Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Air-Gap による RHEL への Paragon Automation のインストール

エアギャップのインストール方法を使用して、Paragon Automationクラスターをインストールして導入できます。エアギャップ方式では、クラスタ ノードにインターネットにアクセスする必要はありません。配信ソフトウェアをダウンロードし、インストール・ファイルを作成および構成して、制御ホストからインストールを実行するには、制御ホストが必要です。SSHを使用してすべてのノードに接続できる必要があります。

前提 条件

ディストリビューション・ソフトウェアをダウンロードしてインストールする前に、以下のセクションで説明するように制御ホストとクラスター・ノードを事前に構成する必要があります。

  1. 「コントロール ホストの準備」の説明に従って、インストール プロセス用の制御ホストを準備します
  2. 「クラスター・ノードの準備」の説明に従って、インストール・プロセス用のクラスター・ノードを準備します
  3. 仮想 IP アドレスに関する考慮事項の説明に従って、必要な仮想 IP アドレスを持っていることを確認します。

Paragon Automationのダウンロードとインストール

  1. 制御ホストにログインします。
  2. Paragon Automation Setupのインストールフォルダをダウンロードディレクトリにダウンロードし、フォルダを抽出します。コマ ンドをwget "http://cdn.juniper.net/software/file-download-url"使用して、フォルダと任意の抽出ユーティリティをダウンロードしてファイルを抽出できます。

    Paragon Automationソフトウェアをダウンロードするには、ジュニパーのアカウントが必要です。

    メモ:

    インストールプロセス中に、air-gap 方式を使用するために rhel-84-airgap.tar.gz ファイルをダウンロードする必要があります

  3. rhel-84-airgap.tar.gz ファイルをすべてのクラスター ノードにコピーします。
    1. クラスター ノードにログインします。

    2. rhel-84-airgap.tar.gz ファイルを /root ディレクトリにコピーします。

    3. ディレクトリを /root に変更します。

    4. コマンドを使用して rhel-84-airgap.tar.gztar -zxvf rhel-84-airgap.tar.gz 抽出します。

    5. コマンドを yum -y install *.rpm 実行して、RPMパッケージを展開します。

    すべてのクラスター ノードで ステップ 3 を繰り返します。
  4. コントロール ホストにログインし直します。
  5. マルチノードクラスターへのParagon Automationのインストールで説明されているインストールプロセスの手順1~7に従います。
    単一ノードのインストールの場合は、「 単一ノードにParagon Automationをインストールする」のステップ 1~ 7に従います。
  6. テキスト エディターを使用して config.yml ファイルを手動で編集し、以下の値を設定します。
  7. インストールユーザーアカウントを使用して、SSH経由でクラスターノードにログインします。すべてのクラスター ノードで次の手順を実行します。
    1. テキストエディターを使用して 、/etc/yum.repos.d/ 内のすべてのリポジトリを 、 に enabled = 0設定します。

      すべてのクラスター・ノードについて、このステップを繰り返します。

    2. すべてのノードに以下のファイアウォールルールを適用します。

  8. config.ymlインベントリファイルで設定した情報に基づいて、コントロールホストにログインし直し、Paragon Automationクラスターをインストールします。

    構成済みクラスターのインストール時間は、クラスターの複雑さによって異なります。基本的なセットアップのインストールが完了するのに少なくとも 45 分かかります。

    NTP 同期は導入の開始時に確認されます。クロックが同期していない場合、導入は失敗します。

  9. 展開が完了したら、ワーカー ノードにログインします。

    テキストエディタを使用して、 limits.conf ファイルと sysctl.conf ファイル内のParagon Insightsの流入DBメモリ要件のソフトメモリおよびハードメモリ制限を設定します。

    すべてのワーカー ノードに対してこの手順を繰り返します。

  10. Paragon Automation UI- Multinodeインストールへのログインで説明されている手順に従ってGUIにアクセスします。シングルノード実装の場合は、Paragon Automation UIへのログイン- シングルノードインストールで説明されている手順に従います。