Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

WANリンクの正常性SLE

概要 WANリンクの正常性SLEを使用して、WANリンクのサービスレベルを評価します。

WANリンクの健全性は、Juniper Mist™ポータルのWAN SLEダッシュボードで追跡できるサービスレベル期待値(SLE)の1つです。

WAN Link Health Example
メモ:

WAN SLEダッシュボードを見つけるには、Juniper Mist™ポータルの左側のメニューから[>サービスレベルの監視]を選択し、[WAN]ボタンを選択します。

WANリンクの正常性SLEは何を測定しますか?

Juniper Mistは、WANリンクの状態がSLEのしきい値を満たしているか満たしていない場合、ユーザーの時間を分単位で監視します。WANリンクの状態が悪いと、トラフィックを通過させるデバイスの機能が低下し、そのリンクを使用するすべてのクライアントに直接影響します。

[ 設定 ] ボタンをクリックして、成功のしきい値を設定できます。

クラシファイア

WANリンクのしきい値に達していない場合、Juniper Mistは問題を分類子に分類します。分類子はSLEブロックの右側に表示されます。この例では、問題の 100% がネットワークに起因しています。(例の下にある分類子の説明を参照してください)。

Example of WAN Link Health SLE
  • ネットワーク - ネットワークの問題が WAN リンクに影響を与えました。

    ネットワーク分類子には、次の 3 つのサブ分類子があります。

    • 遅延—WANリンクトラフィックに遅延が示されました。Juniper Mistは、一定期間のトラフィックの往復時間(RTT)の平均値を使用して遅延を計算します。

    • IPSec トンネル ダウン:オーバーレイ IPsec トンネルの 1 つがダウンしました。

    • ジッター:WANリンクでジッターが発生しました。Juniper Mistは、特定のWANリンクについて、5分から10分以内のRTTの変動(標準偏差)を使用してジッターを計算します。計算値を1日または1週間のRTTの平均偏差と比較します。

  • インターフェイス - インターフェイスの問題がWANリンクに影響しました。インターフェイス分類子には、次の 3 つのサブ分類子があります。

    • 輻輳 - 輻輳がWANリンクに影響を与えました。輻輳サブ分類子は、出力パケットドロップの数を測定します。パケットがインターフェイスに入ると、バッファリングのキューに入れられます。バッファがいっぱいになると、パケットのドロップ(TxDrops)が開始されます。

    • ケーブルの問題:ケーブルの不良がWANリンクに影響を与えていました。

    • VPN:VPNパフォーマンスの問題が発生しました。