Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

証明書のアップロードとダウンロード

[証明書管理] ページから証明書をアップロードおよびダウンロードできます。このトピックは、次のセクションで構成されています。

証明書のアップロード

選択した CSR 署名付き証明書または外部で生成された証明書をデバイスに手動でアップロードします。.pem 形式と RSA アルゴリズムの証明書のみがサポートされています。続行する前に、署名付き証明書がローカルシステムで使用可能であることを確認してください。

署名付き証明書をアップロードするには:

  1. [Secure Edge >サービス管理] > [証明書管理] を選択します。

    [証明書の管理] ページが表示されます。

  2. CSR 証明書または外部で生成された証明書を選択し、[アップロード] をクリックします。

    [証明書のアップロード] ページが表示されます。

  3. [参照(Browse)] をクリックし、ローカル システム上の署名付き証明書ファイルの場所に移動します。
    メモ:

    アップロードされた .pem ファイルが、選択した証明書と完全に一致することを確認します。不一致がある場合、Juniper Secure Edgeでのトラフィック処理は失敗します。

  4. 署名付き証明書を選択し、[開く] をクリックします。
  5. OK をクリックします。

    [証明書管理] ページが表示されます。インポートした証明書の内容が正常に検証されると、確認メッセージが表示されます。そうでない場合は、エラーメッセージが表示されます。

    署名付き証明書をアップロードした後は、SSL プロキシー・プロファイルを作成するときにそれを使用できます。

証明書のダウンロード

証明書をダウンロードするには:

  1. [Secure Edge >サービス管理] > [証明書管理] を選択します。

    [証明書の管理] ページが表示されます。

  2. CSR 証明書または外部で生成された証明書を選択し、[ダウンロード] をクリックします。

    証明書がシステムにダウンロードされます。