EX4300シリーズイーサネットスイッチ

データシートのダウンロード

製品概要

EX4300シリーズイーサネットスイッチは、キャンパスとデータ センターどちらの GbE(ギガビット イーサネット)アクセススイッチ環境でも対応可能なパフォーマンス、柔軟性、拡張性を実現します。バーチャルシャーシ構成で導入することで、EX4300は企業が求める運用の簡素化と、より高い論理的拡張性を実現します。EX4300は、コンパクトで成長に応じた投資(pay-as-you-grow)、低電力および冷却と、シャーシベースのプラットフォームのパフォーマンス、可用性、およびポート密度を組み合わせることで、ビジネスを迅速かつ機敏に展開して収益を増やし、生産性を向上させることを可能にします。

EX4300 は、Juniper Mistクラウドアーキテクチャに搭載されており、プロビジョニングおよび管理されています。Mist Wired Assurance は、AIを活用した自動化とサービスレベルにより、より良いエクスペリエンスを接続デバイスに提供します。

ex4300 48p front with top

製品説明

ジュニパーネットワークス®EX4300シリーズのバーチャルシャーシ技術を備えたイーサネットスイッチには、モジュラー式システムのキャリアクラスの信頼性と、スタッカブルプラットフォームの経済性および柔軟性を兼ね備えており、データセンター、キャンパス、および支社/拠点のオフィス環境にハイパフォーマンスで拡張性の高いソリューションを提供します。1 GbE アクセスとマルチギガビット スイッチ オプションの両方を利用できます。

EX4300 は、レイヤー 2 およびレイヤー 3 の全スイッチング機能を提供し、キャンパス、支社/拠点、データ センターへのアクセスなど、さまざまな導入に対応します。24 ポートまたは 48 ポート EX4300 スイッチ 1 台から導入できます。要件の増加に応じて、ジュニパーのバーチャル シャーシ技術によって任意の組み合わせのEX4300/EX4600スイッチを最大で10台シームレスに相互接続して単一のデバイスとして管理でき、ネットワーク環境の拡張に合わせてスケール可能な「Pay as you grow(成長に応じた投資)」ソリューションを実現します。32 ポート EX4300 ファイバー スイッチのペアを、統合型アグリゲーション スイッチまたはスモール コア スイッチとして導入することもできます。さらに、EX4300 は、1 つのスタックまたはバーチャル シャーシ構成で、ジュニパーネットワークス QFX5100 シリーズの 10 GbE/40 GbE データ センター アクセス スイッチと統合でき、無停止での10 GbE サーバーのアップグレードと、混在するアクセス環境の管理の簡素化を実現します。

EX4300 スイッチは、複数の 40 GbE QSFP+トランシーバポートを介して相互接続して、320 Gbps(ギガビット/秒) のバックプレーンを形成できます。1 GbE と10 GbE 両方のオプションをサポートする柔軟なアップリンク モジュールも用意されており、複数のフロアや建物を接続するアグリゲーション/コアレイヤー スイッチとの高速接続が可能です。

すべての EX4300 スイッチは、冗長構成のホットスワップ対応内蔵電源やフィールド交換可能なファンなど、HA(高可用性)機能を搭載し、アップタイムを最大化できます。PoE(Power over Ethernet)対応の EX4300 スイッチ モデルはスタンダードベースの 802.3at PoE+ をサポートしており、全ポートで最大 30 W を供給し、高密度 IP 電話や 802.11n 無線アクセス ポイントの導入に対応します。

さらに、EX4300-48MP(マルチギガビット モデル)は、IEEE 802.3 bz 準拠の 100 Mbps、1 Gbps、2.5 Gbps、5 Gbps、10 Gbps のアクセスポートをサポートします。したがって、高帯域を必要とする 802.11 ac Wave 2 アクセス ポイントでスイッチに接続できます。EX4300 マルチギガビット スイッチは、どのアクセス ポートでも最大 95 ワットの電力をサポートするため、スイッチへの接続とスイッチからの給電に 30 ワット超が必要な PoE++ デバイスを使用できます。

また EX4300 マルチギガビット スイッチは、すべてのアクセス ポートとアップリンク ポートで MACsec(Media Access Control Security)AES256 の高度な暗号化が可能で、顧客のトラフィックを不正アクセスから保護します。EX4300-48MP には、320 Gbps バックプレーンを作成するためのバーチャル シャーシ ポートとして使用できる 4 個の専用 40GbE QSFP+ トランシーバ ポートが搭載されています。

拡張可能な筐体でシャーシのような機能を提供

固定構成 EX4300 スイッチは、シャーシベースのソリューションが一般的に装備している高可用性機能を多数搭載しています。次のような機能があります。

  • ホット スワップ対応ファン
  • モジュラー式のジュニパーネットワークスのJunos®オペレーティングシステム(シャーシシステムと調和)
  • バーチャル シャーシ構成のデュアル RE(ルーティング エンジン)と GRES(グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー)
  • 単一の管理インターフェイス
  • 容易で一元的なソフトウェア アップグレード
  • 10/100/1000BASE-T ポート 24個 から 480個 へ、および 100/1000/2500/5000/10000BASE-T ポート 24個 から 240個 への拡張。最大 40個 の 10 GbE アップリンクと 40個 の 40 GbE アップリンクを使用(マルチギガビット モデルでは、スイッチ当たり 4 個の専用 40 Gbps バーチャル シャーシ ポートに加えて、最大 40個 の 10 GbE アップリンク、20個 の 40 GbE アップリンク、20個 の 100 GbE アップリンクのいずれか)

各 EX4300 スイッチには、 ASIC ベース パケット転送エンジン「EX-PFE」 が 1 個含まれています。統合型 RE(ルーティング エンジン)は、コントロール プレーンの機能をすべて提供します。EX4300は、ジュニパーネットワークスのスイッチやルータ、セキュリティ デバイスと共通のモジュラー式Junos OSを採用し、ジュニパーネットワークス のインフラストラクチャでコントロール プレーン機能の一貫した実装と運用を実現します。

アーキテクチャと主要コンポーネント

EX4300 は、単一のラック ユニット(1 U)に収まり、スペースと電力が制限を受ける込み入ったワイヤリング クローゼットやアクセス スイッチ環境にコンパクトなソリューションを提供します。各 EX4300 は、標準の 40 GbE QSFP+ ポートをサポートしています。このポートは、バーチャル シャーシ バックプレーンの高速接続をサポートするように事前に設定されています。1 GbE アクセス スイッチでは、これらのポートはアップストリームのアグリゲーション デバイスへのアップリンクとしても機能します。さらに、各 EX4300 はオプションのフロント パネル アップリンク モジュールをサポートします。このモジュールは、ワイヤリング クローゼットとアップストリームのアグリゲーション スイッチ間の高速バックボーン接続用、またはリンク アグリゲーション接続用に 1 GbE/10 GbE ポートを提供します。マルチギガビット モデルでは、4 ポート 10GbE SFP+ アップリンク モジュールまたは 2 ポート 40 GbE QSFP+/2 ポート 100 GbE QSFP28 アップリンク モジュールのいずれかを選択できます。アップリンク モジュールは、スイッチの電源を落とさずに設置できます。これにより、高速接続の追加がいつでもでき、アップリンク タイプの移行が可能で、柔軟性に優れたハイパフォーマンスな相互接続が実現します。

1GbEアクセスEX4300モデルのフロントパネルにもLCDが搭載されており、デバイスの起動や構成のロールバック、スイッチアラームやLEDステータスの報告、スイッチのデフォルト設定の復元などを柔軟に行うことができます。バーチャル シャーシ構成のメンバーとして導入された場合、識別や問題の迅速な解決ができるように、スイッチのシャーシの「スロット番号」と RE ステータスも LCD に表示されます。

リア パネルの統合型 40 GbE QSFP+ ポート 4 個は、320 Gbps の仮想バックプレーンを介して EX4300 バーチャル シャーシ導入をサポートします。ワイヤリングクローゼットやトップオブラック型のデータ センターアプリケーションなど、EX4300 スイッチを近接して導入した場合、標準 40 GbE QSFP+ DAC(ダイレクトアタッチ カッパー)ケーブルを使用してセキュアに接続できます(長さ 50 cm、1 m、3 m、5 m が利用可能)。

広く分散したバーチャル シャーシ構成にスイッチを導入すると、QSFP+ SR4 などの QSFP+ 光トランシーバを使用して相互接続できます。この場合、150 m までの距離がサポートされます。

専用のリア パネルの RJ-45 ポートはアウトオブバンド管理に使用できますが、リア パネルの USB ポートを使用して Junos OS と設定ファイルを簡単にアップロードすることもできます。さらに、専用のフロント パネルの USB コンソール ポートとリア パネルの RJ-45 コンソール ポートにより、柔軟なアウトオブバンド コンソール オプションが提供されます。

Juniper Mist Wired Assuranceによるクラウド管理

Juniper Mist Wired Assuranceは、Mist AIドリブンによるEX4300の登録、構成、管理およびトラブルシューティングを行うクラウドベースのサービスであり、AIを活用した自動化とサービスレベルを提供することで、コネクテッドデバイスでのエクスペリエンスの向上を確保します。Wired Assurance は、Junos スイッチからの豊富なテレメトリデータを活用して、運用の簡素化、平均修理時間の短縮、可視性の向上を実現します。Wired Assuranceでは次の機能を提供します。

  • Day 0のオペレーションーグリーンフィールドスイッチを主張したり、ブラウンフィールドスイッチを1つのアクティベーションコードで採用することで、真のプラグアンドプレイのシンプルさを実現し、シームレスにスイッチを搭載することができます。 
  • Day 1のオペレーションーテンプレートベースの構成モデルをデプロイメントし、従来のファブリックやキャンパスファブリックの展開を一括して行うことができます。一方で、サイトあるいはスイッチ固有のカスタム属性を適用するために必要な柔軟性と制御性も維持されます。ダイナミックポートプロファイルによるポートのプロビジョニングの自動化。 
  • Day 2のオペレーションーJuniper Mist Wired AssuranceのAIを活用し、接続前と接続後の主要なメトリクスを用いることで、スループット、接続の成功、およびスイッチの健全性などのサービスレベルの期待に応えます(図1を参照)。Marvis Actionsの自動運転機能を追加すると、ループの検出、不足しているVLANの追加、設定ミスのポートの修正、不良ケーブルの特定、フラッピングポートの隔離、および持続的に欠落しているクライアントの発見などが可能になります(図2を参照)。また、Juniper Mist cloudを利用して、ソフトウェアのアップグレードを簡単に行うことができます。 

図1:Juniper Mist Wired Assuranceの期待されるサービスレベルスクリーン

図2:有線スイッチに対応したMarvisアクション 

Mist AIドリブンで仮想ネットワークアシスタントを補完するMarvisを追加して、自動運転ネットワークの構築を始めましょう。EXシリーズスイッチの自動修正と外部システムの推奨アクションは、ネットワーク運用を簡素化し、トラブルシューティングを効率化することができます。

詳細については、Juniper Mist Wired Assuranceをご覧ください。

EVPN-VXLAN テクノロジー

EX4300-48MPは、オープンスタンダードを採用することで、キャンパスファブリックのIP Closネットワークで既にサポートされている業界標準のイーサネットVPN(EVPN)-仮想拡張LAN(VXLAN)技術を拡張します。ディストリビューション層とコア層の間にあるIP Closネットワークには、2つのモードがあります: センタールーティングされたブリッジングオーバーレイ、またはエッジルーティングされたブリッジングオーバーレイ

図3:キャンパスファブリック:EX4300-MPでのIP Clos

エンタープライズ アプリケーションのクラウドへの移行に伴い、VXLAN を使用して L2 を延長し、IP ファブリックをエンタープライズ ファブリックとして導入することが必要になってきました。EX4300-48MPは、L2とL3の両方のVXLANゲートウェイサービスに対応しており、L3ファブリック上のアプリケーションにL2隣接関係を提供するネットワークを導入することができます。EVPN-VXLANが、複数のキャンパスを構築して相互接続するための拡張性を備えた方法を提供し、以下を実現します。

  • ネットワークの効率を向上
  • 業界標準への準拠
  • べてのネットワーク層での拡張性
  • 迅速なコンバージェンス
  • 柔軟でセキュアなアーキテクチャ

キャンパスファブリックのデプロイメント

ジュニパーのキャンパス・ファブリックは、EX4300スイッチがアクセス・スイッチの役割を果たすことで、これらの有効なアーキテクチャをサポートします。

  • EVPNマルチホーミング(コアまたはディストリビューションを折り畳んだ状態):コラプスコアアーキテクチャーは、コア層とディストリビューション層を1台のスイッチに統合し、従来の3層の階層型ネットワークを2層型ネットワークに変換します。これにより、アクセス層からコア層までのマルチホーミング機能を提供することで、キャンパスネットワーク全体のSTPが不要になります。EVPNマルチホーミングは、Juniper Mistクラウドを使用することで、デプロイおよび管理が可能となります。
  • コア/ディストリビューション:2台のEXシリーズにおけるコアスイッチまたはディストリビューションスイッチを相互に接続することで、L2 EVPNとL3 VXLANゲートウェイをサポートします。ディストリビューション層とコア層の間のIP Closネットワークには、2つのモードがあります。中央部または端面でルーティングされたブリッジングオーバーレイ。

これらすべてのEVPN-VXLAN導入モードにおいて、EX4300スイッチはVirtual Chassis構成として使用することができます。

図4:Virtual ChassisやEVPN-VXLANベースのアーキテクチャを採用したキャンパスファブリック

バーチャル シャーシ テクノロジー

バーチャル シャーシテクノロジーを使用して最大10台の EX4300スイッチを相互接続して単一の論理デバイスを構成すると、最大480個の 10/100/1000BASE-T ポートに加えて、最大40個の10 GbE アップリンク ポートまたは40個の40 GbE アップリンク ポートがサポートされます。EX4300 は、 エンタープライズ キャンパス アクセス向けの EX4600 スイッチおよび ハイパフォーマンス データ センター アクセス向けの QFX5100 スイッチと相互接続でき、1 GbE と 10 GbE アクセスが混在した環境を実現します。EX4300 バーチャル シャーシ構成は、データ センター、キャンパス、支社/拠点の導入環境におけるポートと密度のさまざまなオプションをサポートします。標準的な DAC ケーブルと光インターフェイスを使用し、40 GbE ポートや 10 GbE ポートを任意に組み合わせて、バーチャル シャーシ接続を形成できます。EX4300 は、GbE 銅線ポートおよび光ファイバー ポートでバーチャル シャーシ テクノロジーをサポートしません。

EX4300マルチギガビットモデルは、専用の40 Gbps ポートを使用してバーチャル シャーシテクノロジーで最大10台のスイッチを相互接続し、単一の論理デバイスを構成できます。この場合、最大240個の 10/100/1000BASE-Tポート、240 個の 100/1000/2500/5000/10000BASE-T ポートとともに、最大40の10 GbE アップリンク、20の40 GbE アップリンク、20の100 GbE アップリンクのいずれかをサポートします。マルチギガビット EX4300 は、他の 1 GbE EX4300 アクセス スイッチを使用した、10 メンバーの混在モード バーチャル シャーシ構成に組み込むこともできます。

キャンパス ワイヤリング クローゼットのバーチャル シャーシ導入環境

キャンパス ワイヤリングクローゼットでは、40 GbE ポートで標準のQSFP+ 光インターフェイスを使用して柔軟なトポロジーを構成し、アップリンク接続に10 GbEまたは40 GbE を使用しつつ、複数のワイヤリングクローゼットやフロア、さらには建物をまたぐ長距離で、バーチャルシャーシ構成を拡張できます。ファイバーベースの EX4300 スイッチは、キャンパス アグリゲーション環境や小規模のコア環境にも導入できます。

データ センターでのバーチャル シャーシ導入

データ センターのバーチャルシャーシ構成に導入した場合、すべての EX4300 スイッチを単一のデバイスとして監視、管理でき、物理トポロジーをエンドポイントの論理グループから分離して、リソースを効率的に使用できます。40 GbE の DAC ケーブルを使用して、耐障害性に優れたトポロジーを構成することもできます。

図 5:バーチャル シャーシテクノロジーで最大 10台のEX4300スイッチを相互接続して、建物全体に及ぶ単一の論理デバイスを構成

データ センターのメッシュ バーチャル シャーシ構成

データセンターのトップオブラック導入環境で、スイッチ5台のフルメッシュバーチャルシャーシ構成を構成できます。この場合、すべてのスイッチメンバーが他のメンバーから1ホップしか離れていないため、遅延が最小限に抑えられます。メッシュの距離は最大 150 メートルに対応します。この場合、40 GbE ポートで標準の QSFP+ 光インターフェイスを使用します(最長 3 m の DAC ケーブルを使用して距離の短縮が可能)。10 GbE ポートをアップリンクとして使用して、アップストリームのアグリゲーションやコア デバイスに接続できます。

図 6:EX4300 イーサネット スイッチとバーチャル シャーシ テクノロジによって、ハイパフォーマンス、拡張性、信頼性に優れたソリューションをデータセンターに提供

図 7:データ センターのフル メッシュ バーチャル シャーシ構成に配置した EX4300 スイッチ

バーチャル シャーシ ファブリック スイッチング アーキテクチャ

ハイパフォーマンスと低遅延が求められるデータ センターへの導入に最適なスパイン/リーフ型のトポロジーをサポートするため、既存のバーチャル シャーシ技術はさらに拡張/強化が進められています。まず、このトポロジーは「バーチャル シャーシ ファブリック」と呼ばれ、最大 20 台のスイッチ(2~4 台の QFX5100 スイッチをスパイン、最大 18 台の QFX5100/ EX4300 スイッチをリーフ ノードとして使用)をスパイン/リーフ型構成で導入できます。このアーキテクチャは、任意のラック間で確実なスループットと低遅延を実現する一方で、管理ポイントの一元化によりネットワークの運用を大幅に簡素化できます。バーチャル シャーシ ファブリック構成は、1 GbE、10 GbE、40 GbE サーバーの混在をサポートします1

1EX4300 マルチギガビットスイッチは、バーチャルシャーシファブリック構成でサポートされません。

図 8:バーチャル シャーシ ファブリック構成のアクセス レイヤーに配置された EX4300、QFX3500、QFX3600、QFX5100

特長とメリット

ジュニパー・ミスト・クラウドによるAI駆動型キャンパス・ファブリックの管理

ジュニパー・ミスト有線保証は、クラウド管理とミストAIをキャンパス・ファブリックにもたらします。従来のネットワーク管理から、AIを活用した運用に向けた新たな基準を設定し、コネクテッド・デバイスに優れたエクスペリエンスを提供します。ジュニパー・ミスト・クラウドは、キャンパス・ファブリック・アーキテクチャーのデプロイメントおよび管理を効率化します:

  • 自動デプロイメントとゼロタッチデプロイメント
  • 異常検知機能
  • 根本原因分析

図 9:ジュニパー・ミスト・クラウドによるEVPNマルチホーミングの構成

シャーシクラスの可用性

EX4300 シリーズ イーサネット スイッチは、バーチャル シャーシ構成で導入した場合に、冗長電源とファン、GRES、およびノンストップ ブリッジング/ルーティングを通じて、高可用性を実現します。

バーチャル シャーシ構成では、各 EX4300 スイッチがルーティング エンジンとして機能します。2 台以上の EX4300 スイッチが相互接続されている場合、バーチャル シャーシ構成のすべてのメンバー スイッチが 1 つのコントロール プレーンを共有します。2つのEX4300スイッチが相互接続された場合、Junos OSは、プライマリ(アクティブ)とバックアップ(ホットスタンバイ)REを割り当てる選出プロセスを自動的に開始します。統合されたレイヤー 2 とレイヤー 3 の GRES 機能は、プライマリ RE の障害が発生した場合に、アプリケーション、サービス、IP 通信へのアクセスが中断されないように維持します。

バーチャルシャーシ構成で2台以上のスイッチが相互接続されている場合、残りのスイッチはラインカードとして機能し、指定されたプライマリに障害が発生した場合には、バックアップREポジションを担うことができます。プライマリ、バックアップ、ラインカードの優先順位を設定して、昇格の順番を決めることができます。このN+1 REの冗長性を、Junos OSが備えるGRES、ノンストップルーティング(NSR)、ノンストップブリッジング(NSB)機能と組み合わせることで、予期せぬ障害が発生した場合でも、コントロールプレーン機能へとスムーズに移行できます。

EX4300 は、バーチャル シャーシ ポート番号の指定時に、他のジュニパーネットワークスのシャーシ ベース製品と同じスロット/モジュール/ポートの番号付けスキーマを実装しており、シャーシと同様の運用を提供します。一貫したオペレーティング システムと 1 つの設定ファイルを使用することで、バーチャル シャーシ構成内のすべてのスイッチが単一のデバイスとして扱われるため、システム全体の保守と管理が簡素化されます。

EX4300 1 GbE アクセス/マルチギガビット スイッチの両方が混在したバーチャル シャーシ構成では、EX4300 マルチギガビット スイッチが RE の役割を担い、EX4300 1 GbE アクセス スイッチはライン カードとしてのみ機能します。

各 EX4300 は、一般的なモジュラー シャーシベースのスイッチが持つ多数の HA 機能を提供します。市場で実績のあるJunos OSとL2/L3フェイルオーバー機能と組み合わせた特徴を備えたEX4300が、真のキャリアクラスの信頼性を実現します。

  • 冗長電源:EX4300 シリーズ イーサネット スイッチは、冗長構成、ロードシェアリング、ホット スワップ対応、フィールド交換が可能な内部電源をサポートし、中断のない連続運用を実現します。EX4300が必要とする電力は、コンパクトなフットプリントにより、同等のポート密度のシャーシベーススイッチよりもはるかに少なくなります。EX4300 1 GbE アクセス スイッチには、AC 電源と DC 電源両方のオプションが用意されています。一方、EX4300 マルチギガビット スイッチは AC 電力のみに対応します。
  • ホット スワップ対応ファン:EX4300 はホット スワップ対応ファンを搭載し、ファンのいずれかに障害が発生した場合でも十分な冷却を確保します。
  • ノンストップブリッジングとノンストップルーティング:EX4300に備わるNSBとNSRが、プライマリとスタンバイRE間におけるコントロールプレーンプロトコル、ステータス、テーブルを確実に同期させ、ルーティングエンジンのフェイルオーバー後のプロトコルフラップやコンバージェンス問題を防ぎます。
  • RTG(Redundant trunk group):ネットワークの障害回復を犠牲にすることなく、STP(スパニング ツリープロトコル)の複雑さを回避するために、EX4300はRTGを使用し必要なポートの冗長性を実現し、スイッチの構成を簡素化します。
  • クロスメンバー リンクアグリゲーション:クロスメンバー リンク アグリゲーションでは、単一のバーチャル シャーシ構成でデバイス間のリンク アグリゲーション接続を冗長化でき、信頼性と可用性のレベルを高めることができます。
  • キャリアクラスハードウェア:EX4300は、専用パケット転送エンジン ASIC「EX-PFE」を活用しており、ジュニパーのキャリアクラスのルーターと同じテクノロジーのほとんどを搭載しています。したがって、世界最大規模のネットワークと同等の安定性と拡張性に優れた機能を提供します。
  • IPv4 および IPv6 ルーティングのサポート:IPv4 および IPv6 レイヤー 3 ルーティング (OSPF と BGP) は、拡張ライセンスで利用でき、耐障害性に優れたネットワークを実現します。

キャリアクラスの OS

EX4300 は、ジュニパーネットワークスの他のスイッチ、ルーター、セキュリティ デバイスで使用されているものと同じオペレーティング システム ソフトウェア「Junos OS」で動作します。

ジュニパーは、共通のオペレーティング システムを使用することにより、すべての製品で制御プレーン機能の一貫した実装と運用を実現しています。この一貫性を維持するために、Junos OS は、1 つのソース コードを使用した非常に厳格な開発プロセスに準拠し、四半期内のリリース トレインに従い、隔離された障害のためにシステム全体がダウンすることを防ぐ、高可用性モジュラー型アーキテクチャを採用しています。

これらの特長は、ソフトウェアのコアバリューの基本となるものであり、すべての Junos OS 使用製品を同じソフトウェア リリースで同時に更新することが可能です。すべての機能は完全な回帰テストを行い、新しいリリースは以前のバージョンの真のスーパーセットになっています。お客様は、すべての既存の機能が維持されることを完全に信頼してソフトウェアを導入し、同じ方法で運用できます。

統合型ネットワーク

EX4300 シリーズ イーサネット スイッチは、データ、音声、映像の最も要求の高い統合型環境に対する最高水準の可用性を備えており、企業のコミュニケーションを統合する信頼性の高いプラットフォームを提供します。

EX4300 は、データ、音声、映像のトラフィックの優先度を設定するための豊富な QoS(サービス品質)機能をサポートしています。すべてのポートで 12 個の QoS キューをサポートし、マルチレベルのエンドツーエンド トラフィックの優先度の設定を維持できます。EX4300は、優先度や加重不足ラウンドロビン(WDRR)キューイングなど、幅広いポリシーオプションもサポートしています。

15.4 ワットのクラス 3 802.3af PoE を、VoIP(Voice over IP)電話、閉回線型セキュリティ カメラ、無線アクセス ポイント、その他の IP 対応デバイスに提供することで、EX4300 は分散したネットワークを単一の IP インフラストラクチャに集約する将来性のあるソリューションを実現します。EX4300 スイッチは、802.3at の標準ベース PoE+ をサポートしており、複数の無線の IEEE 802.11n 無線アクセス ポイントなどのネットワーク デバイスや IEEE 802.3af で使用可能な電力量よりも多くの電力を必要とするビデオ電話にポート当たり最大 30 ワットの電力を提供します。EX4300 マルチギガビット スイッチは、規格化前の IEEE 802.3bt PoE++ をサポートしており、PoE+ が供給する 30 ワットを超える電力を必要とするデバイスに対して、ポート当たり最大 95 ワットを給電します。

LLDP-MED(Link Layer Discovery Protocol–Media Endpoint Discovery)ベースのきめ細かい PoE/PoE+ 管理によって、EX4300 は、電力供給デバイスの PoE/PoE+ 使用量を 1 ワットの単位までネゴシエートすることができ、スイッチ全体でのより効率的な PoE の使用が可能になります。

導入を簡単にするために、EX4300 は、業界標準の LLDP および LLDP-MED をサポートしており、スイッチで、イーサネット対応デバイスを自動的に検出して電力要件を特定し、VLAN(仮想 LAN)パラメーターを割り当てることができます。

EX4300は、省電力イーサネット(EEE)機能に対するIEEE 802.3az規格に準拠しており、リンク使用率が低い間、銅線物理層(PHY)の消費電力を削減します。

セキュリティ

また、EX4300 は、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)のスヌーピング、DAI(Dynamic ARP Inspection)、MAC(メディア アクセス制御)制限(ポート単位および VLAN 単位)をはじめとする、ポート セキュリティの全機能を備えており、内部および外部のスプーフィング、中間者攻撃、DoS(サービス拒否)攻撃に対する防御を実現します。

MACsec

EX4300 スイッチは IEEE 802.1AE MACsec をサポートしており、リンクレイヤー データの機密性、データの整合性、データ送信元の認証をサポートします。EX4300 は、MACsec 機能により、基本ユニットとオプションのアップリンク モジュールを含む、すべての GbE ポートと 10 GbE ポート上で、ラインレートに近い 88 Gbps でハードウェアベースのトラフィック暗号化をサポートします。マルチギガビット EX4300 モデルは MACsec AES 256 規格をサポートしており、すべてのアクセス ポートとアップリンク ポートでトラフィックを暗号化します。

IEEE 802.1AE によって定義された MACsec は、DoS(サービス拒否)攻撃と侵入攻撃、および中間者攻撃、なりすまし、受動的盗聴、ファイアウォールの背後からのプレイバック攻撃などの脅威を特定して防御する機能を備えた、セキュアで暗号化された通信をリンク レイヤーで提供します。MACsec がスイッチ ポートに導入されていると、有線転送中のすべてのトラフィックは暗号化されますが、スイッチ内のトラフィックは暗号化されません。このため、有線転送中のパケットのセキュリティを犠牲にすることなく、QoS、ディープ パケット インスペクション、sFlow など、すべてのネットワーク ポリシーを各パケットに適用できます。

MACsec は、ホップバイホップ暗号化により、ネットワーク インテリジェンスを維持しながら、通信のセキュリティを強化できます。さらに、イーサネットベースの WAN ネットワークでは、MACsec を使用して長距離接続経由でリンクのセキュリティを提供できます。MACsec はレイヤー 3 および上位レイヤーのプロトコルに透過的で、IP トラフィックに限定されません。イーサネット リンク経由で転送されるあらゆるタイプの有線/無線トラフィックで動作します。

運用の簡素化

バーチャル シャーシ テクノロジを採用した場合、EX4300 は、ネットワーク管理を劇的に簡素化します。最大 10 台の EX4300 スイッチを相互接続して、1 つのデバイスとして管理できます。バーチャル シャーシ グループごとに、Junos OS イメージ ファイル 1 個と設定ファイル 1 個が使用され、監視と管理の対象となるユニットの合計数が減少します。Junos OSがバーチャルシャーシ構成のプライマリスイッチ上でアップグレードされると、他のすべてのメンバースイッチでもソフトウェアが同時に自動アップグレードされます。

EX4300 にはポート プロファイルも含まれており、ネットワーク管理者は、ポートに接続されたデバイスのタイプに応じて、セキュリティ、QoS、その他のパラメーターでポートを自動的に設定できます。デフォルト、デスクトップ、デスクトップと IP 電話、無線アクセス ポイント、ルーテッド アップリンク、L2 アップリンクなど、6 個の構成済みプロファイルを使用できます。ユーザーは既存のプロファイルから選択するか、または独自のプロファイルを作成して、CLI(コマンド ライン インターフェイス)、Junos Web インターフェイス、または管理システムを使用してそれを適用することができます。

フレックスライセンス

ジュニパー フレックス ライセンスは、EX シリーズのアクセス スイッチに共通のシンプルで柔軟なライセンス モデルを提供し、お客様がネットワークやビジネスのニーズに応じて機能を購入できるようにします。

フレックス ライセンスには、スタンダード、アドバンスド、プレミアムの3つの階層があります。EX シリーズ スイッチに同梱されている Junos OS イメージでは、スタンダード階層レベルの機能が利用できます。追加機能は、フレックス アドバンスドまたはフレックス プレミアムのライセンスを購入することでロック解除できます。

EX シリーズのプラットフォームのフレックス アドバンスドおよびプレミアム ライセンスは、スイッチのアクセス ポートの数によって決まるクラス ベースです。クラス1(C1)スイッチは12ポート、クラス2(C2)スイッチは24ポート、クラス3(C3)スイッチは32または48ポート備えています。

EX2300スイッチでは、サブスクリプションライセンスと永久フレックスライセンスの両方に対応しています。サブスクリプションライセンスは3年または5年の期間から選択できます。フレックスアドバンスドおよびプレミアムサブスクリプションライセンスには、Junosの機能に加えて、Juniper Mist Wired Assuranceも含まれています。また、フレックスアドバンスドおよびプレミアムサブスクリプションライセンスでは、同じ階層やクラスのスイッチ間で移植性が得られるため、お客様の投資を確実に保護することができます。

フレックススタンダード、アドバンスド、プレミアム階層でサポートされる機能の一覧や、Junos EXシリーズのライセンスについての詳細については、https://www.juniper.net/documentation/en_US/release-independent/licensing/topics/topic-map/understanding_software_licenses.htmlをご覧ください。

保証

保証情報については、www.juniper.net/support/warranty/をご覧ください。

製品オプション

EX4300 スイッチには、以下の 10 モデルが用意されています(表 1 を参照)。

表 1. EX4300 シリーズ イーサネット スイッチ
* 専用バーチャル シャーシ ポートはイーサネット モードで使用できません。
モデル/製品 SKU アクセス ポートの設定 PoE /PoE+ ポート数 PoE 予算 10 GbE ポート数(最大、モジュール付き) 40 GbE ポート数(最大、モジュール付き) 100 GbE ポート数(最大、モジュール付き) 電源定格 エアフロー:
EX4300-24T 24 ポート 10/100/1000BASE-T 0 0 W 0 (4) 4 0 350 W AC AFO(フロントツーバックエアフロー)
EX4300-24P 24 ポート 10/100/1000BASE-T 24 550 W 0 (4) 4 0 715 W AC AFO(フロントツーバックエアフロー)
EX4300-48T 48 ポート 10/100/1000BASE-T 0 0 W 0 (4) 4 0 350 W AC AFO(フロントツーバックエアフロー)
EX4300-48P 48 ポート 10/100/1000BASE-T 48 900 W 0 (4) 4 0 1100 W AC AFO(フロントツーバックエアフロー)
EX4300-48T-AFI 48 ポート 10/100/1000BASE-T 0 0 W 0 (4) 4 0 350 W AC AFI(バックツーフロントエアフロー)
EX4300-48T-DC 48 ポート 10/100/1000BASE-T 0 0 W 0 (4) 4 0 550 W DC AFO(フロントツーバックエアフロー)
EX4300-48T-DC-AFI 48 ポート 10/100/1000BASE-T 0 0 W 0 (4) 4 0 550 W DC AFI(バックツーフロントのエアフロー)
EX4300-48MP 24 ポート 10/100/1000BASE-T、24 ポート 100/1000/2500/5000/ 10000BASE-T 48 1100 24 (28) 4* (2) 0 (2) 1400 W AC AFO(フロントツーバックのエアフロー)
EX4300-32F 32 ポート 100/1000BASE-X 0 0 W 4 (12) 2 (4) 0 350 W AC AFO(フロントツーバックのエアフロー)
EX4300-32F-DC 32 ポート 100/1000BASE-X 0 0 W 4 (12) 2 (4) 0 550 W DC AFO(フロントツーバックのエアフロー)

EX4300 には、電源やファンのないスペア シャーシ オプションも用意されていて、ユーザーに提供するカスタム SKU を柔軟に作成できます。表 2 は、サポートされる EX4300 スペア シャーシ SKU のマトリックスを示しています。登録の詳細については、「注文情報」セクションを参照してください。

表 2. サポートされる EX4300 スペア シャーシ SKU のマトリックス
注:P:サポート対象の SKU:サポート対象の組み合わせ、X:サポート対象外の組み合わせ
スペア シャーシ SKU 説明 PSU-350-AC-AFO + EX4300-FAN JPSU-715-AC- AFO + EX4300-FAN JPSU-1100-AC-AFO + EX4300-FAN JPSU-1400-AC-AFO + EX4300-FAN JPSU-550-DC-AFO + EX4300-FAN JPSU-350-AC-AFI+ EX4300-FAN-AFI JPSU-550-DC-AFI + EX4300-FAN-AFI
EX4300-48T-S スペア シャーシ、48 ポート 10/100/1000BASE-T P EX4300-48T X Y X P EX4300-48T-DC P EX4300-48T-AFI P EX4300-48T-DC-AFI
EX4300-48P-S スペア シャーシ、48 ポート 10/100/1000BASE-T PoE+ Y Y P EX4300-48P X Y Y Y
EX4300-48MP-S スペア シャーシ、24 ポート 10/100/1000BASE-T、24 ポート 100/1000/2500/5000/ 10000BASE-T 95 W PoE X Y Y Y X X X
EX4300-24T-S スペア シャーシ、24 ポート 10/100/1000BASE-T P EX4300-24T X Y X Y Y Y
EX4300-24P-S スペア シャーシ、24 ポート 10/100/1000BASE-T PoE+ Y P EX4300-24P Y X Y Y Y
EX4300-32F-S スペア シャーシ、32 ポート 100/1000BASE-X SFP、 10GBASE-X SFP+ x 4、40GBASE-X QSFP+ x 2 P EX4300-32F X Y X P EX4300-32F-DC Y Y

EX4300仕様

物理仕様

バックプレーン

  • 320 Gbps バーチャル シャーシ相互接続により、最大 10 台のスイッチを単一の論理デバイスとして組み合わせ可能

アップリンク モジュールのオプション

  • EX4300-32F/EX4300-32F-DC: 8 ポート デュアルモード 10 GbE/1 GbE モジュール、プラガブル SFP+/SFP 光インターフェイス
  • EX4300-32F/EX4300-32F-DC: 2 ポート デュアルモード 40 GbE モジュール、プラガブル QSFP+ 光インターフェイス
  • EX4300-48MP: 4 ポート デュアルモード 10 GbE/1 GbE モジュール、プラガブル SFP+/SFP 光インターフェイスまたは 2 ポート QSFP+/1 ポート QSFP28 モジュール
  • その他:4 ポート デュアルモード 10 GbE/1 GbE モジュール、プラガブル SFP+/SFP 光インターフェイス

電力オプション

  • 電源:オートセンシング、100~120 V/200~240 V、AC 350 W AFO、350 W AFI、715 W AFO、1100 W AFO デュアル ロードシェアリングのホット スワップ対応内蔵冗長電源
  • 最大突入電流:50 アンペア
  • EX4300-48MP: 100~120 V/200~240 V、AC 715 W AFO、1100 W AFO、1400 W AFO デュアル ロードシェアリングのホット スワップ対応内蔵冗長電源
  • DC 電源:550 W DC AFO および 550 W DC AFI:入力電圧範囲: 43.5~60 V 最大(+/- 0.5 V)、デュアル入力フィード、デュアル ロードシェアリングのホット スワップ対応内蔵冗長電源
  • シャーシ フル実装時に必要な最小 PSU 数:スイッチ当たり 1

外形寸法(幅 x 高さ x 奥行き)

  • EX4300-24P, -24T, -48P, -48T:
    • ベースユニット:44.1 x 4.37 x 41.6 cm(17.36 x 1.72 x 16.38インチ)
    • 電源が装着された場合:44.1 x 4.37 x 44.47 cm(17.36 x 1.72 x 17.51インチ)
    • 電源と前面モジュールが装着された場合:44.1 x 4.37 x 45.73 cm(17.36 x 1.72 x 18インチ)
  • EX4300-32F:
    • ベースユニット:44.1 x 4.37 x 45.4 cm(17.36 x 1.72 x 17.87インチ)
    • 電源が装着された場合:44.1 x 4.37 x 48.28 cm(17.36 x 1.72 x 19インチ)
    • 電源と前面モジュールが装着された場合:44.1 x 4.37 x 49.1 cm(17.36 x 1.72 x 19.31インチ)
  • EX4300-48MP:
    • ベースユニット:44.1 x 4.37 x 46.7 cm(17.36 x 1.72 x 18.39インチ)
    • 電源が装着された場合:44.1 x 4.37 x 49.99 cm(17.36 x 1.72 x 19.63インチ)
    • 電源と前面モジュールが装着された場合:44.1 x 4.37 x 50.96 cm(17.36 x 1.72 x 20.06インチ)

システム重量

  • EX4300 スイッチ(電源とファン モジュールなし):5.9 kg(13 ポンド)
  • EX4300 スイッチ(1 台の電源と 2 個のファン モジュールを使用):7.3 kg(16.1 ポンド)
  • 350 W(AC 電源):1.1 kg(2.4 ポンド)
  • 715 W(AC 電源):1.1 kg(2.4 ポンド)
  • 1100 W(AC 電源):1.1 kg(2.4 ポンド)
  • 550 W(DC 電源):1.1 kg(2.4 ポンド)
  • SFP+ アップリンク モジュール:0.2 kg(0.44 ポンド)
  • ファン モジュール:0.15 kg(0.33 ポンド)

動作環境

  • 動作時温度:
    • AFO モデル:0~45℃(32~113°F)
    • AFIモデル:0~35 ℃(32~95°F)
  • 保管時温度:-40~70°C(-40~158°F)
  • 動作時高度:最大 3,049 m(10,000 フィート)
  • 非動作時高度:最大 4,877 m(16,000 フィート)
  • 動作時相対湿度:10~85%(結露しないこと)
  • 非動作時相対湿度:0~95%(結露しないこと)

冷却

  • フィールド交換可能なファン:2
  • エアフロー:PSU - 7.5 CFM(立方フィート/分)、ファン - 22 CFM
  • 電源 2 台使用時の最大総エアフロースループット:59 CFM

ハードウェア仕様

スイッチング エンジン モード

  • ストアー アンド フォワード

メモリ

  • DRAM:8 GB(EX4300-48MP で ECC(Error Correcting Code)使用)、3 GB (EX4300-32F および EX4300-32F-DC で ECC 使用)、2 GB(他のすべての EX4300 スイッチで ECC 使用)
  • ストレージ:EX4300-48MPで50GB、EX4300-32FおよびEX4300-32F-DCで4GB、他のすべてのEX4300スイッチで2GB

CPU

  • EX4300-48MP: 2.2 GHz デュアルコア Intel Broadwell CPU
  • その他の EX4300:1.5 GHz デュアルコア PowerPC CPU

システムあたりの GbE ポート密度

  • 24P/24T: 32(ホスト ポート x 24 + 40 GbE ポート x 4 + オプションの 4 ポート 1/10 GbE アップリンク モジュール)
  • 32F: 46(ホスト ポート x 32 + 10 GbE ポート x 4 + 40 GbE ポート x 2 + オプションの 8 ポート 1/10 GbE アップリンク モジュールまたは 2 ポート 40 GbE アップリンク モジュール)
  • 48P/48T/48MP: 56(ホスト ポート x 48 + 40 GbE ポート x 4 + オプションの 4 ポート 1/10 GbE アップリンク モジュール)
  • システムあたり10GbEのポート密度:
    • 32F: 4(固定)+8(アップリンクモジュール)
    • 48MP: 24(固定)=4(アップリンクモジュール)
    • その他すべて:4(アップリンク モジュール)
  • システムあたり40GbEのポート密度:
    • 32F: 2(固定)+2(アップリンクモジュール)
    • 48MP: 4(固定)+2(アップリンクモジュール)
    • その他すべて:4(固定)
  • システムあたり100GbEのポート密度:
    • 48MP: 2(アップリンク モジュール)

光インターフェイス対応

  • GbE SFP 光インターフェイス/コネクター タイプ:SX(マルチモード)、LX(シングルモード)をサポートする LC SFP ファイバー
  • 10 GbE SFP+ 光インターフェイス/コネクター タイプ:10 GbE SFP+ LC コネクター、SR (マルチモード)、USR (マルチモード)、LR (シングルモード)、ER (シングルモード)、LRM (マルチモード)、DAC (ダイレクトアタッチ カッパー)
  • 40 GbE QSFP+ 光インターフェイス/コネクター タイプ:40 GbE QSFP+ LC コネクター タイプ、SR (マルチモード)、DAC (ダイレクトアタッチ カッパー)
  • 100 GbE QSFP28 光インターフェイス タイプ:100 GbE QSFP SR4、LR4、DAC (ダイレクトアタッチ カッパー)

物理レイヤー

  • ケーブルの破損とショートを検知するための TDR(Time Domain Reflectometry):24P/24T および 48P/48T のみ
  • オート MDI/MDIX(medium-dependent interface/medium-dependent interface crossover)のサポート:24P/24T および 48P/48T/48MP のみ(すべてのポート)
  • 10/100/1000BASE-T ポート上のポート スピード ダウンシフト/最大アドバタイズメント スピードの設定:24P/24T および 48P/48T/48MP のみ(すべてのポート)
  • 光ポート用のデジタル光モニタリング

パケットスイッチング容量(最大 64 バイトのパケット)

  • 24P/24T: 224Gbps(一方向)/448Gbps(双方向)
  • 48P/48T: 248Gbps(一方向)/496Gbps(双方向)
  • 48MP: 464Gbps(一方向)/928Gbps(双方向)
  • 32F: 232Gbps(一方向)/464Gbps(双方向)

ソフトウェア仕様

セキュリティ

  • MAC 制限 (ポート単位および VLAN 単位)
  • MAC アドレスの許可:ポート別に設定可能
  • Dynamic ARP Inspection(DAI)
  • IP ソース ガード
  • Local proxy ARP
  • スタティック ARP サポート
  • DHCP スヌーピング
  • キャプティブ ポータル
  • 永続的な MAC アドレス設定
  • DDoS(分散型サービス拒否攻撃の防御(CPU 制御パス フラッディング防御)

レイヤー2/レイヤー3スループット(Mpps)(64バイトのパケットを使用した場合の最大)

  • EX4300-24P/24T:333 Mpps(ワイヤ スピード)
  • EX4300-48P/48T: 369 Mpps (ワイヤスピード)
  • EX4300-48MP: 714 Mpps
  • EX4300-32F: 345 Mpps(ワイヤスピード)

レイヤー 2 スイッチング

  • システムあたりの MAC アドレス数:64,000
  • ジャンボ フレーム:9216 バイト
  • 対応 VLAN 数:4093
  • 可能な VLAN ID の範囲:1~4094
  • VST(仮想スパニング ツリー)インスタンス数:510
  • ポートベース VLAN
  • 音声 VLAN
  • 物理的なポート冗長性:RTG(Redundant trunk group)
  • Per-VLAN Spanning Tree Plus(PVST+)との互換性
  • RVI(Routed VLAN Interface)
  • Uplink Failure Detection(UFD)
  • ITU-T G.8032:イーサネット リング プロテクション スイッチング
  • IEEE 802.1AB:Link Layer Discovery Protocol(LLDP)
  • VoIP 統合の LLDP-MED
  • デフォルト VLAN と複数の VLAN 範囲のサポート
  • MAC 学習機能の無効化
  • 永続的 MAC 学習(スティッキー MAC)
  • MAC 通知
  • PVLAN(プライベート VLAN)
  • ECN(Explicit Congestion Notification)
  • L2TP(レイヤー 2 プロトコルトンネリング)
  • IEEE 802.1ak:Multiple VLAN Registration Protocol(MVRP)
  • IEEE 802.1p:CoS prioritization
  • IEEE 802.1Q:VLAN tagging
  • IEEE 802.1X:Port Access Control
  • IEEE 802.1ak:Multiple Registration Protocol
  • IEEE 802.3:10BASE-T
  • IEEE 802.3u:100BASE-T
  • IEEE 802.3ab:1000BASE-T
  • IEEE 802.3z:1000BASE-X
  • IEEE 802.3ae:10-Gigabit Ethernet
  • IEEE 802.3ba:40 ギガビット イーサネット
  • IEEE 802.3af:Power over Ethernet
  • IEEE 802.3at:Power over Ethernet Plus
  • IEEE 802.3x:Pause Frames/Flow Control
  • IEEE 802.3ah:Ethernet in the First Mile

スパニング ツリー

  • IEEE 802.1D:Spanning Tree Protocol
  • IEEE 802.1s:MSTP(Multiple Spanning Tree Protocol)インスタンス数
  • サポート可能な MST インスタンス数:64
  • サポート可能な VSTP(VLAN Spanning Tree Protocol)インスタンス数:510
  • IEEE 802.1w:Spanning Tree Protocol の迅速な再設定

リンク アグリゲーション

  • IEEE 802.3ad:Link Aggregation Control Protocol
  • 802.3 ad(LACP)のサポート
    • サポートされている LAG の数:128
    • LAG あたりの最大ポート数:16
  • LAG負荷分散アルゴリズムのブリッジングまたはルーティング(ユニキャストまたはマルチキャスト)されたトラフィック:
    • IP:S/D IP
    • TCP/UDP:S/D IP、S/Dポート
    • 非 IP:S/D MAC
  • LAG でのタグ付きポートのサポート

レイヤー 3機能:IPv4

  • 最大 ARP エントリー数:64,000
  • ハードウェアにおける IPv4 ユニキャスト ルートの最大数:16,000 プレフィックス、32,000 ホスト ルート
  • ハードウェアにおける IPv4 マルチキャスト ルートの最大数:8,000 マルチキャスト グループ、16,000 マルチキャスト ルート
  • ルーティング プロトコル:RIPv1/v2、OSPF、BGP、IS-IS
  • スタティック ルーティング
  • ルーティング ポリシー
  • Bidirectional Forwarding Detection(BFD)
  • L3 冗長性:Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)
  • VRF-Lite

レイヤー 3 の機能:IPv6

  • 近隣検索(ND)エントリーの最大数:32,000
  • ハードウェアにおける IPv6 ユニキャスト ルートの最大数:4,000 プレフィックス、15,000 ホスト ルート
  • ハードウェアにおける IPv6 マルチキャスト ルートの最大数:8,000 マルチキャスト グループ、16,000 マルチキャスト ルート
  • ルーティング プロトコル:RIPng、OSPFv3、IPv6、ISIS
  • スタティック ルーティング

アクセス コントロール リスト(ACL)(Junos OS ファイアウォール フィルター)

  • ポートベース ACL(PACL):Ingress/Egress
  • VLAN ベース ACL(VACL):Ingress/Egress
  • ルーターベース ACL(RACL):Ingress/Egress
  • システム当たりのハードウェアの ACL エントリー(ACE):
    • ポートベースのACL(PACL)Ingress:3072
    • VLANベースのACL(VACL)Ingress: 3500
    • ルーターベースのACL(RACL)Ingress: 7000
    • PACLとVACLに共有されるEgress: 512
    • RACL全体のEgress: 1024
    • 拒否パケットの ACL カウンター
  • 許可パケットの ACL カウンター
  • リスト中の ACL エントリーの追加/削除/変更機能(ACL 編集)
  • L2-L4 ACL

アクセスセキュリティ

  • 802.1 x ポート ベース
  • 802.1 x 複数サプリカント
  • 802.1X と VLAN の割り当て
  • 802.1 x と認証バイパス アクセス(ホスト MAC アドレスに基づく)
  • 802.1 x と VoIP VLAN のサポート
  • RADIUS 属性を基にした 802.1X ダイナミック ACL
  • 802.1X でサポートされる EAP(Extensible Authentication Protocol)のタイプ:MD5(Message Digest 5)、TLS(Transport Layer Security)、TTLS( Tunneled TLS)、 PEAP(Protected Extensible Authenticated Protocol)
  • MAC 認証(RADIUS)
  • 制御プレーン Dos 保護
  • AAA(認証、許可、アカウンティング)用の IPv6 の Radius 機能
  • DHCPv6 スヌーピング
  • IPv6 近隣探索
  • IPv6 ソース ガード
  • IPv6 RA ガード
  • IPv6 近隣探索インスペクション
  • MACsec(Media Access Control Security)

高可用性

  • 冗長構成のホット スワップ対応電源
  • 冗長構成のフィールド交換可能なホット スワップ対応ファン
  • RE フェイルオーバー時のレイヤー 2 の無停止転送およびレイヤー 3 のプロトコル用 GRES(グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー)
  • グレースフル プロトコル リスタート(OSPF、BGP)
  • RE フェイルオーバー時のレイヤー 2 の無停止転送
  • ノンストップ ブリッジング:LACP、xSTP
  • ノンストップ ルーティング:PIM、OSPF v2、v3、RIP v2、RIPnG、BGP、BGPv6、ISIS、IGMP v1、v2、v3
  • OIR(Online Insertion and Removal)アップリンク モジュール

サービス品質

  • L2 QoS
  • L3 QoS
  • ingressポリシング: 1 レート、2 カラー
  • ポート当たりハードウェア キュー数:12
  • スケジューリング方法(egress) SP(絶対優先)、WDRR
  • 802.1p、DiffCode(DSCP)/IP precedence trust and marking
  • レイヤー 2~4 分類基準:インターフェイス、MAC アドレス、イーサタイプ、802.1p、VLAN、IP アドレス、DSCP/IP Precedence、TCP/UDP ポート番号など
  • 輻輳回避機能:テール ドロップ、WRED(Weighted Random Early Detection)

マルチキャスト

  • IGMP:v1、v2、v3
  • IGMP スヌーピング
  • MLD(Multicast Listener Discovery)スヌーピング
  • PIM-SM、PIM-SSM、PIM-DM

管理と分析のプラットフォーム

  • ジュニパーミストのキャンパス向け有線保証
  • キャンパス向けJunos Space®Network Director
  • Junosスペース®マネジメント

サービス/管理方式

  • Junos OS CLI
  • Junos Web インターフェイス(J-Web)
  • アウトオブバンド管理:シリアル、10/100/1000BASE-T イーサネット
  • ASCII 設定
  • レスキュー設定
  • 設定ロールバック
  • イメージ ロールバック
  • LCD 管理
  • エレメント管理ツール: ジュニパーネットワークス Network and Security Manager(NSM)
  • リモート パフォーマンス監視
  • AIS(Advanced Insight Solutions)によるプロアクティブなサービス サポート
  • SNMP:v1, v2c, v3
  • RMON(RFC 2819)グループ 1、2、3、9
  • Network Time Protocol(NTP)
  • DHCP サーバー
  • DHCP クライアントおよび DHCP プロキシ
  • DHCP リレー/ヘルパー
  • DHCP ローカルサーバーのサポート
  • RADIUS
  • TACACS+
  • SSHv2
  • Secure copy
  • HTTP/HTTPs
  • ドメイン名システム(DNS)リゾルバー
  • システム ロギング
  • 温度センサー
  • FTP/Secure copy 経由の設定バックアップ

RFC

  • RFC 768 UDP
  • RFC 783 TFTP
  • RFC 791 IP
  • RFC 792 ICMP
  • RFC 793 TCP
  • RFC 826 ARP
  • RFC 854 Telnet client and server
  • RFC 894 IP over Ethernet
  • RFC 903 RARP
  • RFC 906 TFTP Bootstrap
  • RFC 951, 1542 BootP
  • RFC 1027 Proxy ARP
  • RFC 1058 RIP v1
  • RFC 1112 IGMP v1
  • RFC 1122 Host Requirements
  • RFC 1195 Use of OSI IS-IS for Routing in TCP/IP and Dual Environments (TCP/IP transport only)
  • RFC 1256 IPv4 ICMP Router Discovery(IRDP)
  • RFC 1492 TACACS+RFC 1519 CIDR
  • RFC 1587 OSPF NSSA Option
  • RFC 1591 DNS
  • RFC 1812 Requirements for IP Version 4 Routers
  • RFC 1981 Path MTU Discovery for IPv6
  • RFC 2030 SNTP, Simple Network Time Protocol
  • RFC 2068 HTTP server
  • RFC 2080 RIPng for IPv6
  • RFC 2131 BOOTP/DHCP relay agent and DHCP server
  • RFC 2138 RADIUS Authentication
  • RFC 2139 RADIUS Accounting
  • RFC 2154 OSPF w/Digital Signatures (password, MD-5)
  • RFC 2236 IGMP v2
  • RFC 2267 Network Ingress Filtering
  • RFC 2328 OSPF v2 (edge-mode)
  • RFC 2338 VRRP
  • RFC 2362 PIM-SM (edge-mode)
  • RFC 2370 OSPF Opaque LSA Option
  • RFC 2453 RIP v2
  • RFC 2460 Internet Protocol, Version 6 (IPv6) Specification
  • RFC 2461 Neighbor Discovery for IP Version 6 (IPv6)
  • RFC 2463 Internet Control Message Protocol (ICMPv6) for the Internet Protocol Version 6 (IPv6) Specification
  • RFC 2464 Transmission of IPv6 Packets over Ethernet Networks
  • RFC 2474 DiffServ Precedence, including 12 queues/port
  • RFC 2475 DiffServ Core and Edge Router Functions
  • RFC 2526 Reserved IPv6 Subnet Anycast Addresses
  • RFC 2597 DiffServ Assured Forwarding (AF)
  • RFC 2598 DiffServ Expedited Forwarding(EF)
  • RFC 2740 OSPF for IPv6
  • RFC 2925 MIB for Remote Ping, Trace
  • RFC 3176 sFlow
  • RFC 3376 IGMP v3
  • RFC 3484 Default Address Selection for Internet Protocol Version 6 (IPv6)
  • RFC 3513 Internet Protocol Version 6 (IPv6) Addressing Architecture
  • RFC 3569 draft-ietf-ssm-arch-06.txt PIM-SSM PIM Source Specific Multicast
  • RFC 3579 RADIUS EAP support for 802.1x
  • RFC 3618 Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)
  • RFC 3623 OSPF Graceful Restart
  • RFC 4213 Basic Transition Mechanisms for IPv6 Hosts and Routers
  • RFC 4291 IPv6 Addressing Architecture
  • RFC 4443 ICMPv6 for the IPv6 Specification
  • RFC 4541 IBMP and MLD snooping services
  • RFC 4552 OSPFv3 Authentication
  • RFC 4861 Neighbor Discovery for IPv6
  • RFC 4862 IPv6 Stateless Address Autoconfiguration
  • RFC 4915 MT-OSPF
  • RFC 5095 Deprecation of Type 0 Routing Headers
  • RFC 5176 Dynamic Authorization Extensions to RADIUS
  • RFC 5798 VRRPv3 for IPv6
  • Draft-ietf-bfd-base-05.txt Bidirectional Forwarding Detection
  • Draft-ietf-idr-restart-10.txt Graceful Restart Mechanism
  • Draft-ietf-isis-restart-02 Restart Signaling for IS-IS
  • Draft-ietf-isis-wg-multi-topology-11 Multi Topology (MT) Routing in IS-IS for BGP
  • Internet draft-ietf-isis-ipv6-06.txt, Routing IPv6 with IS-IS
  • LLDP Media Endpoint Discovery (LLDP-MED)、ANSI/TIA-1057、draft 08
  • PIM-DM Draft IETF PIM Dense Mode draft-ietf-idmr-pim-dm-05.txt, draft-ietf-pim-dm-new-v2-04.txt

MIB

  • RFC 1155 SMI
  • RFC 1157 SNMPv1
  • RFC 1212, RFC 1213, RFC 1215 MIB-II, Ethernet-Like MIB and TRAPs
  • RFC 1493 Bridge MIB
  • RFC 1643 Ethernet MIB
  • RFC 1657 BGP-4 MIB
  • RFC 1724 RIPv2 MIB
  • RFC 1850 OSPFv2 MIB
  • RFC 1905 RFC 1907 SNMP v2c、SMIv2 および Revised MIB-II
  • RFC 2011 SNMPv2 for Internet Protocol using SMIv2
  • RFC 2012 SNMPv2 for transmission control protocol using SMIv2
  • RFC 2013 SNMPv2 for user datagram protocol suing SMIv2
  • RFC 2096 IPv4 Forwarding Table MIB
  • RFC 2287 System Application Packages MIB
  • RFC 2570–2575 SNMPv3, user based security, encryption, and authentication
  • RFC 2576 Coexistence between SNMP Version 1, Version 2, and Version 3
  • RFC 2578 SNMP Structure of Management Information MIB
  • RFC 2579 SNMP Textual Conventions for SMIv2
  • RFC 2665 Ethernet-like interface MIB
  • RFC 2787 VRRP MIB
  • RFC 2819 RMON MIB
  • RFC 2863 Interface Group MIB
  • RFC 2863 Interface MIB
  • RFC 2922 LLDP MIB
  • RFC 2925 Ping/Traceroute MIB
  • RFC 2932 IPv4 Multicast MIB
  • RFC 3413 SNMP Application MIB
  • RFC 3414 User-based Security model for SNMPv3
  • RFC 3415 View-based Access Control Model for SNMP
  • RFC 3621 PoE-MIB(PoE スイッチのみ)
  • RFC 4188 STP and Extensions MIB
  • RFC 4363 Definitions of Managed Objects for Bridges with Traffic Classes, Multicast Filtering, and VLAN extensions
  • RFC 5643 OSPF v3 MIB support
  • Draft – blumenthal – aes – usm - 08
  • Draft – reeder - snmpv3 – usm - 3desede -00
  • Draft-ietf-bfd-mib-02.txt
  • Draft-ietf-idmr-igmp-mib-13
  • Draft-ietf-idmr-pim-mib-09
  • Draft-ietf-idr-bgp4-mibv2-02.txt – Enhanced BGP-4 MIB
  • Draft-ietf-isis-wg-mib-07

トラブルシューティング

  • デバッグ:コンソール、Telnet、SSH 経由の CLI
  • 診断:Show、debug コマンド、統計情報
  • トラフィック ミラーリング(ポート)
  • トラフィック ミラーリング(VLAN)
  • IP ツール:拡張 ping/trace
  • commit & rollback機能

トラフィック監視

  • ACL ベース ミラーリング
  • システム当たりのミラーリング宛先ポート数:4
    • LAG ポート監視
    • 複数の宛先ポートを 1 つのミラーにモニタリング(N:1)
  • 最大ミラーリング セッション数:4
  • リモートの宛先へのミラーリング(L2 経由):1宛先 VLAN

安全性/コンプライアンス

  • UL-UL_60950-1(初版)
  • +UL_62368-1
  • CAN/CSA C22.2 No.60950-1
  • +CAN/CSA C22.2 No. 62368-1
  • IEC 60950-1 IT機器—安全性
  • IEC 60950-1 IT機器—安全性
  • +IEC 62368-1 オーディオ/ビデオ,情報及び通信技術機器 - パート1:安全規格

電磁気適合性規格

  • FCC 47CFR Part 15 Class A
  • EN 55022 Class A
  • ICES-003 Class A
  • VCCI Class A
  • AS/NZS CISPR 22 Class A
  • CISPR 22 Class A
  • EN 55024
  • EN 300386
  • CE

NEBS

  • GR-1089-Core: ネットワーク通信機器の EMC/電気的安全性

環境規制

  • ROHS(有害物質の削減)6

Telco

  • CLEI コード

騒音仕様

  • 傍観ポジション(正面)の位置から取得し、ISO7779に準拠し23°Cで実行された動作テストに基づく騒音測定。
表 3. EX4300 の電源定格と騒音(dBA)
製品 電源定格 騒音
EX4300-24T 350 W AC AFO 38.5
EX4300-48T 350 W AC AFO 37.8
EX4300-48T-AFI 350 W AC AFI 38.9
EX4300-24P 715 W AC AFO 39.7
EX4300-48P 1100 W AC AFO 51.0
EX4300-48MP 1400 W AC AFO 53.7
EX4300-48T-DC 550 W DC AFO 39.7
EX4300-48T-DC-AFI 550 W DC AFI 39.7
EX4300-32F 350 W AC AFO 39
EX4300-32F-DC 550 W DC AFO 41.2

ジュニパーネットワークスのサービスとサポート

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンスネットワークの高速化、拡張、最適化のために設計されたパフォーマンス実現サービスのリーダーです。当社のサービスをご利用いただくと、コストを削減し、リスクを最小限に抑えながら、業務効率を最大限に高めることが可能となり、ネットワークへの投資から早期に収益を図ることができます。また、ネットワークを最適化することで、必要なパフォーマンスレベルや信頼性、可用性を維持し、卓越した運用を実現します。詳細については、www.juniper.net/jp/ja/products-services をご覧ください。

注文情報

製品番号 説明
スイッチ1
EX4300-24T 24 ポート 10/100/1000BASE-T + 350 W AC PS(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-48T 48 ポート 10/100/1000BASE-T + 350 W AC PS(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-48T-AFI 48 ポート 10/100/1000BASE-T + 350 W AC PS(バックツーフロントのエアフロー)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-24P 24 ポート 10/100/1000BASE-T PoE-plus + 715 W AC PS(565 W PoE+ を給電)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-48P 48 ポート 10/100/1000BASE-T PoE-plus + 1100 W AC PS(950 W PoE+ を給電)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-48MP 24 ポート 10/100/1000BASE-T、24 ポート 100/1000/2500/5000/10000BASE-T、95 W PoE + 1400 W AC PS(最大 1100 W PoE++ を給電)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-48T-DC 48 ポート 10/100/1000BASE-T + 550 W DC PS(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-48T-DC-AFI 48 ポート 10/100/1000BASE-T + 550 W DC PS(バックツーフロントのエアフロー)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC は別途注文が必要)
EX4300-32F 32 ポート 100/1000BASE-X SFP、4x10GBASE-X SFP+、2x40GBASE-X QSFP+、350 W AC PS(光インターフェイスは別売り)
EX4300-32F-DC 32 ポート 100/1000BASE-X SFP、4x10GBASE-X SFP+、2x40GBASE-X QSFP+、550 W DC PS(光インターフェイスは別売り)
EX4300-24T-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、24 ポート 10/100/1000BASE-T + 350 W AC PS(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-48T-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、48 ポート 10/100/1000BASE-T + 350 W AC PS(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-48T-AFI-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、48 ポート 10/100/1000BASE-T + 350 W AC PS(バックツーフロントのエアフロー)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-48T-DC-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、48 ポート 10/100/1000BASE-T + 550 W DC PS(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-48T-DCI-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、48 ポート 10/100/1000BASE-T + 550 W DC PS(バックツーフロントのエアフロー)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-24P-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、24 ポート 10/100/1000BASE-T PoE-plus + 715 W AC PS(565 W PoE+ を給電)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-48P-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、48 ポート 10/100/1000BASE-T PoE-plus + 1100 W AC PS(950 W PoE+ を給電)(バーチャル シャーシ用 QSFP+ DAC と光インターフェイスは別途注文が必要)
EX4300-32F-TAA TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、32 ポート 100/1000BASE-X SFP、4x10GBASE-X SFP+、2x40GBASE-X QSFP+、350 W AC PS(光インターフェイスは別売り)
EX4300-32F- TAA(Trade Agreement Act-compliant)に準拠した EX4300、
DC-TAA 32 ポート 100/1000BASE-X SFP、4x10GBASE-X SFP+、2x40GBASE-X QSFP+、550 W DC PS(光インターフェイスは別売り)
取り付けオプション
EX-4PST-RMK 調整可能なEX4200、EX4300、EX3200 用の 4 ポスト ラック マウントキット
EX-WMK EX4200、EX4300、EX3200 の壁取り付けキット
EX-RMK EX2200、EX3200、EX4200、EX4300、EX4550 用のラック マウント キット
機能ライセンス2
EX4300-24-EFL EX4300-24T および EX4300-24P の EFL(拡張機能ライセンス)
EX4300-48-EFL EX4300-48T、EX4300-48T-AFI、EX4300-48T-DC、EX4300-48T-AFI-DC、EX4300-48P、EX4300-48MP の EFL(拡張機能ライセンス)
EX4300-32F-EFL EX4300-32F および EX4300-32F-DC の EFL(拡張機能ライセンス)
EX4300-24-AFL EX4300-24T および EX4300-24P の AFL(アドバンスト機能ライセンス)
EX4300-48-AFL EX4300-48T、EX4300-48T-AFI、EX4300-48T-DC、EX4300-48T-AFI-DC、EX4300-48P、EX4300-48MP の AFL(アドバンスト機能ライセンス)
EX4300-32F-AFL EX4300-32F および EX4300-32F-DC の AFL(アドバンスト機能ライセンス)
EX-QFX-MACSEC-ACC3 アクセス スイッチとしての EX4300、EX4200 の MACsec ソフトウェア ライセンス
サブスクリプションライセンス
S-EX-A-C2-3 ソフトウェア、EX シリーズアドバンスドライセンス、クラス2(24 ポート)、EXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、3年間
S-EX-A-C2-5 ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス2(24ポート)、EXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、5年間
S-EX-P-C2-3 ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス2(24ポート)、EXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、3年間
S-EX-P-C2-5 ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス2(24ポート)、EXシリーズ 24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、5年間
S-EX-A-C3-3 ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48 ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、3年間
S-EX-A-C3-5 ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、5年間
S-EX-P-C3-3 ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、3年間
S-EX-P-C3-5 ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、5年間
S-EX-A-C2-3-COR ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス2(24ポート)、EXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、SVC COREサポート3年間付き、3年間
S-EX-A-C2-5-COR ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス2(24ポート)、SVC COREサポート付きEXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、5年間
S-EX-P-C2-3-COR ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス2(24ポート)、SVC COREサポート付きEXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、3年間
S-EX-P-C2-5-COR ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス2(24ポート)、SVC COREサポート付きEXシリーズ24ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、5年間
S-EX-A-C3-3-COR ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、SVC COREサポート3年間付き、3年間
S-EX-A-C3-5-COR ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、SVC COREサポート3年間付き、5年間
S-EX-P-C3-3-COR ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、SVC COREサポート3年間付き、3年間
S-EX-P-C3-5-COR ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス3(32または48ポート)、EXシリーズ48ポートスイッチ用Wired Assuranceサブスクリプションを含む、SVC COREサポート3年間付き、5年間
永久ライセンス
S-EX-A-C2-P ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス2(24ポート)、EX4300 24ポートスイッチ用永久ライセンス
S-EX-P-C2-P ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス2(24ポート)、EX4300 24ポートスイッチ用永久ライセンス
S-EX-A-C3-P ソフトウェア、EXシリーズアドバンスドライセンス、クラス3(32または48ポート)、EX4300 48ポートスイッチ用永久ライセンス
S-EX-P-C3-P ソフトウェア、EXシリーズプレミアムライセンス、クラス3(32または48ポート)、EX4300 48ポートスイッチ用永久ライセンス
EX-QFX-MACSEC-ACC4 EX3400、EX4300、EX4200アクセススイッチ用MACsecソフトウェアライセンス
アップリンク モジュール
EX-UM-4X4SFP EX4300 4 ポート 1GbE/10GbE SFP+ アップリンク モジュール(EX4300-24T、EX4300-48T、EX4300-48T-AFI、EX4300-48T-DC、EX4300-48T-DC-AFI、EX4300-24P、EX4300-48P)
EX-UM-8X8SFP EX4300 8 ポート 1 GbE/10 GbE SFP+ アップリンク モジュール(EX4300-32F、EX4300-32F-DC)
EX-UM-2QSFP EX4300 2 ポート 40 GbE QSFP+ アップリンク モジュール(EX4300-32F、EX4300-32F-DC)
EX-UM-4SFPP-MR EX4300MP 4 ポート 1 GbE/10 GbE SFP+ アップリンク モジュール(EX4300-48MP)
EX-UM-2QSFP-MR EX4300MP 2 ポート 40 GbE QSFP+/2 ポート 100 GbE QSPF28 アップリンク モジュール(EX4300-48MP)
電源
JPSU-350-AC-AFO EX4300 350 W AC 電源(電源コードは別途注文が必要)(フロントツーバックの気流)
JPSU-350-AC-AFI EX4300 350 W AC 電源(電源コードは別途注文が必要)(バックツーフロントの気流)
JPSU-715-AC-AFO EX4300 715 W AC 電源(電源コードは別途注文が必要)(フロントツーバックの気流)
JPSU-1100-AC-AFO EX4300 1100 W AC 電源(電源コードは別途注文が必要)(フロントツーバックの気流)
JPSU-1400-AC-AFO EX4300 1400 W AC 電源(EX4300-48MP)(電源コードは別途注文が必要)(フロントツーバックの気流)
JPSU-550-DC-AFO EX4300 550 W DC 電源(電源コードは別途注文が必要)(フロントツーバックの気流)
JPSU-550-DC-AFI EX4300 550 W DC 電源(電源コードは別途注文が必要)(バックツーフロントの気流)
ファン
EX4300-FAN スペア ファン、フロントツーバックの気流
EX4300-FAN-AFI スペア ファン、バックツーフロントの気流
EX4300-48MP-FAN スペア ファン、フロントツーバックの気流(EX4300-48MP)
スペア シャーシ
EX4300-24P-S スペア シャーシ、24 ポート 10/100/1000BASE-T PoE+(光インターフェイス、電源、ファンは別売り)
EX4300-24T-S スペア シャーシ、24 ポート 10/100/1000BASE-T (光インターフェイス、電源、ファンは別売り)
EX4300-32F-S スペア シャーシ、32 ポート 1000BASE-X SFP、 10GBASE-X SFP+ x 4、40GBASE-X QSFP+ x 2(光インターフェイス、電源、ファンは別売り)
EX4300-48P-S スペア シャーシ、48 ポート 10/100/1000BASE-T PoE+(光インターフェイス、電源、ファンは別売り)
EX4300-48T-S スペア シャーシ、48 ポート 10/100/1000BASE-T (光インターフェイス、電源、ファンは別売り)
EX4300-48MP-S スペア シャーシ、24 ポート 10/100/1000BASE-T、48 ポート 100/1000/2500/5000/10000BASE-T、95 W PoE(光インターフェイス、電源、ファンは別売り)
プラガブル光インターフェイス
EX-QSFP-40GE-DAC-50CM QSFP+ から QSFP+ への 40 GbE ダイレクト アタッチ カッパー ケーブル(twinax 銅線ケーブル)、50 cm パッシブ
QFX-QSFP-40G-SR4 QSFP+ 40GBASE-SR4 40 GbE 光インターフェイス、850 nm、最大 150 m 伝送(マルチモード光ファイバー)
QFX-QSFP-DAC-1M QSFP+ から QSFP+ への 40 GbE ダイレクト アタッチ カッパー ケーブル(twinax 銅線ケーブル)、1 m パッシブ
QFX-QSFP-DAC-3M QSFP+ から QSFP+ への 40 GbE ダイレクト アタッチ カッパー ケーブル(twinax 銅線ケーブル)、3 m パッシブ
JNP-QSFP-DAC-5M QSFP+ から QSFP+ への 40 GbE ダイレクト アタッチ カッパー ケーブル(twinax 銅線ケーブル)、5 m パッシブ
EX-SFP-1FE-FX SFP 100BASE-T-FX、LC コネクター、1310 nm、2 km(マルチモード ファイバー)(EX4300-32F および EX4300-32F-DC 100BASE-X 固定ポートのみでサポート)
EX-SFP-1GE-SX SFP 1000BASE-SX、LC コネクター、850 nm、550 m(マルチモード ファイバー)
EX-SFP-1GE-LX SFP 1000BASE-LX、LC コネクター、1310 nm、10 km(シングルモード ファイバー)
EX-SFP-1GE-T SFP 10/100/1000BASE-T カッパー、RJ-45 コネクター、100 m リーチ(UTP(非シールド ツイスト ペア)(EX4300-32F および EX4300-32F-DC 1000BASE-X 固定ポートのみでサポート)
EX-SFP-10GE-SR SFP+ 10GBASE-SR、LC コネクター、850 nm、300 m(50 ミクロン マルチモード ファイバー)、33 m(62.5 ミクロン マルチモード ファイバー)
EX-SFP-10GE-LRM SFP+ 10GBASE-LRM、LC コネクター、1310 nm、220 m(マルチモード ファイバー)
EX-SFP-10GE-LR SFP+ 10GBASE-LR、LC コネクター、1310 nm、10 km(シングルモード ファイバー)
EX-SFP-10GE-DAC-xM SFP+ 10 GbE ダイレクト アタッチ カッパー(twinax 銅線ケーブル)、「x」は長さ 1 m、3 m、5 m、7 m のいずれかを示す
EX-SFP-10GE-ER SFP+ 10GBASE-ER 10GbE 光インターフェイス、1550 nm、40 km 伝送(シングルモード ファイバー)
EX-SFP-10GE-USR SFP+ 10 GbE 超短距離光インターフェイス、850 nm、10 m(OM1)、20 m(OM2)、100 m(OM3)マルチモード ファイバー)
EX-SFP-GE10KT13R14 SFP 1000BASE-BX、TX 1310 nm/RX 1490 nm、10 km 伝送(シングル ストランド、シングルモード ファイバー)
EX-SFP-GE10KT14R13 SFP 1000BASE-BX、TX 1490 nm/RX 1310 nm、10 km 伝送(シングル ストランド、シングルモード ファイバー)
EX-SFP-GE10KT13R15 SFP 1000BASE-BX、TX 1310 nm/RX 1550 nm、10 km 伝送(シングル ストランド、シングルモード ファイバー)
EX-SFP-GE10KT15R13 SFP 1000BASE-BX、TX 1550 nm/RX 1310 nm、10 km 伝送(シングル ストランド、シングルモード ファイバー)

1各スイッチの出荷時に、標準的に電源 1 個(出荷先国用の電源コード含む)、RJ-45 ケーブル、RJ-45-to-DB-9 シリアル ポート アダプター、19 インチ ラックマウント キットが付属しています。2 台目の電源はオプションであり、耐障害性を提供します。電源に適した電源コードは、別途注文する必要があります。バーチャルシャーシケーブルは、別途注文する必要があり、サポートされているすべての光ケーブルに適しています(バーチャルシャーシの接続には40GbE DACを推奨します)
2 EFLには、OSPFv4/v6、PIM-SM/SSM/DM、IGMP v1/v2/v3、VRF-Lite用ライセンスが含まれます。AFLにはIS-ISおよびBGP用ライセンスが含まれます(AFLをインストールする前にEFLを別途購入してインストールする必要があります)
3 ロシアおよびCIS国では利用できません。

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワーク運用を大幅に簡素化し、エンドユーザーに優れたエクスペリエンスを提供することを目指しています。業界をリードするインサイト、自動化、セキュリティ、AIを提供する当社のソリューションで、真のビジネス成果をもたらします。つながりを強めれば、人々の絆がより深まり、幸福、持続可能性、平等という世界最大の課題を解決できるとジュニパーは信じています。 

 

 

1000465 - 038 - EN - 2021年9月