Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティ ログの設定

デバイスが Juniper Security Director Cloud によって検出されると、デバイスは自動的にセキュリティ ログを Juniper Security Director Cloud にストリーミングするように設定されます。

メモ:

デフォルトでは、Juniper Security Director Cloudはデバイスのセキュリティログを設定します。セキュリティログは、以下の条件に対して設定されていません。

  • デバイスは、ソース インターフェイスとして管理インターフェイス fxp0 を使用しています。セキュリティ ロギングのソース インターフェイス設定には、収益ポートのみが許可されます。

  • デバイス検出中に、CA証明書またはローカル証明書の展開に失敗すると、セキュリティログの非設定になります。

セキュリティログを設定するには:

  1. [SRX > デバイス管理> デバイス] を選択します

    [デバイス] ページが開きます。

  2. [セキュリティ ログの構成] をクリックします。
    [セキュリティ ログの構成] ページが開き、すべてのデバイスが表示されます。
  3. セキュリティ ログを構成するデバイスまたはデバイス クラスターを選択し、ページの右上をクリックします
  4. デバイスまたはデバイス クラスタのセキュリティ ログ ステータスを有効にします。
  5. ドロップダウン リストから送信元インターフェイスを選択し、 をクリックします
    残りのデバイスのセキュリティロギング設定を確認するよう求めるメッセージが表示されます。
  6. 以下のいずれかのオプションをクリックします。
    • はい 、プロセスを進めます。

    • プロセスを停止し、お好みの他のデバイスまたはデバイス クラスターのセキュリティ ログを設定する必要はありません

「はい」をクリックすると、syslog構成をデバイスまたはデバイス・クラスターにプッシュするジョブが作成されます。

ジョブが完了すると、デバイスまたはデバイスクラスターにセキュリティログが設定されます。