Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

「アプリケーションの可視性」ページについて

このページにアクセスするには、[ Monitor > Maps & Chart > Applications] を選択します。

Juniper Security Director Cloudは、アプリケーションの可視性をサポートし、アプリケーションレベルの脅威からネットワークを保護できます。

この機能は、ネットワーク上で実行されているアプリケーションの種類、帯域幅の消費量、動作などのセキュリティ管理情報を提供します。この情報を使用して、ネットワークに対するアプリケーションレベルの脅威を特定できます。たとえば、過剰な帯域幅を消費し、ネットワーク帯域幅の輻輳によってデータ損失を引き起こすアプリケーションによってもたらされる脅威を特定できます。また、ネットワークに出入りできるトラフィックの種類を管理することで、アプリケーションをきめ細かく制御することもできます。

アプリケーションの可視性データを表示するには、カード ビューと グリッド ビューの 2 つの方法があります。既定では、データは カード ビューに表示されます。

前提 条件

アプリケーションの可視性データを表示するには、次の手順を実行する必要があります。

  • アプリケーション署名パッケージがSRXシリーズファイアウォールにインストールされていることを確認します。例えば:

  • 動的アプリケーションがファイアウォール規則に適用されていることを確認します。例えば:

    ファイアウォールルールを特定の動的アプリケーションまたはグループと一致させることもできます。例えば:

  • ファイアウォール規則で [セッション開始ログ] と [セッション終了ログ] を有効にします。

実行できるタスク

このページから、次のタスクを実行できます。

  • カード ビューでアプリケーションの可視性データを表示します。カード表示を参照してください。

  • グリッド ビューでアプリケーションの可視性データを表示します。グリッドビューを参照してください。

カードビュー

[ Card View](カードビュー )リンクをクリックすると、ネットワークで最大帯域幅を消費している上位50個のアプリケーションの概要が表示されます。データは、バブルグラフ、ヒートマップ、またはズーム可能なバブルグラフとしてグラフィカルに表示できます。データは、選択した時間範囲に基づいて自動的に更新されます。[期間] フィールドの [カスタム] オプションを使用して、 カスタム 時間範囲を設定することもできます。

アプリケーションにカーソルを合わせると、セッションの総数、カテゴリ、消費された帯域幅、リスクレベル、特性などの重要な情報を表示できます。アプリケーションにアクセスしている上位 5 人のユーザーを表示することもできます。

表 1 に、「アプリケーションの可視性」ページのカード・ビューのフィールドの使用に関するガイドラインを示します。

表 1: カード ビューのフィールド

フィールド

説明

期間

ユーザーのデータを表示するために必要な時間範囲を選択します。

カスタムオプションを使用して、複数の日のデータを表示する場合は、時間範囲を選択します。

の場合

アプリケーションの可視性データが表示されるサイトを表示します。既定では、[すべてのサイト] が選択されています。特定のサイトグループのアプリケーション可視性データを表示するには:

  1. [ 編集 ] をクリックして [サイト グループの追加] ページを開きます。
  2. [選択]オプションを選択します。
  3. 使用可能なサイトからサイトグループに適用するサイトを選択し 、[> ] をクリックしてサイトをサイトグループに追加します。
  4. OK をクリックします。

表示者

ユーザーのデータを表示するには、次のオプションから選択します。

  • 帯域幅 - 特定の時間範囲にアプリケーションが消費した帯域幅の量に基づいてデータを表示します。

  • セッション数 - アプリケーションによって消費されたセッションの数に基づいてデータを表示します。

グラフを選択

次のグラフィック表現から選択して、アプリケーションのデータを表示します。

  • バブルグラフ

  • ヒートマップ

  • ズーム可能なバブルグラフ

既定では、データはバブル グラフ形式で表示されます。

グループ化

次のオプションから選択して、アプリケーションのデータを表示します。

  • リスク - 重大、高、安全ではないなどの別に分類されます。

  • カテゴリ - Web、インフラストラクチャなどのカテゴリ別にグループ化されます。

グリッドビュー

[グリッド ビュー] リンクをクリックすると、アプリケーションに関する包括的な詳細が表示されます。ボリューム別の上位ユーザー、ボリューム別の上位アプリケーション、ボリューム別の上位カテゴリ、ボリューム別の上位特性、およびリスク別のセッションを表示できます。並べ替え可能な列を含む表形式でデータを表示することもできます。アプリケーションは、アプリケーション名やリスク レベルなどに基づいて昇順または降順で並べ替えることができます。表 2 に、このビューのウィジェットを示します。これらのウィジェットを使用して、ネットワークを通過するアプリケーション、ユーザー、およびコンテンツの全体的な概要ビューを取得します。

表 2 に、「アプリケーションの可視性」ページのグリッド・ビューのフィールドの使用に関するガイドラインを示します。

表 2: グリッドビューのウィジェット

フィールド

説明

ボリューム別の上位ユーザー

アプリケーションのトップユーザー。帯域幅消費量でソート。

ボリュームでトップアプリ

ネットワーク トラフィックを使用する上位アプリケーション (Amazon、Facebook など) を帯域幅消費量で並べ替えます。

ボリュームによるトップカテゴリ

アプリケーションの最上位カテゴリ (Web、インフラストラクチャなど)。帯域幅消費量でソート。

ボリュームによるトップ特性

アプリケーションの上位の動作特性 (誤用されやすいかどうか、帯域幅の上位コンシューマーなど)。

リスク別セッション数

受信したイベントまたはセッションの数。リスク別にグループ化。

表 3 に、ウィジェットの下ののフィールドを示します。ユーザーは、ユーザー名または IP アドレスで表示されます。リンクをクリックすると、[ユーザーの可視性] ページがグリッド ビューに表示され、正しいフィルターが適用されます。セッションもリンクとして表示され、リンクをクリックすると、すべてのセキュリティ イベントを含む [すべてのイベント] ページが表示されます。

表 3: アプリケーションの詳細ビュー

フィールド

説明

アプリケーション名

アプリケーションの名前 (Amazon、Facebook など)。

リスクレベル

アプリケーションに関連するリスク:重大、高、安全ではない、中程度、低、不明。

ユーザー

アプリケーションにアクセスするユーザーの合計数。

ボリューム

アプリケーションによって使用される帯域幅。

合計セッション数

アプリケーションセッションの合計数。

カテゴリ

アプリケーションのカテゴリ (Web、インフラストラクチャなど)。

サブカテゴリー

アプリケーションのサブカテゴリ。たとえば、ソーシャル ネットワーキング、ニュース、広告などです。

特性

アプリケーションの特性。例えば、誤用されやすく、消費者の帯域幅は、トンネリングが可能な。