Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

クラスター ノードの編集

このトピックで提供される情報を使用して、クラスター ノードを編集します。

ノードの追加

クラスタの運用ノードParagon オートメーション追加してクラスタに追加できます。ノードはプライマリ ノードとワーカー ノードのどちらかにできます。

ただし、既存のクラスタが単一のプライマリ ノードで設定されている場合、この手順を使用して追加のプライマリ ノードを追加することはできません。1 つのプライマリ ノード クラスタに追加のプライマリ ノードを追加するには、クラスタ全体を再インストールする必要があります。

新しいノードを追加するには、以下の方法で行います。

  1. ノードを準備し、「 クラスター ノードの準備 」 で説明されているとおり、すべてのクラスタ ノードの 前提条件を満たしていることを確認します
  2. 制御ホストにログインします。
  3. 新しいノードのIPアドレスまたはホスト名を使用してインベントリ ファイルを編集します。必要なクラスタ ノード グループ(プライマリまたはワーカー)にノードを追加します。
  4. コマンドを ./run -c config-dir deploy 実行します。

    コマンドを使用して、新しいノードのみを導入するコマンドの実行を制限 ./run -c config-dir deploy -l node-address することもできます。

ノードの削除

クラスタの運用ノードをParagon オートメーション1つ以上のノードをクラスタから削除できます。

ノードを削除するには、次の方法にアクセスします。

  1. kubectl にアクセスします。

    Kubernetes クラスタのメイン インターフェイスは、プライマリ ノードにインストールされた kubectl です。ただし、クラスタへのアクセス権を持つ任意のノード(制御ホストを含む)からKubernetes APIにアクセスすることもできます。プライマリ ノード以外のノードを使用するには、必ず admin.conf ファイルをコピーして環境変数を設定するか、 コマンド kubeconfig を使用する必要 export KUBECONFIG=config-dir/admin.conf があります。

    コマンドの詳細については、 kubectl を参照https://kubernetes.io/docs/reference/kubectl/overview/。

  2. 以下のコマンドを kubectl 実行して、ノードを削除します。
  3. 制御ホストにログインします。インベントリ ファイルを更新してノードを削除し、インベントリ ファイルにも変更が反映するようにします。ただし、 コマンドを再 ./run -c config-dir deploy び実行しません。

ノードの交換

既存のクラスタ内の別のノードとノードをParagon オートメーションできます。

ノードを別のノードと交換するには、以下の方法に示します。

  1. ノードを準備し、「 クラスター ノードの準備 」 で説明されているとおり、すべてのクラスタ ノードの 前提条件を満たしていることを確認します
  2. アクセス kubectl .

    Kubernetes クラスタのメイン インターフェイスは kubectl 、プライマリ ノードにインストールされています。ただし、クラスタへのアクセス権を持つ任意のノード(制御ホストを含む)からKubernetes APIにアクセスすることもできます。プライマリ ノード以外のノードを使用するには、必ず admin.conf ファイルをコピーして環境変数を設定するか、 コマンド kubeconfig を使用する必要 export KUBECONFIG=config-dir/admin.conf があります。

    コマンドの詳細については、 kubectl を参照https://kubernetes.io/docs/reference/kubectl/overview/。

  3. ノードを削除するには kubectl 、次のコマンドを実行します。
  4. 制御ホストにログインします。
  5. 新しいノードのIPアドレスまたはホスト名を使用してインベントリ ファイルを編集します。必要なクラスタ ノード グループ(プライマリまたはワーカー)にノードを追加します。また、交換したノードを削除します。
  6. コマンドを ./run -c config-dir deploy 実行します。

    コマンドを使用して、新しいノードのみを導入するコマンドの実行を制限 ./run -c config-dir deploy -l node-address することもできます。

ノードに障害が発生した場合、障害が発生したノードと同じIPアドレスを使用して置換ノードを再構築できます。

同じノードを代替として再配備するには、次の手順に従います。

  1. ノードを準備し、「 クラスター ノードの準備 」 で説明されているとおり、すべてのクラスタ ノードの 前提条件を満たしていることを確認します

  2. 制御ホストにログインします。

  3. コマンドを ./run -c config-dir deploy 再度実行します。

    コマンドを使用して、コマンドの実行を再配備されたノードにのみ制限 ./run -c config-dir deploy -l node-address することもできます。