN-NFV 変革の詳細な手順が各サービス プロバイダによって定義されているため、しばらくは現世代の大容量コアおよびエッジ ルーターが使用されると私たちは考えています。サービス プロバイダはすでにジュニパーネットワークスの SDN 対応 MX シリーズを本番ネットワークの物理および仮想ルーターとして導入しています。これは、サービス プロバイダが SDN ベースおよび NFV ベースのネットワークに移行していること、また、サービス プロバイダのルーティング収益の世界市場において、2015 年第 3 四半期にジュニパーネットワークスが第 2 位を占めていることからも明らかです」

    - IHS Infonetics、シニア リサーチ ディレクター、マイケル・ハワード氏

    「IDC は、Junos の分離の少なくとも一部は顧客の需要によって促進されていると考えています。ある有名なジュニパー CSP の顧客は、データ センターおよび改修した本社における細分化のメリットについて、IDC に話しました。ジュニパーネットワークスには、他にも同様の考え方をもつクラウドおよび CSP の顧客がいます。こうした顧客をはじめ多くの人々がネットワーク ソフトウェアの代替策を検討し始めていることを踏まえ、ジュニパーネットワークスは彼らの要求の一歩先を行きたいと考えています」

    - IDC、ネットワーク インフラストラクチャ担当副社長、ロヒット・メーラ氏

    「Junos の分離は、ソフトウェアとハードウェアを切り離し、ハードウェアよりもむしろ Junos により価値をおくという、ジュニパーネットワークスにとっても良い流れです」

    - ACG Research、ロバート・ハイム氏

    「大きなニュースは、Junos ソフトウェアの分離が発表されたことです。これは、ジュニパーネットワークスがソフトウェアを重視し、Junos の機能に自信を持っていることを示しています」

    - ESG ネットワーク アナリスト、ダン・コンデ氏 (『Juniper’s Junos: Reworked and Disaggregated』より引用)

    「ネットワークの仮想化に対するジュニパーネットワークスの本格的な取り組みは、NXTWORK 2015 でも明確でした。ジュニパーネットワークスは、完全自動化されたエンドツーエンドの NFV ソリューションである Cloud CPE を発表し、既存の専用ネットワークをより効率的な仮想インフラストラクチャにスムーズに移行する手段を顧客に提供しました」

    - ACG Research、主席アナリスト、ロバート・ハイム氏

    「私たちはジュニパーネットワークスの Cloud CPE 製品を好意的に受け止めています。この製品は、クラウドでエンタープライズ サービスのホスティングをサポートする強力なソリューションになるのは間違いありません。コストの安さ、サービス展開の速さ、導入の柔軟性というクラウド プラットフォームの特長をうまく利用しています」

    - Current Analysis、トランスポート/ルーティング インフラストラクチャ担当主席アナリスト、グレン・ハント氏