Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

シングル サインオンの構成の概要

シングルサインオン(SSO)は、単一のログイン資格情報セットで複数のアプリケーションやWebサイトに安全にログインできるようにする認証方法です。Juniper Security Director Cloudでは、ネットワーク資格情報を使用してポータルへのアクセスを管理できます。

セキュリティ アサーション マークアップ言語 (SAML) は、サービス プロバイダー (SP) と ID プロバイダー (IdP) 間の認証と承認のためのフレームワークです。ここでは、デジタル署名された XML ドキュメントを使用して認証が交換されます。サービスプロバイダーは、IdP を信頼してユーザーを認証することに同意します。その返りとして、IdP はユーザーが認証されたことを示す認証アサーションを生成します。

利点

  • SAML認証を使用することで、Juniper Security Director Cloudをコーポレートアイデンティティプロバイダ(IdP)と簡単に統合し、シングルサインオンを実現することができます。IdPに対して認証されると、Juniper Security Directorクラウドに対して自動的に認証されます。Juniper Security Director Cloudポータルにアクセスするたびに、個別のパスワードを覚えたり、認証情報を入力したりする必要はありません。

  • ID プロバイダー開始 SSO とサービス プロバイダー開始 SSO の両方で SAML プロトコルがサポートされています。Juniper Security Director Cloudは、サービスプロバイダとしてのSAML 2.0 Web SSOプロファイルと互換性があります。