Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

証明書管理の概要

通常、ユーザーはユーザー名とパスワードに基づいてアプリケーションまたはシステムからリソースにアクセスできます。また、証明書を使用して、さまざまなサーバーやユーザー間のセッションを認証および許可することもできます。SSL(セキュア ソケット レイヤー)接続を介した証明書ベースの認証は、最も安全な認証タイプです。証明書は、スマート カード、USB トークン、またはコンピューターのハード ドライブに保存できます。

証明書管理は、デバイス証明書を管理して、SSL(セキュア ソケット レイヤー)を認証します。SSL は、SSL サービスを提供するために、ペアの秘密鍵と認証証明書を必要とする公開鍵と秘密鍵の技術を使用します。SSL は、SSL サーバー証明書によってネゴシエートされたセッションキーを使用して、デバイスと Web ブラウザー間の通信を暗号化します。

SSLプロキシは仲介者として機能し、クライアントとサーバー間でSSL暗号化と復号化を実行します。SSL フォワード プロキシーが有効になっている場合、アプリケーションの使用状況をより詳しく可視化できます。SSLプロキシは、安全な通信を提供するために、証明書とプライベートパブリックキー交換ペアに依存しています。TLS(Transport Layer Security)は SSL から進化するため、ドキュメントでは TLS と SSL という用語が同じ意味で使用される場合があります。