Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

BGP-LS を介してリンク統計情報を送信するようにルーターを設定する

Paragon Automationリリース21.2以降では、BGP-LSを使用して、ネットワークからリンク遅延とリンク遅延変動(連続する読み取り間の測定遅延の変動)に関する情報を取得できます。以前は、ルーター上に設定された RPM プローブからリンク遅延情報が取得されました。

ParagonオートメーションGUIでは、リンク遅延統計情報を次のように表示できます。
  • ネットワーク トポロジ(ネットワーク > トポロジ)でリンク ラベルを右クリックし、[ 計測遅延 A:Z ]を選択します。測定された遅延は、 図 1 に示すようにリンクに記載されています。
    図 1:ネットワーク トポロジ内のリンクで示される測定リンク遅延
  • [ネットワーク情報] テーブルの [リンク] タブの [測定遅延 A] 列と [測定遅延 Z] 列には、リンクの両端の測定遅延が表示されます。 図 2 を参照してください。
    図 2:ネットワーク情報テーブルに表示される測定遅延

Paragon Pathfinderのパス計算要素(PCE)は、測定されたリンク遅延を使用して、LSPパス内のすべてのリンク遅延の合計としてエンドツーエンドのLSP遅延を計算します。LSP に最大遅延が設定されており、計算されたリンク遅延が設定された最大遅延に違反する場合、PCE は設定された最大遅延内にリンク遅延を持つパスを介して LSP を計算して再ルートします。

メモ:

Junos OS 21.3以降のバージョンがルーター上で実行されている場合にのみ、BGP-LSを介して測定されたリンク遅延を送信するようにジュニパーネットワークスのルーターを設定できます。また、ルーターは、ポイントツーポイント リンクで IS-IS プロトコルを使用する場合にのみ、測定された遅延と遅延変動を送信します。

BGP-LS を介してリンク上で測定された遅延と遅延変動をアドバタイズするようにジュニパーネットワークス ルーターを設定するには、次の手順にしたがってください。

  1. リンクの末尾にあるルーターで TWAMP を有効にします。
  2. 各ルーターで、遅延を測定するインターフェイスを設定します。例えば:
  3. ルーターで RPM プローブが有効になっている場合は、RPM プローブを使用不可にして、ルーターが RPM プローブを介して取得したリンク遅延統計を送信しないようにします
    メモ:

    ルーターで設定される可能性のある RPM プローブについては、「 JTI Telemetry Data and RPM Statistics をデータ コレクターに送信 するようにルーターを設定する」を参照してください。

  4. (オプション)次のコマンドを使用して、TED データベースと cRPD の測定遅延を表示します
    • ノードの TED データベースで測定された遅延を表示するには、ノードで次のコマンドを実行します。

      この出力は、平均遅延、最小遅延、最大遅延、遅延変動を次のように示しています。

    • cRPD が受信した測定遅延を表示するには、cRPD で次のコマンドを実行します。 出力には、平均遅延、最小遅延、最大遅延、遅延変動が以下のようにリストされます。