Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Paragon Pathfinderの概要

より多くのコンテンツとアプリケーションがクラウドに移行され、ネットワークを介して新しいサービスが提供されるにつれて、ネットワーク事業者は帯域幅需要の増加に対応するためにネットワークを拡張しています。このようなネットワークの拡張と機能の増加により、トラフィック管理の複雑さが増しています。そのため、ネットワーク事業者は、このような複雑さを管理し、ネットワークのスピードと俊敏性を向上させる方法を見つける必要があります。

また、帯域幅の需要が高まり、遅延の影響を受けやすいアプリケーションの数が増加していることも、ネットワーク事業者は厳しいサービス品質保証契約(SLA)を満たす必要があることを意味します。さらに、コスト(CapEx と OpEx)を削減し、収益を最大化するために、ネットワーク事業者はネットワーク帯域幅の利用を拡大し、冗長パスが不要になる可能性があるため、ネットワークをより迅速かつ効率的に運用する必要があります。ネットワーク事業者は、ネットワークを効率的に運用できるように、ネットワークの設計、実装、運用も必要です。このような成果を達成するために、ネットワーク事業者は自動化を活用しています。

SDN(Software-Defined Networking)コントローラは、ネットワーク事業者がクローズドループ自動化を使用してネットワークの可視化、監視、自動化を行うのに役立ちます。さらに、セグメントルーティング(SR)は、IP-MPLSネットワークのトラフィック管理を簡素化すると同時に、アプリケーション認識をネットワーク制御プレーンに統合することで、ネットワークを複雑にすることなく、可能な限り最高のアプリケーションエクスペリエンス品質(AppQoE)を提供します。

ジュニパーのParagon Pathfinder(旧NorthStar Controller)は、スタンダードベースのステートフルSDNおよびセグメントルーティングコントローラで、大規模サービスプロバイダ、クラウドプロバイダ、エンタープライズネットワークにおけるIP-MPLSおよびSRトラフィックフローをきめ細かく可視化して制御できます。Paragon Pathfinderは、トポロジーとパフォーマンスの統計情報を収集し、リアルタイムのトポロジービューとイベント、トラフィックとレイテンシのグラフ、トラフィックレポートを通じてネットワークのビューをネットワークオペレーターに提供します。

表1 はParagon Pathfinderの主要な機能を示しています。

表1:Paragon Pathfinderの主な機能

カテゴリ

説明

分析

BGP や OSPF などのルーティング プロトコルを使用してデータを収集し、ネットワーク トポロジーを検出します。

最適化

トポロジーとユーザー定義の制約を使用し、データを分析してインテリジェントな意思決定を行うことで、サービスのパスを計算します。これにより、アプリケーションがネットワーク上で最も効率的なパスをたどり、SLA 要件を満たすことができます。

展開

PCEP(Path Computation Element Protocol)、BGP セグメント ルーティング トラフィック エンジニアリング(SR-TE)、NETCONF、YANG などのプロトコルを使用してパスをインストールします。

主な特長

  • BGPリンクステート(BGP-LS)、PCEP、gRPC、NETCONFを使用して、ネットワーク内のイベントをリアルタイムでトポロジー表示および表示できます。

  • ラベルスイッチパス(LSP)の一元的な検出とプロビジョニング、監視、管理が可能です。

  • 高度なアルゴリズムを使用して、複雑なドメイン間パス計算を可能にします。

  • ネットワークデータのアーカイブを容易にし、ネットワーク計画に使用できます(Paragon Plannerを使用)。

  • Paragon Insightと統合して、デバイスとネットワークの健全性を監視および管理します。

  • オープンサウスバウンド(PCEP、BGP-LS、NETCONFなど)とノースバウンドインターフェイス(REST、YANGなど)を提供します。

主な使用事例

  • 可視化:RSVP-Traffic Engineering(RSVP-TE)、LDP、SR-TEを実行するMPLSネットワークを可視化および監視します。

  • パスの多様性:トラフィックエンジニアリングを使用して、ネットワーク内の多様なパスを達成します。たとえば、重要なサービスがあり、そのサービスの SLA を保証したい場合は、ネットワークを通る多様なパスを指定して、1 つのパスに障害が発生した場合、トラフィックをできるだけ迅速に別のパスに移動させることができます。

  • 異なる基準に基づいてLSPを再ルーティング:

    • エンドツーエンドの使用率のしきい値違反:Paragon Pathfinderは、各インターフェイスのしきい値を追跡します。しきい値に違反した場合(ユーザーが定義したグローバルしきい値と比較して)、LSPは優先度、帯域幅などに基づいて再ルーティングされます。

    • 遅延閾値違反:Paragon Pathfinderは、測定された遅延を収集し、設定された最大遅延に違反するリンク上を通過するLSPを再ルーティングします。

    • パケット損失の閾値違反:Paragon Pathfinderは、パケット損失データを収集し、ユーザーが定義したグローバルしきい値と比較します。パケット損失のしきい値に違反するすべてのリンクは 1 時間保守モードになり、リンクを通過する LSP は優先度や帯域幅などに基づいて再ルーティングされます。

    • ノードのメンテナンス:ユーザーがノードをメンテナンスに配置した場合(メンテナンスイベントがトリガーされます)、Paragon Pathfinderはメンテナンス中のすべてのノードをパス計算から除外し、影響を受けるLSPを自動的に再ルーティングします。

  • 帯域幅のスケジュール設定:将来の帯域幅のニーズをスケジュールします。

Paragon Pathfinderのメリット

  • ネットワーク事業者がネットワークを監視してリアルタイムのトポロジーと帯域幅の変化を監視し、ネットワークサービスを最適化して高品質のカスタマーエクスペリエンスを提供することで、より良いサービスエクスペリエンスを提供します。

  • ネットワーク事業者は、MPLS 全体またはセグメントルーティングされたネットワークの概要を確認し、ドリルダウンしてパス、リンク、またはノードの詳細な状態を表示できるため、運用エクスペリエンスが簡素化されます。

  • MPLSとセグメントルーティングされたネットワークが、トポロジー、帯域幅の使用量、トラフィックパターンの変化を自己学習し、SLAを維持するために適切なアクションを実行できるようにすることで、ネットワークがより自律的に動作できるようにします。