Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

SLE(サービスレベル期待値)

概要 SLE(サービスレベル期待値)とSLEダッシュボードをよく理解します。

SLE(サービスレベル期待値)とは

次のビデオでは、SLEの概要を簡単に説明しています。

Juniper Mist™は、ネットワークとデバイスからのイベントとパフォーマンスのデータを収集、分析、関連付け、分類します。そして、ネットワーク上でのユーザーエクスペリエンスの品質を評価します。

多くの要因が、ユーザー エクスペリエンスの肯定的または否定的な一因となっています。Juniper Mistでは、これらの要素をSLE(サービスレベル期待値)に整理します。SLEのしきい値を設定して、スループット、容量、APの正常性、スイッチの正常性など(ネットワークに関連する)など、SLEの「成功」が何を意味するかを正確に定義できます。

ユーザーエクスペリエンスがSLEの成功しきい値を満たさない場合、Juniper Mistは、それぞれのユーザーエクスペリエンスの低下の根本原因を特定し、問題に対処できるように完全な詳細を提供します。

SLEダッシュボードにざっと目を通すことで、どのサービスレベルが低いのか、どのような種類の問題に対処すべきのかが一目でわかります。

SLEダッシュボードの検索

SLEダッシュボードにアクセスするには、Juniper Mistポータルの左側のメニューから[>サービスレベルの監視]を選択します。次に、ページの上部にあるボタンを使用して、表示するダッシュボード (ワイヤレス、有線、WAN、場所、分析情報など) を選択します。

メモ:

サブスクリプションによって、表示されるボタンが決まります(たとえば、ワイヤレスSLEにはJuniper Mist Wi-Fi Assuranceサブスクリプションが必要です)。

コンテキストと期間の選択

[Monitor] ページの上部で、コンテキスト (組織全体、アクセス ポイント、またはクライアント) を選択します。さらに、過去 60 分、過去 7 日間、日付範囲などの期間を選択します。

Drop-Down Lists for Time and Site Selection
メモ:

[監視] ページには、過去 60 分間または過去 7 日間までのデータが表示されます。Premium Analyticsサブスクリプションを購入すると、最大3年分の無線ネットワークインサイトやその他のデータにアクセスできます。Premium Analytics サブスクリプションを通じて利用できる情報にアクセスするには、ポータルの左側のメニューから [ 分析 ] > [Premium Analytics ] を選択します。

コンテキストの例: 組織

組織内のすべてのサイトのパフォーマンスを比較するには、コンテキストとして [組織全体 ] を選択します。

SLE Dashboard Showing an Entire Organization

テーブルの上にあるフィルター ボタンを使用して、ビューを変更します。

  • サービス全体 — コンテキストとして [組織全体] を選択した場合のデフォルトビューです。各サイトの全体的なユーザー エクスペリエンスを比較できます。

  • SLEフィルターボタン - 表の上にあるSLEボタンを使用して、1つのSLEを拡大します。ボタンのオプションは、表示しているページ(ワイヤレス、WANなど)によって異なります。

また、[すべてのサイト] または [最悪の 100 サイト] を表示するオプションもあります。[ワースト 100] オプションの場合は、ドロップダウン リストを使用して、懸念される SLE も選択します。たとえば、容量の問題をトラブルシューティングする場合は、ドロップダウンリストからそのオプションを選択して、このSLEで最も問題が発生しているサイトを確認します。

メモ:

フィルターボタンと[Worst 100]ドロップダウンリストに使用できるSLEは、表示しているSLEが無線、有線、またはWAN SLEによって異なります。

コンテキストの例: サイト

1つのサイトのすべてのSLEを比較するには、そのサイトをコンテキストとして選択します。

Context Example: Site
メモ:

この図は無線の例を示していますが、SLEブロックは有線、WANなどで同じ方法で設定されています。

システム変更タイムラインの使用

問題を調査するとき、最初に「ネットワーク上で何か変更があったか」という質問が考えられます。 このタイムラインを使用すると、システムの変更が発生したかどうか、およびその時点でアクティブだったユーザーまたはクライアントの数を一目で確認できます。

Users and System Changes Timeline

タイムラインの下の三角形は、さまざまな種類のシステム変更を表しています。

  • 黄色の三角形—APの正常性

  • 緑の三角形 - 無線管理(RRM)

  • 青い三角形 - 管理者アクション

タイムライン設定を調整して、含める変更の種類を指定できます。開始するには、タイムライン設定ボタンをクリックします。

「システムの変更」ウィンドウで、含めるまたは除外する各イベントのチェックボックスを選択または選択解除します。

Using the System Changes Timeline

SLEしきい値の設定

各SLEには成功しきい値があります。たとえば、接続までの時間SLEの場合、しきい値を2秒に設定できます。これは、ユーザーがアクセス ポイントとのアソシエーションを試みてから 2 秒以内にインターネット経由でデータを送受信できる場合、ネットワークが成功したと見なすことを意味します。

SLEしきい値を表示または変更するには、SLEダッシュボードの右側にある [設定 ]ボタンをクリックします。

SLE Threshold Settings Button

「サービスレベルのカスタマイズ」ウィンドウでは、必要に応じてしきい値を変更し、SLE設定がネットワークの目的に合致するようにすることができます。

Setting the SLE Thresholds
メモ:

この例は、ワイヤレスSLEを示しています。表示しているダッシュボードに応じて、このウィンドウには異なるSLEが表示されます。

SLE表示オプションの調整

Buttons at the Top of the SLE Section

SLEダッシュボードの表示は、次のように調整できます。

  • 成功率または値を表示します。

  • すべての WLAN を含めるか、除外された WLAN を非表示にします。

SLEブロックについて

各SLEは、ダッシュボード上の個別のブロック(サブセクション)で表されます。

各ブロックには、次の情報が表示されます。

  • 全体的なサービスレベル。 各SLEブロックの左側には、選択したサイトと期間の全体的なサービスレベルが表示されます。

    • [ 成功率 ] をクリックして、SLE 成功しきい値を満たしたユーザー エクスペリエンス の割合 を確認します。

    • [ ] をクリックして、SLE 成功しきい値を満たしたユーザー エクスペリエンス の数 を確認します。

  • タイムライン。 各SLEブロックの中央で、タイムラインを探索できます。タイムライン上でマウスを移動すると、その下に情報が表示されます。

    • [ 成功率 ] をクリックすると、選択した時点で成功したユーザー エクスペリエンス の割合 が表示されます。

    • [ ] をクリックすると、選択した時点で成功したユーザー エクスペリエンス の数 が表示されます。

  • クラシファイア。 各SLEブロックの右側には、SLE成功しきい値を満たさなかったユーザーエクスペリエンスの 分類子 が表示されます。Juniper Mistは、失敗した各ユーザーエクスペリエンスを1つの分類子に分類します。分類子を組み合わせることで、失敗したユーザーエクスペリエンスの高レベルの根本原因分析が可能になります。

    • [ 成功率 ] をクリックして、各分類子によって引き起こされた失敗したユーザー エクスペリエンス の割合 を確認します。

      メモ:

      これらの個々のパーセンテージを合わせると、失敗したユーザーエクスペリエンスの100%が合計されます。

    • [ ] をクリックして、各分類子によって発生した失敗したユーザー エクスペリエンス の数 を確認します。

      メモ:

      これらの個々の値を合わせると、失敗したユーザー エクスペリエンスの総数を表します。

SLEブロックのサンプル

SLE Section of the Dashboard

この例では、[成功率] ボタンが選択されているため、値ではなくパーセンテージが表示されます。

  • 左側に、選択したサイトと期間の全体的な成功率が 88% であることがわかります。

  • 中央のタイムラインキャプションは、マウスが6月24日午前5時30分から午前5時40分にホバリングしていることを示しています。その時点で、成功率は88%でした。

    右側には、SLE 低下の問題の 75% がアソシエーション プロセスで発生し、25% が DHCP プロセスで発生していることがわかります。これらの分類子を合わせると、しきい値を満たせなかったユーザーエクスペリエンスの100%を占めます。他の分類子には 0% と表示され、この SLE に影響を与えなかったことを意味します。

根本原因分析ページの表示

ダッシュボードから、任意のSLEまたは分類子をクリックして、「根本原因分析」ページに移動できます。

この例は、ワイヤレス Time to Connect SLE の根本原因分析ページを示しています。

Viewing the Root Cause Analysis Page

ヒント:

  • ページの上部に、すべての分類子とそのサブ分類子 (該当する場合) のデータが表示されます。

  • ページの下部に、選択したアイテムに関する追加の詳細が表示されます。分類子によっては、信号強度情報、影響を受けるデバイスとクライアントのリスト、またはその他の情報が表示される場合があります。これらの詳細は、問題の範囲を理解するのに役立ちます。

  • [影響を受けるアイテム] ページで、[フィルター] ボックスを使用してアイテムを検索できます。下のアニメーションに示すように、ボックスに入力を開始するだけで、一致するアイテムがドロップダウンリストに表示されます。次に、表示する項目をクリックします。

    Animation: Filtering for Affected Items