Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

[監査ログ] ページについて

このページにアクセスするには、[ 管理 ] > [ 監査ログ] を選択します。

[監査ログ] ページを使用して、Juniper Security Director Cloud GUI または API を使用して開始したタスクを表示します。監査ログをカンマ区切り値 (CSV) ファイルまたはポータブル データ形式 (PDF) ファイルとしてエクスポートすることもできます。

実行できるタスク

このページから、次のタスクを実行できます。

  • ユーザーが開始するさまざまなタスクの詳細を表示するには>詳細 を選択します。 監査ログの上にマウスを置き、[ 詳細ビュー] アイコンをクリックすることもできます。

  • 監査ログを CSV ファイルまたは PDF ファイルとしてエクスポートする:を参照してください 監査ログのエクスポート

  • 監査ログの並べ替えとフィルター処理:

    • 列名をクリックして、列名に基づいて監査ログを並べ替えます。

    • フィルター アイコンをクリックし、列フィルターを表示するか非表示にするか、クイック フィルターを適用するかを選択します。たとえば、監査ログ フィルタリングを使用して、特定の日付に追加されたユーザー アカウントを追跡したり、特定の種類のデバイス間での構成変更を追跡したり、特定のデバイスでプロビジョニングされたサービスを表示したりできます。

  • 列を表示または非表示にする - ページの右上隅にある [ 非表示の列を表示 ] アイコンをクリックし、[監査ログ] ページに表示する列を選択します。

表 1 [監査ログ] ページのフィールドについて説明します。

表 1: [監査ログ] ページのフィールド

フィールド

説明

ユーザー名

タスクを開始したユーザーのユーザー名が表示されます。

オブジェクト名

タスクが開始されたオブジェクトの名前が表示されます。オブジェクトには、テナント、サイト、デバイス、デバイス イメージ、テンプレートなどがあります。

送信元IP

ユーザーがタスクを開始したクライアントの IP アドレスを表示します。ユーザー IP アドレスが関連付けられていないタスクの場合、このフィールドはブランクです。

動作

監査ログをトリガーしたタスクの名前が表示されます。たとえば、アドレスの作成、アドレスの削除、NAT ポリシーの作成などです。

説明

タスクの詳細を表示します。

状態

監査ログをトリガーしたタスクのステータスを表示します。

  • 成功 - ジョブまたはタスクが正常に完了しました。

  • 失敗 - ジョブまたはタスクが失敗し、終了しました。

  • スケジュールされたジョブ - ジョブはスケジュールされていますが、まだ開始されていません。

  • スケジュールされた定期的なジョブ - 定期的なジョブがスケジュールされています。

記録された時間

タスクの実行が完了した日時が表示されます。このタイムスタンプは UTC 時間でデータベースに格納されますが、クライアント コンピューターのローカル タイム ゾーンにマップされます。

ジョブID

ジョブが関連付けられているタスクの場合、タスクに関連付けられているジョブの ID が表示されます。

ジョブ ID をクリックすると、[ジョブ] ページに移動し、ジョブの状態を表示できます。