Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Juniper Security Director Cloudのジョブ管理

ジョブとは、デバイス、サービス、ユーザーなど、Juniper Security Director Cloudによって管理されるあらゆるオブジェクトに対して実行されるアクションのことです。[ジョブ]ページでは、Juniper Security Director Cloudで実行された、または実行が予定されているジョブのステータスを監視できます。ジョブは、すぐに実行することも、将来実行するようにスケジュールすることもできます。

ユーザーアカウントまたはリモートプロファイルの設定に応じて、自分のジョブのみまたはすべてのジョブを表示できます。

注:

スーパー管理者またはジョブ管理者の役割が割り当てられたユーザーは、すべてのユーザーによってトリガーされたすべてのジョブを表示できます。

Juniper Security Director Cloudは、すべてのジョブのジョブステータスの履歴を保持します。ジョブが開始されると、Juniper Security Director Cloudは、ジョブを識別するための一意のIDを、ジョブページのジョブタイプとともに割り当てます。Juniper Security Director Cloudでサポートされているジョブタイプの一部を以下に示します。

  • デバイス管理:デバイスのオンボーディング、ライセンスのインストール、セキュリティパッケージのインストール、セキュリティ証明書のインポートとインストール、ソフトウェアイメージのアップグレード、デバイスの削除。

  • ファイアウォール:自動インポート、手動インポート、プレビュー、展開、削除。

  • NAT - 自動インポート、手動インポート、プレビュー、導入、削除

  • IPSec VPN - インポート、プレビュー、導入、および削除。

  • アクティブ ディレクトリ - プレビューと展開。

  • JIMSプロファイル—プレビューと展開。

  • アクセス プロファイル - プレビューと展開。

  • ユーザ ロール - 作成。

  • サブスクリプション - 追加と削除。

  • ポリシーヒット。