Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティ ポリシー規則のソースを選択する

ゾーン、アドレス、そのようなソースエンドポイントのアイデンティティを含む完全なリストからソースエンドポイントを表示および選択できます。

  1. [ソース] フィールドをクリックします。関連するエンドポイントのリストが表示されます。
  2. 表 1 に示すガイドラインに従って構成を完了します
    表 1: [セキュリティ ポリシー規則] ページのソース フィールド
    フィールド の説明

    ゾーン

    SRXシリーズファイアウォールの場合は、ポリシーのコンテキストを定義するソースゾーン(from-zone)を指定します。ゾーン ポリシーは、あるセキュリティ ゾーン(送信元ゾーン)から別のセキュリティ ゾーン(宛先ゾーン)に入るトラフィックに適用されます。

    アドレス

    1 つ以上のアドレス名またはアドレス セット名を入力します。

    • [任意(Any)]:セキュリティ ポリシー ルールに任意のアドレスを追加します。
    • [特定] - 住所グループに含める各住所の横にあるチェックボックスをオンにします。より大きいアイコン (>) をクリックして、選択したアドレスを [ 使用可能 ] 列から [選択済み ] 列に移動します。各列の上部にあるフィールドを使用して、住所を検索できます。 アドレスまたはアドレス グループの作成を参照してください。

    アイデンティティ

    ポリシーの一致条件として使用するソース ID を指定します。ユーザーの役割とユーザーグループに基づいて、異なるポリシールールを設定できます。より大きいアイコン (>) をクリックして、選択したユーザー ID を [ 使用可能 ] 列から [ 選択済み ] 列に移動します。使用可能なリストからソース ID を選択するか、追加アイコン (+) をクリックして新しい ID を作成できます。

  3. [OK]をクリックして、終点をソースとして選択します。