Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Mist APIメトリック

Juniper Mistポータルを使用してネットワークの運用を監視すると、問題が大きくなる前に何が起きているのかを把握することができます。ネットワークは、無線、有線、WANなど、複数の視点から見ることができます。さらに、Juniper Mistが提供するツールを使用して、潜在的な問題のトラブルシューティングや修正を行うことができます。

[サービスレベル>監視]の主要なMistダッシュボードには、予測分析と相関エンジン(PACE)の結果がSLE(サービスレベル期待値)メトリックの形式で表示されます。SLEは、Juniper Mistクラウドの機械学習とMist PACEを活用します。SLEは、これらのリソースを使用して、アクセスポイント(AP)からのストリーミングテレメトリを、エンドユーザーのネットワークエクスペリエンスをほぼリアルタイムに表した可視化に変換します。

ネットワーク運用の詳細については、こちらをご覧ください。 https://www.juniper.net/documentation/us/en/software/mist/net-monitor/topics/concept/nework-monitor-overview-mist.html

Mist GUIに表示されるすべてのものと同様に、SLEとインサイトの情報もAPIから入手できます。

SLE API

特定のSLEに関する情報を収集して、履歴レポート作成の目的で使用するか、他の自動化をトリガーすると便利な場合があります。他の API 呼び出しと同様に、データを収集するエンドポイントを決定することから始めます。以下に、エンドポイントの getSiteSleClassifierDetails API GET リクエストの例を示します。

インサイトAPI

インサイトは、サイト全体、アクセスポイント、またはワイヤレスクライアント全体のネットワークエクスペリエンスの概要を提供します。これは、サイトにチェックインするときに開始するのに最適な場所です。

インサイト情報を確認するには、次のいずれかのインサイトエンドポイントに対して GET 呼び出しを行います。

  • GetSiteInsightMetrics
  • GetSiteInsightMetricsForDevice
  • GetSiteInsightMetricsForClient

GET 呼び出しは次のようになります。

利用可能なInsightメトリックの例を表示するには、Mistポータルにログインし、同じブラウザーから新しいタブで次のリンクを開きます。

https://api.mist.com/api/v1/const/insight_metrics

前の例を使用して、呼び出しの最後に目的のメトリックを追加します。

Mist Assurances with API

Mistは、ネットワーク上のユーザーエクスペリエンスの低下の原因を特定するのに役立つクラウドベースの保証サービスを数多く提供しています。アシュアランスは、ユーザーの接続データに関するインサイトを提供し、ネットワークの設定調整をプロアクティブに行うこともできる自動化されたMistツールです。Mistは、Wireless Assurance、Wired Assurance、WAN Assurance、IoT Assurance、Access Assuranceなどのサービスを提供しています。SLEとインサイトは、これらのライセンスされた各サービスに含まれる2つの機能です。

Wired Assuranceに関連付けられたAPIにより、ネットワークテンプレートと個々のスイッチ設定を使用してデバイスを設定できます。Wireless Assuranceでは、ワイヤレステンプレートまたは個々のアクセスポイントを設定できます。APIから無線SLEとInsightsのデータを取得することもできます。

APIユースケースの例

信頼できる情報源

ネットワーク運用が進化し続けるにつれて、SoT(信頼できる情報源)はより重要な概念になりつつあります。このSoTでは、ネットワークをどのように構成すべきかを外部ソフトウェアアプリケーションに記述し、デバイス構成のためにMistと直接対話させることができます。

信頼できる情報源は、YAMLまたはJSONデータファイルのセットのような単純なものから、専用アプリケーションやネットワーク全体を管理および自動化するアプリケーションスイートのような高度なものまであります。SoT のデータに基づいて API を使用してサイトとデバイスを構成すると、ある程度の制御が可能になり、サイトとデバイス間で構成の一貫性を維持できます。

サービス指向の構成

変更管理は、ネットワーク運用の大きな部分を占めます。手動での変更はミスが起きやすく、時間がかかります。ServiceNowのようなプラットフォームに変更管理を統合することで、変更を適切に変更管理プロセスに通すことで、一般的な変更管理要求を簡素化し、変更を行う際の人為的エラーを減らすことができます。Wired Assurance用APIを使用すると、サービスプラットフォームと有線ネットワーク設定間のこれらの統合が可能になります。