Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティインテリジェンス

構文

階層レベル

説明

Junos OS リリース 20.2R1 以降、SecIntel(セキュリティ インテリジェンス)プロファイルに送信元アドレスと宛先アドレスを追加し、 コマンドを設定することでセキュリティ ポリシーでセキュリティ フィードを security-intelligence 生成できます。フィードが生成された後、フィードをaとして dynamic-address 使用して、指定されたトラフィックに一致させ、ポリシーアクションを実行するように他のセキュリティポリシーを設定できます。

オプション

add-destination-ip-to-feed

セキュリティ フィードに宛先 IP アドレスを追加します。

add-source-ip-to-feed

セキュリティ フィードに送信元 IP アドレスを追加します。

フィード名は、フィードタイプと特定のIDを持つSecIntelによって事前に定義され、インストールされている必要があります。

必要な権限レベル

セキュリティ—設定でこのステートメントを表示します。

セキュリティ制御—設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 20.2R1 で導入されたステートメント。