Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティパッケージをインストールする

インストールセキュリティパッケージ を使用して、Juniper Security Director Cloudからデバイスに最新のIPS署名、アプリケーション署名、またはURLカテゴリを手動でインストールします。

デバイスに最新のセキュリティパッケージをインストールするには:

  1. SRX>デバイス管理>セキュリティパッケージ の順に選択します。
    [セキュリティ パッケージ] ページが表示されます。
  2. [ デバイスのプローブ(Probe Devices )] をクリックして、デバイスにインストールされている最新のライセンスの詳細とセキュリティ パッケージのバージョンに関する情報を取得します。更新アイコンをクリックして、表示情報を更新します。
  3. 「最新のセキュリティパッケージ」から、 にリストされているパッケージを 1 つ以上選択し、「セキュリティパッケージのインストール」をクリックします。
    [セキュリティ パッケージのインストール] ページが表示されます。
  4. パッケージをインストールするデバイスを選択します。
    注:

    IPS シグネチャおよび URL カテゴリ パッケージをインストールするには、ライセンスが必要です。有効なライセンスを持つデバイスのみが表に表示されます。

  5. [インストール のスケジュール ]オプションから[ 今すぐ実行 ]を選択して、セキュリティパッケージをすぐにインストールします。[ 後でスケジュール する] を選択し、セキュリティ パッケージをインストールする日時を指定します。
  6. OK をクリックします。ジョブが作成されます。ジョブ ID をクリックして [ジョブ] ページに移動し、インストール操作の状態を表示します。