Wi-Fi 6Eとは

Wi-Fi 6Eとは

Wi-Fi 6Eとは、Wi-Fi Allianceによって導入された、Wi-Fi 6(802.11axとも言います)拡張のための今後の標準です。現在サポートされている2.4 GHzおよび5 GHzの各帯域幅に加え、免許不要の6 GHz帯域で機能を使用できるようになります。

Wi-Fiアプリケーション向け6 GHz帯域で使用可能になる1,200 MHzのスペクトラムにより、Wi-Fi 6Eデバイスは14の追加の80 MHzチャンネルと7つの追加の160 MHzチャンネルで稼働します。このより幅広いスペクトラムにより、ネットワーク設計が簡素化され、より高いスループットとより広いチャンネルによる極めて高いWi-Fiパフォーマンスが実現すると同時に、レガシー デバイスをサポートする必要がなくなることで、ネットワーク輻輳が軽減されます。

この6 GHzでの拡張されたスペクトラム容量を活用することで、Wi-Fiユーザー エクスペリエンスとコネクテッド デバイス全体の継続的な革新に今後の展望を与えます。Wi-Fi 6E標準は、動画ストリーミング、ビデオ会議、音声通話などの増え続けるデバイス密度と広帯域アプリケーション向けに設計された、より高速で信頼性の高いWi-Fiネットワークによって、802.11axネットワークユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Wi-Fi 6Eでのユーザーエクスペリエンスの向上

より多くのデバイスをネットワークに接続するニーズが拡大する状況において、Wi-Fi 6Eを使用することで、エンタープライズとサービス プロバイダが新しいアプリケーションをサポートし、コネクテッド デバイスの最適なレベルでの継続的な運用が実現します。

Wi-Fi 6Eの導入により、追加の隣接するチャンネル帯域を提供することで、かつてないペースで増え続けるデバイスの数をサポートできるようになり、Wi-Fiのスペクトラム不足の問題に対処できます。6 GHz帯域で追加された1,200 MHzを使用すると、企業はより高速で信頼性の高いエンタープライズWi-Fiネットワークを実現できます。これらのネットワークは、簡素化されたアーキテクチャで高い拡張性と耐障害性を備え、機能も向上しているため、多くのモバイルやIoTデバイスできわめて混雑した環境であっても、マルチギガビットのスピードでより多くのユーザーをサポートできます。

さらに、Wi-Fi 6Eでは、企業の動画ストリーミングやビデオ会議など、より高いスループットを必要とするミッションクリティカルなアプリケーションのためのネットワークの容量と効率性が向上しています。ベンダーは第1世代のWi-Fi 6Eチップセットを使って、アクセスポイントおよびモバイルデバイス両方を開発できるようになりました。向こう2年でWi-Fi 6E製品が市場に出回る予定です。クライアント デバイス(多くの場合、チップセットの開発から遅れる)がより幅広く利用できるようになるにつれて、802.11axを上回る仕様を要件とする組織が、移行プロジェクトに着手する可能性が高くなります。

Wi-Fi 6Eの仕組み

Wi-Fi 6Eでは、802.11axの特長と機能をすべて提供できますが、これは、6 GHz帯域で運用することによって提供することができます。802.11axは急速に拡大するネットワーク スピードを超えて、広帯域で低遅延のアプリケーションを実行する多数のデバイスを接続する際に、革新的な技術と組み合わせて、全体的なネットワーク パフォーマンスを向上します。

Wi-Fi 6Eネットワークでは、既存の802.11ax機能を活用しつつ、6 GHz帯域および14個の追加の80 MHzチャネルと7個の追加の160 MHzチャネルで動作することで容量が増えます。

  • 8x8のアップリンク/ダウンリンクMU-MIMO、OFDMA、BSS Colorにより、容量が最大4倍になり、取り扱えるデバイスの数が増えます。
  • ネットワーク効率とIoTデバイスなどデバイスのバッテリー寿命を改善するためのTWT(ターゲット ウェイク タイム)。
  • 同じスペクトラム量でより多くのデータの転送によって発生する、帯域集約的な用途のためのスループットを改善するための1024直角位相振幅変調モード(1024-QAM) 。

マルチギガビットイーサネットのメリットを実感する

ジュニパーは、企業とサービスプロバイダがWi-Fi 6Eの変革の可能性をフルに実現できるように、革新的でパフォーマンスの高い製品の実現に取り組んでいます。

6 GHz帯域での追加の1.2 GHzスペクトラムをサポートするため、Wi-Fi 6Eではアクセス ポイントのアップリンク要件が引き上げられ、アクセス レイヤー スイッチング インフラストラクチャへのマルチギガビット イーサネット(802.3bz)接続が必要になります。

ジュニパーネットワークスのEXシリーズ イーサネット スイッチは、802.3bz(マルチギガビット イーサネット)をサポートする高パフォーマンスのアクセス スイッチのファミリーであり、増え続ける帯域幅のニーズに対応できます。エンドツーエンドのユーザー エクスペリエンスおよびIoTエクスペリエンスを提供するうえで企業をサポートできるように、これらのスイッチは、すぐに活用できるインサイトと自律ネットワーク機能向けのAI(人工知能)やデータ サイエンスを活用する補完的なMist Wired Assuranceサービスでも機能します。

企業は今日のWi-Fi 6アクセス ポイントを展開する準備や、アクセス スイッチング向けの今後のWi-Fi 6Eへのアップグレードを計画するため、自社のソリューションに2.5GBASE-Tまたは5GBASE-Tの速度での802.3bz接続をサポートする機能を確実に備える必要があります。