Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの目次
 

ロールの概要

ロールとは、ユーザーに割り当てられる機能で、Juniper Security Director Cloudでユーザーが実行できるタスクを定義します。各ユーザーには、ユーザーが実行することが期待されるタスクに応じて、1 つ以上のロールを割り当てることができます。

ユーザーロールを使用すると、タスクを実行するために割り当てられた権限に基づいてユーザーを分類できます。

役割の種類

Juniper Security Director Cloudは、以下の役割タイプを提供します。

  • 事前定型ロール - 事前定義されたアクセス権限のセットを持つシステム定義のロール。事前定義されたロールは、Juniper Security Director Cloudのインストール時に作成されます。

  • カスタム ロール - 一連のアクセス権限を持つユーザー定義ロール。カスタマイズされたロールは、管理者またはユーザーを作成する権限を持つユーザーが作成できます。

アクセス権限

ユーザーロールは、Juniper Security Director Cloudのダッシュボード、デバイステンプレート、デバイスなどのオブジェクトにアクセスするためのアクセス権限とアクションを定義します。たとえば、ユーザーロールには、デバイス設定の読み取りとアラートオブジェクトの削除の権限を含めることができます。

Juniper Security Director Cloudには、以下の権限があります。

  • 読む

  • 作成

  • 更新

  • 削除

  • その他のアクション (デバイス ソフトウェア イメージのステージングや展開など)