Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

データレート

データ レートの低いクライアントを無効にすると、次の 3 つの方法で WLAN のパフォーマンスが向上します。

  • クライアントがより高いレートでのみデータを送信するようにすることで、スループットを向上させます。

  • クライアントにローミングを促し、スティッキークライアントの影響を軽減します。

  • MBR を増やして、管理フレームのオーバーヘッドを削減します。

また、セル サイジングのため、また同一チャネル推論を制限するために、AP の送信電力を下げることもできます。場合によっては、ダイナミックRFではなく、スタティックなチャネルと電力の設定が必要になることがあります。

データレートを制限するのではなく、6 GHz帯域での旧世代のWi-Fiデバイス(低速、したがって長時間の通信時間消費)を許可しないWiFi6Eを使用することをお勧めします。また、デュアル バンドを有効にして、不要な 2.4 GHz 無線を自動的に削除することもできます。 無線管理(デュアルバンド)を参照してください。

大容量 WLAN の場合は、802.11n または 802.11ac 周波数帯域を使用し、18 Mbps などの高い最小データ レートを選択します(レガシー 802.11a/b/g AP は無効)。

図1: カスタム Data Rates for Customのデータレート