Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ジュニパーAPの送信電力表記

無線電力レベルと変換

RRM を有効にして auto に設定すると、高度な無線およびアンテナ電力管理が提供されるため、使用することを推奨します。 無線管理を参照してください。ただし、設定を手動で構成する必要がある場合、または検出力の計算と値を理解したい場合は、次の説明が役立ちます。

  • Mist ポータルで使用される電力値は、 送信(Tx)チェーン全体の AP 送信電力の合計です。
  • 6 GHzの送信電力は、有効等方性放射電力(EIRP)ではなく、米国(およびその他の規制ドメイン)の電力スペクトル密度(PSD)によって制限されます。EIRPは、トランスミッタの出力電力、ケーブル損失、アンテナゲインを表すために使用される計算値です。

  • Ekahauで作成された予測電力プランの設計では、Mistポータルで送信電力の値を使用する前に、MIMOゲインを差し引く必要があります。

図1: 現在の無線値の Power Levels in Current Radio Values電力レベル

MIMOゲイン値の経験則

AP41、AP43、AP45デバイスの手動設定の簡単な経験則は、MIMOゲインに6dBを追加することです。AP34デバイスの場合は、3 dBを追加します。無線に関しては、経験則は次のようになります。

  • 4 空間ストリーム(4x4):6 dB の MIMO ゲイン
  • 3つの空間ストリーム(3x3):4.7 dBのMIMOゲイン
  • 2つの空間ストリーム(2x2):3 dB のMIMOゲイン
Ap 2.4 GHz 5 GHz
AP32E 方向 8デシベル 10デシベル
  オムニ 4デシベル 6 dBi
AP41E 方向 8デシベル 8デシベル
  オムニ 証明書なし、AP41を使用 証明書なし、AP41を使用
AP43E 方向 8デシベル 10デシベル
  オムニ 4デシベル 6 dBi
AP61E 方向 8デシベル 8デシベル
  オムニ 4デシベル 6 dBi
AP63E 方向 8デシベル 10デシベル
  オムニ 4デシベル 6 dBi

TPO と EIRP の計算

ジュニパーAPの総出力(TPO)は、無線チェーンあたりの送信電力に無線チェーンの総数のログ値を加えた値に等しくなります。無線チェーンは、信号処理に必要なトランシーバ、アンテナ、およびハードウェアで構成されています。

  • TPO = チェーンあたりの Tx 電力 + 10log (Tx チェーン)

たとえば、チェーンあたり17 dBmのジュニパーAPがある場合、6 dB MIMOゲインを追加すると、合計送信電力は23 dBmになります。

アンテナから放射される推定出力電力の値であるEIRPの計算も同様です。

  • EIRP = TPO + アンテナゲイン - アンテナ損失

EIRP(6 GHz 帯域無線用)

米国を含む一部の規制領域では、無線送信電力の制限にEIRPではなくPSDが使用されています。PSDでは、チャネル帯域幅が増加するにつれて電力密度が低下します。

PSDの詳細については、チャネル帯域幅全体でEIRPとPSDを比較した図については、 https://blogs.juniper.net/en-us/industry-solutions-and-trends/power-spectral-density を参照してください。

さらに:

  • 80 MHz などの広いチャネルでは、通常のチャネル幅(20 MHz および 40 MHz)よりも高い EIRP が得られる場合があります。

  • 米国では、FCCは最大5dBm/MHz PSD、または低電力屋内(LPI)運用では最大30dBm EIRPを許可しています。

  • EUでは、規制当局は最大10 dBm/MHz PSD、またはLPIでは最大23 dBm EIRPを許可しています。

PSDとEIRP間の変換

EIRPは、PSDに総チャネル幅のログを加えたものに等しくなります。ここに示す式を使用して、PSDとEIRPを変換できます。

  • EIRP = PSD + 10log(チャネル幅)

したがって、たとえば、PSDが5 dBm / MHzで40 MHzチャネルがある場合、EIRPは5 + 40のベース10ログ、つまり1.6になり、合計dBmは21になります。

表1:LPOのPSDおよびEIRPリファレンス
チャネル幅 PSD EIRP ノイズフロア ネット EIRP 使用可能チャネル
20メガヘルツ 5 dBm/MHz 18dBm Na 18dBm 59
40メガヘルツ 5 dBm/MHz 21デシベルm +3 dBm 18dBm 29
80 MHz 5 dBm/MHz 24デシベルm +6 dBm 18dBm 14
160メガヘルツ 5 dBm/MHz 27デシベルm +9 dBm 18dBm 7
320メガヘルツ 5 dBm/MHz 30デシベルm +12 dBm 18dBm 3

エカハウとの連携

前述のように、Ekahauでは、総送信電力はAP上のすべての送信機の組み合わせ、つまり総出力電力と見なしていますが、Mistポータルでは、値には累積MIMOゲインは含まれません。したがって、Ekahauの送信電力をMistの送信電力に変換するには、MIMOゲインを差し引く必要があります。

たとえば、Ekahauで、Mist AP43のシミュレートされた送信電力の 値が14 dBm であるとします。同じ値が Mist ポータルで使用されている 8 dBm になります。

別の例として、Ekahauにある2つのシミュレートされたAPについて考えてみましょう。1つは1×1:1、もう1つは4×4:4(1つの無線と4つの無線)です。両方のAPの送信電力は14dBmに設定されています。Ekahauの設計シミュレーションでは、ソフトウェアはAP内のトランスミッターの数を考慮しないため、両方のAPの予測送信半径は同じになります。