Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

容量SLE

概要 容量SLEを使用して、無線ネットワーク上のRFチャネル容量(帯域幅)に関するユーザーエクスペリエンスを追跡します。

容量は、ワイヤレスSLEダッシュボードで追跡できるワイヤレスサービスレベル期待値(SLE)の1つです。このSLEによって何が測定され、どのような問題が低SLEに寄与する可能性があるかを理解します。

Capacity SLE Example
メモ:

ワイヤレスSLEダッシュボードを見つけるには、Juniper Mist™ポータルの左側のメニューから[>サービスレベルの監視]を選択し、[ワイヤレス]ボタンを選択します。

容量SLEは何を測定しますか?

Juniper Mistは、クライアントが利用できるRFチャネル容量の合計の割合を監視します。

設定 」ボタンをクリックして、このSLEの成功しきい値を設定できます。たとえば、RF チャネル容量(帯域幅)の 20% をクライアントがいつでも使用できるようにすることができます。

Setting the Threshold for the Wireless Capacity SLE

クラシファイア

容量のしきい値に達していない場合、Juniper Mistは問題を分類子に分類します。分類子はSLEブロックの右側に表示されます。この例では、問題の99%がWi-Fi干渉に起因していました。残りの問題は、非WiFi干渉とクライアントの使用によるものでした。(例の下にある分類子の説明を参照してください)。

Capacity SLE Example
  • Wi-Fi以外の干渉:非無線干渉が原因で容量が少ない。

  • クライアントの使用状況:クライアントの負荷が高いため、容量が少ない。

  • Wi-Fi干渉:低容量は無線干渉が原因です。

  • クライアント数:接続クライアントの数が多いため、容量が少ないのが原因です。